FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
おっかなびっくりヘッピリ腰でのきっかけ待ち
おはようございます。

概ね堅調だった雇用統計、米中通商協議への合意期待、
トランプマンのFRBへのパワハラ金融緩和催促等のあった週末は、
市場の動きとしては米英欧株高(日中も)となった株式市場、
堅調だった原油は楽観的な動きですが、一方で景気の鏡である銅は続落、
為替市場はドル指数が上昇となったものの、
ユーロ最強高>円>ドル>ポンド安と楽観とも悲観とも言えます。
債券市場は米短期債安(短期金利上昇)米長期債高(長期金利低下)、
英債券安(英長期金利上昇)、欧州債券高(長期金利低下)、
とマチマチの動きながら、英国は良からぬ債券安とも言えますし、
米イールドカーブ縮小を考慮すると悲観色が強いので、
市場全体としてはリスクオンとは言えず悲喜こもごもなのですが、
VIXは低水準、HY債は堅調というお気楽ぶりも窺えます。

以上はあくまで市場の「動き」から見た悲喜こもごもですが、
株式市場の薄商いは継続しているので、「動き」が楽観的だったとしても、
悪く言えば「誰も本気ではない薄商い」状態、
良く言えば「懐疑と共に育つ」状態が続いており、、
過熱圏ではない需給面が主導する大人の都合色も強い動きと言えます。

そして我らが日経平均先物も堅調に帰って来てはいるものの、
日本株だけ現物が年初来高値を超えてない出遅れ感は強く、
薄商いも継続しております。

もし日本だけが出遅れ&薄商いならば、10連休を控えているとか、
景気判断を下方修正しながら世界の潮流に逆流する増税(消費税)とか、
今夏の参院選や前哨戦となる間近の統一地方選への懸念とか、
そもそものマクロや業績懸念があったりもするので、
これらの懸念が日本固有の出遅れ要因だと言えなくもないのですが・・・
薄商いについては日本だけではなく、中国以外の米英欧株も同様なので
世界的に悲喜こもごもな「動き」と共に不気味な薄商いが継続中です。

昨日も少し触れましたが、トランプマンが米経済は堅調や!
雇用統計が概ね堅調だ!とは言っても、それ以外のマクロ指標は、
米中の製造業PMI以外は低調なものが多く、
これを招いた要因が昨年までの米主導の金融引締め、
トランプマンが仕掛けた貿易戦争ですから、
米欧共に金融引締め姿勢が鈍化、日中が金融緩和姿勢継続中とは言え、
すでに関税が導入されている貿易戦争が収束期待だけでなく、
ほんまに収束しないことには、マクロ指標や業績の回復は未知数であり、、
せめてマクロ指標と業績の回復が確認されないことには、
商いを伴った楽観モードにはならんでしょう。

っつうか、もしトランプマンの言う通りに米経済が堅調であったり、
米国以外の国々も堅調であったとするならば、
FRBとECBが足元の景気鈍化を鑑みて、
手の平返しの金融引締め鈍化に転じた判断は間違いやったのか?
米欧中銀はポンコツなのか?てことになります(IMFも)。

まぁ足元の景気判断については賛否両論ありますが、
それを裏付けるように市場全体の動きとしても賛否両論、
先に述べた通りの悲喜こもごも状態なので
景気へ直接的に影響する主役の米中を始めとする貿易戦争が、
トランプマンの言う通りに4週間以内(4月一杯?)でケリが付くならば、
それまでは収束期待と世界的な金融緩和姿勢、需給環境と共に、
悲喜こもごもな債券、為替、原油・銅を含む商品、
おっかなびっくりヘッピリ腰な薄商いの株高が続く可能性はありますが、
そうなるとベタにセルインメイが訪れる可能性が強いですけどね。

足元の需給環境としても、米債券安、ドル安、円高、原油安、株安
となる余地が大きいだけで過熱圏とまでは言えませんが、
投機筋のVIXショート、ユーロショート、HY債は過熱気味なので、
米金利上昇(米債券安)の加速等をきっかけにこれらの巻き戻しが始まり、
過熱気味軍団が火に油を注ぐセルインメイとなる可能性はあります。
目先としては今週のECB理事会を挟んでのユーロの動きも注目です。
(今週はブレグジット騒動、来週はOPEC臨時会合もあります)

とりあえず、ベタなセルインメイになるのかどうかは、
来週以降に改めて考えるとして、目先(今週)としては、
崩れるきっかけとなりそうなイベントは以下の通りです。
(今週のイベントの詳細は昨日の記事を御参照ください)

・マクロ指標

  8日 景気ウォッチャー調査、さくらリポート、米製造業受注
  9日 IMF世界経済見通し、
 10日 OPEC月報、米消費者物価、FOMC議事要旨
 11日 中国消費者物価&生産者物価、独消費者物価、IEA月報、
 12日 中国貿易収支、ユーロ圏鉱工業生産、米ミシガン大学指数

・企業決算

 週を通しての国内小売企業(SQ前の11日にファストリ決算)、
 11日の安川電機(9日の竹内製作所も)
 12日のWファーゴ、JPモルガン(米決算シーズン入り)

・金融政策

 10日 クオールズ&クラリダ両FRB副議長講演、
 11日 ECB理事会、
 12日 クラリダFRB副議長、NY連銀総裁講演

・政治を含む地政学リスク、その他

  継続している米中を始めとする貿易戦争動向(日米協議は中旬以降)
  4月中旬頃に発表の米財務省半期為替報告書への懸念

  7日 統一地方選・前半戦
  8日 米がイランの革命防衛隊を「外国テロ組織」に指定予定
  9日 イスラエル総選挙、イタリアの20年予算案発表予定
 10日 EU臨時首脳会議(EU離脱の延期が認められるかどうか)
     トランプマンの税務申告書提出要求期限
 11日 北朝鮮最高人民会議(核放棄宣言?米挑発にドテン?)
     G20財務相・中央銀行総裁会議(11-12日)
 12日 SQ、英議会がEU離脱案を拒否した場合の離脱期限
     IMF・世界銀行春季会合(12-14日)

以上の通り、マクロ指標はこれまでと同様、景気の答え合わせですが
企業決算では米国は実質的な決算発表本格化は来週からなので、
国内のSQ前発表のファストリを始め小売決算と安川電機の決算が注目、
金融政策はFRBメンバーの足元の景気判断と金融政策動向、
トランプマンのパワハラに対する発言、最も注目はECB理事会、
政治面では本日の統一地方選、イスラエル総選挙等の中東リスク、
カリアゲ金太郎の御機嫌、トランプマンスキャンダル動向、
G20での貿易戦争や景気に対する政策等への宣言や言及、
そして波乱要因はEU首脳会議を挟んでのブレグジット動向です。

ということで、市場を取り巻く環境としては、
景気が堅調と言いながら世界的な金融緩和姿勢、
マクロ環境は鈍化傾向が優勢という矛盾した状況だからなのか、
市場全体の動きは悲喜こもごも、株式市場は株高ながら薄商い、
という需給面のみのような脆い相場が続いており、
金利上昇とドル高の加速に耐えられる状況でないのはもちろんのこと、
今週のイベントをきっかけにいつ崩れてもおかしくないので、
それを覚悟の上で割り切って短期目線で乗るのはアリですが、
腰を据えての新たな参戦については、貿易戦争がほんまに収束するなり、
シンプルに商いを伴った株高が継続するまでは、控えておきましょう。

新興市場については、局地的な個別での賑わいがあるので、
総悲観モードとは程遠いですが、
足元では薄商いでの上げ下げをしている主力大型株とは違い、
商いを伴った下げ、薄商いでの上げという売りゴリラ状態は続いており、
週末も薄商いでの反発に過ぎなかったので、
国内外がリスクオフとなれば、阿鼻叫喚モードにもなりそうですが、
少なくともシンプルに商いを伴った上昇が継続するまでは、
賑わっている個別はともかく、全体感としては慎重に構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2019-04-07-Sun 19:13 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
マーケット番長 | URL | 2019-04-07-Sun 20:16 [編集]
高校生が撮っているのには驚きです。
そして同じく感性を含め若いっていいですねw

他の以前の写真も見ましたがキレイですし、
何より個人的には木漏れ日が大好物と言うのもありますw
つくづく熊野古道を含む和歌山の秘境は、
興味深いところが多いなと改めて思います。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.