FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
どこもかしこもバラバラ
こんばんはです。

本日は寄り天唐竹割りと共に債券買い(金利低下)円買いとなり、
米株先物も軟調に推移、中国株もマイナスに転じたりと、
原油とマザーズ以外は動きとしてよろしくなかったのですが、
相変わらず緊張感に欠ける薄商いでおました。

日本株の出遅れ感については、国内マクロ指標がイマイチなのに、
ドMな消費税増税プレイとか、目先では本決算発表シーズンと共に、
10連休を控えているとか、理由を探せばあるとも言えますが、
薄商いについては日本だけでなく海の向こうもですからね・・・
(中国だけは本日を含めゴリラ商いが絶賛継続中ですけどw)

足元では米中通商協議への合意期待が高まっているとか、
先週末の雇用統計が概ね堅調だったことで、
米景気は堅調じゃないのか?との見方もありますが、
米金融政策は引締め姿勢鈍化、欧州は再び緩和姿勢へと転じ、
日中は金融緩和状態を継続している通り、
各国中銀は景気鈍化に配慮したような金融政策となっており、
しかもトランプマンは自ら米景気は堅調やで!とドヤりながら、
米FRBに対して利下げ&金融緩和催促のパワハラを仕掛けております。

ほんまに米景気が堅調、日中欧の景気鈍化も大したことないのに、
米国を始め各国が金融緩和姿勢を続けるのであれば、
バブルがやってくると言わざるを得ないのですが、
市場は見ての通り、誰も本気で信用してないのか、
むしろ景気がええのに金融緩和という曖昧な姿勢に危うさを感じるのか、
それとも今週に佳境を迎えるブレグジットに備えているのか、
腰を据えて買っている人が見当たらないような薄商いが続いております。

ちなみに本日発表された国内のマクロ指標ですが、
「内閣府」発表の3月消費者態度指数は全ての項目で低下し、
基調判断も「弱まっている」と据え置き・・・、
同じく「内閣府」が発表した3月景気ウォッチャー調査は、
現状判断DIは2月から大きく悪化、先行き判断DIも悪化・・・
更に先日発表した景気動向指数においても景気判断を下方修正・・・

今夏の参院選直前に消費税増税を延期するための前フリが始まった?
と言いたいところですが、消費税増税対策予算が成立していることからも、
今回は自ら消費を含む景気マインドは悪いでっせと言いながら、
世界的な減税ブームに反し、消費税増税に突き進もうとしているので、
ほんまに日本だけ売られることも有り得るのではと心配になります。

しかも本日に日銀が発表したさくらリポートにおいても、
3地域で景気判断を引き下げ、先日発表した日銀短観も低調だったのに、
無間地獄金融緩和を継続しているからなのか、
黒ちゃんが単なる財務省の犬だからなのか、
日銀は消費税増税には大賛成・・・

なんなんでしょう・・・我が国は政治と日銀が景気判断を引下げながら、
消費税増税に突き進むって、変態のドM国家としか思えないです(笑)

そして海の向こうは金融政策を決める各国中銀が、
景気鈍化・足踏みと判断してのハト(緩和)姿勢なのに、
さらにIMFやOECDも成長率を引き下げているのに、
各国政府の景気判断は堅調、金融市場もというか、
株式市場と原油だけは堅調風な動きを続けております。
(原油は地政学リスク等、独自の需給要因もありますけどね)

せめて株式市場が堅調風ではなく商いを伴っているならば、
ほんまに景気が堅調なのかと言いたくもなりますし、
そうでなくとも、どれがほんまやねん!と迷いたくもなりますが、
堅調風な動きをしている株式市場ですら薄商いですから、
国内外共に景気を含め懐疑的に見ておくのが無難でしょう。

今週は今夜に米2月製造業受注、明日はIMF世界経済見通し、
明後日は2月機械受注、3月工作機械受注、OPEC月報、
米消費者物価、FOMC議事要旨、
11日は中国3月消費者物価&生産者物価、独3月消費者物価改定値、
IEA月報、週末は中国3月貿易収支、ユーロ圏2月鉱工業生産、
米4月ミシガン大学指数といったマクロ指標、
決算としても国内3月期決算の本格化は再来週以降ながら、
今週は小売企業決算のピーク(ユニクロは11日)、
9日には竹内製作所、11日には安川電機の決算、
米国は今週末の金融機関から決算シーズン入り、
政治イベントとしては10日と12日が佳境のブレグジットコント、
G20やIMF総会、カリアゲの国会コントもありますので、
現在のハッキリしないというか懐疑的な見方が、
良くも悪くも少しずつでも明確になっていけばいいのですが・・・

以上の通りなので、本気ではない堅調「風」なのは承知の上で、
リスク覚悟で短期目線で乗るのはアリですけど(今週末はSQ)、
腰を据えての新たな参戦については、
景気に直接的な影響を与える貿易戦争が収束するか、
せめて株式市場が商いを伴った上昇となるまでは控えておきましょう。

新興市場については、本日はオンコリス、サンバイオの賑わいもあり、
指数としても続伸となりましたが、最近の下落局面での商いに比べると、
本日の商いイマイチなので、残念ながら商いを伴った下げ、
薄商いでの上げという売りゴリラ状態からは脱してないので、
国内外の動向も重要ですが、シンプルに商いを伴った上昇が継続するまで、
賑わっている個別はともかく、全体感としては慎重に構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.