fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
随分と前倒しな週明け
こんばんはです。

昨夜の海の向こうは米欧共に薄商い、米株はマチマチだったのですが、
本日の我が国は商いを伴った大幅高&高値引け・・・

ベタな理由としては、米中通商協議への期待とか、
市場はずっとシカトしてしている米つなぎ予算協議への期待とか、
これら海の向こうのネタが日本時間に入ってから材料視されたとしても、
本日の日本株を見ていると、国内独自のネタもあるかのような強さでした。

ただし国内の企業業績は米国に比べると低調であり、
国内のマクロ環境についても低調な上に統計不正までが炎上中なので、
国内独自の材料としては、足元でガスの抜けている需給環境、
円安以外の好材料は見当たらないのですが、
まさか・・・一部で囁かれている総選挙期待?
政党まで浮気した浮気界のカリスマ細野モナ吉が自民党入りしたので、
少々心配しているのですが、野党の支持率はポンコツが続いており、
政権交代は有り得ないとのことでの選挙に向けた新たな政策期待なのか?

さすがに総選挙期待は無理がありますし、私としても冗談半分なので、
海の向こうの米中通商協議の進展期待と共に、
良好な需給環境と円安が日本株を後押ししたのでしょう。

昨日や先週末の記事でも書いた通り、
最終的には米中通商協議が進展するとは見ていたのですが、
早くとも閣僚級協議のある15日以降、
もしくは私が勝手に推測していた月末頃の米中首脳会談かと思っていたら、
何やら3月中旬頃に米中首脳会談との観測が伝わり、
現在行われている次官級協議にも進展があったと双方から発信されたので、
思わぬ前倒しで米中通商協議の進展期待が高まっております。

果たしてホンマに進展しているのか?最終的に譲歩するのか?
貿易戦争は収束するのか?すでに傷を負ったマクロ・ミクロ環境は、
貿易戦争収束期待と金融引締め鈍化姿勢によって、
傷は一時的&癒えることになるのか?というキリのない疑問はあれど、
本日の我が国の市場の動きを見る限りでは、
先週までの商い増加傾向なリスクオフではなく、
SQだった先週末に匹敵する商いでの大幅反発だったので、
明日以降も継続して5日高値を超えると共に、
主役である米国も商いを伴った上昇となり、
米金利とドルが過度な上昇や低下とはならず落ち着いた動きとなるならば、
(当然ながらパウエルFRBの金融引締め鈍化姿勢も維持)
適温相場ということで、マクロ・ミクロ面での悪材料に対しては、
織り込み済み・出尽くしといった御都合解釈となりますので、
貿易戦争に対するキリのない疑問は置いといて、
多少はアホになって市場の動きに従った方がいいでしょう。
(14日発表の日本のGDPは心配ですけど)

メキシコ国境を巡る米つなぎ予算(政府機関閉鎖)騒動については、
株式市場や為替市場では口実に使われることもありますが、
財政に直結する肝心の米債券市場においては、
政府機関閉鎖中であろうとも売られることはなく(米金利は上昇せず)、
ずっと堅調だった(金利が低下していた)くらいですから、
真剣に材料視はしてないとしか思えないのですが、
もしかしたら・・・トランプマンの要求が通る形で予算が成立した方が、
放漫財政に拍車が掛かるという理由で格下げを喰らったりと、
良からぬ米債券安(米金利上昇)となる可能性も無きにしも非ずです。
(そうなると米国は最悪のトリプル安になるでしょうけどね)

ということで、思わぬ前倒しで期待が高まっておりますが、
今夜の海の向こうと明日の我が国の市場が、
期待と共に先にも述べた通りの動きが「継続する」ならば、
小難しいことは置いといて、素直に市場の動きに従えばいいでしょう。
ただし米中閣僚協議終了、米国の三連休前の週末、米SQ、
といったメインのリスクと需給イベントが重なる15日は、
目先のヤマ場(節目)になる可能性はあると意識はしておきましょう。

一応、今夜はパウエルおじさんの講演、13日は米消費者物価、
14日は我が国のGDP、国内企業決算一巡、中国の貿易収支、
英議会でのEU離脱案の審議・採決、独とユーロ圏のGDP、
米12月小売売上高(1月分は15日)、
シリアやベネズエラを巡る国際会議といったイベントもありますけど、
今夜にパウエルおじさんがトチ狂って更なる手の平返しをしたり、
過度に悲観的にならなければ、15日が今週のヤマ場と言えそうです。

新興市場については、本日はサンバ祭が静かだったのに堅調であり、
サンバ抜きの商いもそれなりに膨らんでおり、
随分と健全な動きだったとも言えますので、明日も継続するならば、
海の向こうと国内主力大型株がリスクオフへと転じない限り、
素直に乗ればいいのですが・・・
本日から14日まで新興企業決算のラッシュですから、
短期での決算跨ぎや同業他社の決算には御注意下さい。
そういう意味では決算を終えた銘柄や変則決算銘柄が無難です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.