fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
嵐の前の静けさにも見えてしまう激薄商いですが・・・
こんばんはです。

本日は黒だるま親方の「物価目標達成まで金融緩和は続けまっせ」
というお得意のユルフン一発ギャグで円安・金利低下となったものの、
株式市場の商いは一向に盛り上がることなく、
今年2番目の激薄商い(1.85兆円)となり、
日経平均、TOPIX共に小動き(小幅高)で終えております。

まぁ一発ギャグへの関心の薄い新興がやや盛り上がったのは救いですが、
東証1部の商いがここまでの閑古鳥となると、
昨夜の米国が休場、米中通商協議が21-22日に控えているとは言え、
さすがに何か良からぬことでも起きるのか?
と脳みそ筋肉ゴリラの頭の中を妄想が駆け巡ってしまいます。

真っ当?と言うのもなんですが、貿易戦争や金融引締め関連ネタとか、
それによる今夜のもしかするとウォルマートショック?を含め、
景気の鈍化がさらに拡大といった定番のネタならばまだしもですが、
今さらネタのブレグジットがハード過ぎる結果へ急転換するのか?
メイおばさん(首相)の逆切れ電撃辞任で総選挙へ突入?
仏の暴動が激化して第二次フランス革命?
スペインの総選挙からの自治州独立騒動再燃?
イタリアの財政問題?仏とイタリアの格下げ?などなど欧州政治ネタ?
潰れる潰れるサギ状態のドイツ銀行やイタリアの銀行がホンマに破綻?
シンプルに手遅れのような欧州景気のドイヒーネタ?

それとも中国バブル崩壊ネタが習近平ならぬ習隠蔽できずに露呈?
最近話題の米国のカード・住宅・自動車・学生のローンリスクが爆発?
非常事態宣言でのメキシコの壁建設費捻出と米予算騒動による米格下げ?
(非常事態宣言に対して各州が提訴しているようなので、
 入国制限やDACA騒動と同じ顛末になりそうですけどねw)
ロシアゲート問題が急展開を見せてトランプマンが窮地に陥る?
まさかのベネズエラへの電撃鉄槌攻撃?

そう言えば27-28日にカリアゲマンとの会談を控え、
カリアゲマンに見せつけるようにベネズエラへ鉄槌を下すという手法は、
米国の伝統芸ではありますけど・・・

ついでにどうでもいい話かも知れませんが、
違う意味での伝統芸というか、米国の政治・経済・防衛の未来予想図は、
事前に映画とかドラマに反映される説が根強くありますが、
確かにここ数年の米ドラマの傾向としては、イスラムテロや中国よりも
明らかにロシアネタとメキシコ・中南米からの麻薬ネタが多かったので、
最近の米国を見ていると、なるほどと感じてしまうところはありますし、
意外と中国とは本気でやり合うつもりはなくプロレスじゃないのか?
とも思ってしまいますが、果たして・・・(笑)
(米国の映画・ドラマ業界での中国資本の影響が大きい説もあるけど)

そんな陰謀論はともかく、あまりにも薄過ぎる我が国の商いだけでなく、
海の向こうも連日のゴリラ商いな中国はともかく、
米英欧市場は薄商いが続いているだけに、
ついつい何か良からぬ嵐の前の静けさなのかとも思ってしまいますが、
市場の動きだけを見れば、適温相場によるリスクオンが続いているので、
マクロ・ミクロ・政治の悪材料に対する御都合解釈も続き、
足元のガスの抜けた需給環境も下支えになっているという状況です。

こういった動きの背景としては、米金融引締め鈍化による適温が維持され
21-22日からの米中通商協議での貿易戦争の収束期待が、
足元の悪材料に対する御都合解釈に繋がっているので、
貿易戦争が再燃したり、金融引締め懸念が再燃しない限り、
適温相場による御都合解釈リスクオンが続くと見ておけばいいでしょう。

そんな小難しい背景ではなく、市場の動きで判断するならば、
金利低下・ドル安という適温状態での株高・油高が継続している限り、
さらにシンプルに商いの伴った株安へと転じない限り、
嵐の前の静けさのような薄商いには目を瞑り、
割り切って波に乗るというスタンスでもいいのですが、
さすがに米中通商協議以降も激薄商いが続くようならば、
嵐に備えるのが無難と言えます。

新興市場は昨日に続き、動きとしては堅調であり、
海の向こうや国内主力大型株が薄商いであろうと落ち着くと共に、
逆風となる金利上昇にもなっていなければ、
新興市場が賑わうという定番の動きも期待出来るのですが、
先週までの商いの伴った株安に対し、
昨日と本日の商いがやや物足りないのも事実なので、
シンプルに商いの伴った上昇が継続するまで、
せめて明日が商いの伴った上昇となるまでは、
局地的な賑わいを見せる個別はともかく全体感としては、
焦らずに慎重な姿勢は維持しておいた方がいいでしょう。
言っても市場の主役ネタは貿易戦争と金融政策なので、
御都合解釈な適温相場でのリスクオンが本格化するとなると、
まずは主力大型株から資金が流入するでしょうからね。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.