FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ツッコミは多々あれど
こんばんはです。

昨夜の米株は商いがやや増加したものの薄商い、英欧株も薄商い、
にも関わらず、我が国の商いは増加傾向、
中国は香港の商いがイマイチながら上海はゴリラ商い、台湾も大商い、
韓国も商いは高水準、一方でシンガポール、タイ、印は薄商いなので、
東アジア大会(大買い)でも開催されているのでしょうか・・・

まぁ単なる出遅れ物色による商いの増加とも言えるのですが、
同じ出遅れの欧州の商いが膨らまないだけに、
やはり貿易戦争の収束期待ということなのでしょうか・・・

そんな感じで、やや違和感のある商いを伴う東アジア株買いですが、
米欧株、債券、為替、原油等の商品を含む市場全体の動きとしては、
適温相場と言える動きが続いおります。

そして市場を取り巻く背景やリスクについても、
景気の重石にも下支えにもなる米金融政策、
景気の先行きに影響する米中を始めとする貿易戦争、
これら実体経済へ直接的に影響する2大リスクが、
米金融政策は市場と景気にやさしい引締め姿勢の鈍化へ転じ、
貿易戦争は主役の米中に歩み寄りの姿勢が見えていることで、
景気の先行き懸念が和らいでおり(期待が高まっており)、
足元のマクロ面と業績面で顕在化している鈍化傾向についても、
一時的とか、織り込み済み・出尽くしとの御都合解釈となっていることが、
市場での適温相場の動きを後押ししていると言えます。

だからこそ今夜の米消費者物価、明日と週末の米小売売上高等、
米経済指標が堅調過ぎると、金融引き締め機運が再燃するだけでなく、
引締め鈍化に転じたパウエルおじさん率いるFRBの景気判断自体が、
大丈夫なのか?またマッハで手の平返しするのか?
というFRBそのものへの信認低下というか疑念が強くなり兼ねないので、
適温相場を維持するためにも、米経済指標は程々がいいかと(笑)

ちなみに明日に発表される我が国の10-12月期GDP速報値ですが、
まさかの2期連続のマイナス成長となって、
定義上のリセッション入りという称号を得たとしても、
一時的な落ち込みやったとか、過去の数字とか、
織り込み済み・出尽くしになるとは思うのですが・・・
いかんせん最近の我が国では大企業の不正に対抗して、
お役所の統計不正までが炎上中だけに、
いつものように無理くりな2期連続のマイナス成長回避とか、
2次速報値で上方修正という荒業を使えず、
正直?過ぎるドイヒーな数字が出てこないのかと少し心配です。
何やったらドイヒーな数字を出すと同時に、
消費税増税の撤回を匂わせてくれるといいのですが・・・

まぁGDPへの心配については、私が勝手に言っているだけであり、
市場予想はプラス成長になっているので、
何事もなく通過する可能性は高いですけどね(笑)

むしろ一部の国でリセッション入りしている欧州では、
明日に発表される独とユーロ圏を始めとするGDPの方が心配でおます。
足元では明日にも審議・採決となる英国のブレグジット騒動、
暴動が続いている仏とリセッション入りしている伊の財政問題、
さらにはスペインでも予算案がこじれており、
今夜に可決できなければ、解散総選挙との話もあり、
ただでさえ財政統一が出来ておらず財政政策を打ちにくいユーロ圏が、
景気の鈍化だけでなく政治までゴタついている状況だけに、
欧州では御都合解釈になりにくい状況とも言えますからね・・・

米国のつなぎ予算騒動については、
影響が直結するはずの米債券市場でシカト状態が続いているので、
米債券安を含む米トリプル安となるまでは、

深刻に受け止める必要は無いと思いますけど、
株や為替が一時的に動く口実(きっかけ)にはなりますので、
期限の15日までは、顛末を横睨みしておきましょう。


以上の通り、ブレグジットやスペインの政治騒動や景気が心配な欧州、
我が国のGDPへの心配、米欧市場の本気買いとは言えない薄商い、
米つなぎ予算騒動、そもそも貿易戦争は収束してない、
といったツッコミは多々ありますが・・・
現在の市場の動きは、米金利とドルが過度に上昇・低下することなく、
我が国を含む東アジア株以外は薄商いながらも株・原油等、
リスク資産が買われ、VIXは低下、HY債も戻しており、
安全資産の金は昨年5月以来の水準ながら一服、
という適温相場による御都合解釈相場が続いております。

足元の需給環境としても、かなりガス抜けしている株と原油だけでなく、
債券と為替もかなりガスが抜けていることも、
適温相場による御都合解釈相場を下支えしていると言えますので、
これが継続している限り、もしくは商いの伴った株安に転じるまでは、
多々あるツッコミには目を瞑り、シンプルに市場の動きに合わせて、
立ち回ればいいでしょう。

ただし目先については、テクニカル面を含めやや急ピッチな株高なので、
(イチモツ均衡表は株、為替共に三役好転してますけどね)
一服はあるかもしれませんし、繰り返し書いている通り、
イベント的にも15日は45日前ルール該当日、国内企業決算一巡明け、
米国はSQ&三連休前の週末、米つなぎ予算期限、米小売売上高、
そして米中閣僚級通商協議2日目と集中する今週のヤマ場と言えますし、
結果次第ではリスクオフへ転じる可能性もありますので、
特に短期目線の方については、十分にお気を付けください。

新興市場については、本日は昨日以上に、
サンバの商いを含む影響が薄くなる一方で、
全体の商いが膨らみながらの堅調な展開となっており、
明日までがピークの新興企業決算に対する警戒感も窺えない動きです。
従ってシンプルに商いの伴った株安に転じるまでは、
決算を終えた銘柄を中心に参戦すればいいのですが、
先にも述べた通り、海の向こうと国内主力大型株は、
あくまで目先のヤマ場が15日であり、
結果次第ではリスクオフに転じる可能性もありますので、
海の向こうや国内主力大型株も横睨みしながら立ち回りましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.