fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
疑問や危うさを抱えたままの週末
こんばんはです。

本日も指数寄与度最大&黒田日銀御用達のおかげもあり、
下方修正しようともユニクロは上場来高値を更新する暴走高と共に、
値がさ株も買われ、日経平均は110円高(0.5%高)、
TOPIXは0.12%高で終えており、
NT倍率も絶賛フィーバ中の歪な日本株高が継続中です。

売買代金も2.02兆円という薄商いですが、
海の向こうの人たちがイースター休暇&週末であることを考慮すれば、
昨日も含め意外と商いがあるように見えなくもないですけど・・・
任天堂効果もあるのでしょうけどね。

とにかくTOPIXが追いつく形での歪修正となれば健全とも言えますが、
恐らくユニクロの暴走にブレーキが掛かるのを始め、
日経平均側からの歪修正になりそう感は満載です。

いかんせん現在は米株が史上最高値圏、中国株が昨年来高値圏、
日欧株が年初来高値圏に踏みとどまっているにもかかわらず、
足元のマクロ指標が堅調とか企業業績が過去最高益とかではなく、
マクロ指標は鈍化しているものが多く、企業業績は国内外ともに減益、
国内企業は今期見通しも減益予想という裏付けのないまま、
過熱圏ではない需給環境を下支えに、株価は薄商いでの高値圏ですから、、
現時点では貿易戦争でも収束しない限り、危ういと言わざるを得ないです。

そう言えば足元で貿易戦争への収束期待が高まっておりますが、
素朴な疑問として、商売人でもあるトランプマンが、
来年の大統領選ありきで動いているのであれば、
株価か支持率が下がるなり、商売人目線で貿易収支と経常収支が、
ドヤ顔出来るほどに改善(黒字化)でもしない限り、
トランプマン自らが貿易戦争の強硬姿勢を和らげるメリットは見当たらず、
貿易戦争の強硬姿勢は変わらないのではとも思うばかり・・・

だけに、貿易戦争の影響が拡大・長期化しないためにも、
いっそのこと株価でも下げることが手っ取り早い気もするのですが、
米英欧中日の株価はどこ吹く風の最高値圏に踏みとどまっており、
トランプマンの強硬姿勢の下支えになっているのが現実です。

支持率もロシア疑惑があろうと(昨日の会見で収束?)、
ヤリチンスキャンダルや脱税疑惑、人種差別的政策を強硬していようとも、
足元で支持率は下がるどころか上昇しており、
貿易・経常収支も改善には程遠い状況(赤字)なので、
もはや貿易戦争の収束を期待するよりも、
堅調なマクロ指標や企業決算が連発し、
貿易戦争そのものの影響(材料性)を吹き飛ばすしかないのですが、
現状は先に述べた通りであり、景気は気からとばかりに、
吹き飛ばすためのマインド系指標が特に低調ですからね・・・

ちなみに日米の通商協議については昨日も書いた通り、
安倍ちゃんマンとトランプマンの蜜月関係を裏付けるように、
来週に安倍ちゃんマンとコスプレおじさん(麻生財務相)が訪米し、
首脳会談だけでなくゴルフやトラ嫁接待を行い、
来月末にはトランプマンも訪日することが決まったので、
株価や支持率、貿易収支とは関係なく急転直下で、
日米通商協議だけが合意に至る可能性もありますけどね(笑)
その流れで米中間、米欧間の通商協議も合意に至り、
ついでに我が国の消費税増税も延期となれば(参院選での与党勝利も)
年内とか年末目線ではかなり期待できますけど・・・

現状としては、日米間の蜜月による期待はともかく、
裏付けと株価の温度差が開いたままであり、
腰を据えての参戦は手出し無用の危うい相場が続いております。

ということで来週の見通しについては、改めて精査した上で、
週末の記事で書きますので、本日はこれにて失礼します。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.