FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
とにもかくにもな今週
おはようございます。

週末の市場の動きを振り返ると、
債券市場では米英欧債券高(金利低下)ながら南欧債券安(金利上昇)、
というベタによろしくない動きとなっており、
同じくよろしくないながらも忘れられてる?米金利の逆イールドも継続中、
債券と同様、安全資産の金も買われております。

為替市場ではドル高ながら円最強高(円>ドル>ポンド>ユーロ)なので、
定番のリスク回避風味が漂っており、原油は横ばいで踏ん張ったものの、
景気と中国の鏡でもある銅は続落(他の商品も軟調)しており、
株式市場では米株が踏ん張りを見せてマチマチとなったものの、
パワーを感じられない薄商いであり(VIXは低下)、
英株は薄商いながらも続落、欧州株は商いを増加させての続落、
我らが日経平均先物は円ゴリラもあって軟調に帰って来ております。

以上の通り、概ねベタなリスクオフの動きが継続しているのですが、
米株だけの踏ん張りを見ると、まさにアメリカンファーストだなと、
少々呆れてしまう動きとも言えます。

こういった市場の動きの小難しい背景として、
景気の重石となる米FRB主導の金融引締めによる金利上昇、
米政府が仕掛けた景気の先行きに影響する貿易戦争が火に油となり、
世界的な景気の鈍化「懸念」から鈍化が「顕在化」しているのですが、
足元では日中欧の景気鈍化ばかりが顕在化し、米国だけが堅調・・・

せめて米国が牽引するアメリカンファーストならまだしも、
日中欧を牽引できるほど米景気は堅調ではないので、
このまま米国だけのアメリカンファーストが続くのかは怪しく、
遅かれ早かれ日中欧の鈍化に米国も呑み込まれそうです。

だけに、米FRB主導の金融引き締め姿勢、
米トランプマン政権が仕掛ける貿易戦争、
という2大迷惑を止めるなり、緩めるなりしないことには、
景気も市場も落ち着かないということなのですが・・・

今のところ米FRBは、そんな手の平返しな後手後手政策で大丈夫か?
トランプマンのパワハラに屈したのか?というツッコミも気にせず、
金融引締め姿勢を鈍化させているので、貿易戦争さえ落ち着けば、
もしかしたらすでに手遅れの可能性も否定は出来ないものの、
あわよくば日中欧の景気鈍化は一時的とか10-12月期が底となり、
米景気へ悪影響が及ぶことなく米景気が日中欧を牽引、
という形になる可能性が残っていると共に、
そういった期待が膨らむと言えます。

先週末の記事でも書いた通り、これまでトランプマンは
「景気鈍化の原因はパウ吉(パウエル)の金融引締めのせいや!」
と責任転嫁してきただけに、現在はFRBが忖度したのか、
手の平を返して金融引締めを鈍化させていることからも、
このまま米景気にも鈍化が及び、市場も落ち着かないようだと、
トランプマンが貿易戦争を止めへんからや!
長かった政府閉鎖の影響もあるで!
米企業だけでなく日欧企業の低調な決算発表では、
貿易戦争の影響という文言が多いがな!ということで、
今さらながらトランプマンへの責任論が台頭することになるので、
メキシコ国境問題を含む予算協議(政府閉鎖)で譲歩したように、
今週から協議が始まる米中通商協議を皮切りに、
貿易戦争は打ち止めに向かうと見ておりますが・・・

そしてトランプマンは対中追加関税発動期限の3月1日まで、
習近平とは会わないと言いながら、これは私の推測ですが、
期限前の27-28日に中国の隣のベトナムでカリアゲと会う前後に、
電撃的に中国を訪問して、期限ギリギリに通商協議で合意したで!
トップ同士やから決まったんや!というサプライズ演出があるのでは?
とも思っているのですが・・・そうなると今週の米中通商協議は、
サプライズの効果を高める前フリとしては、
双方があえて強硬姿勢を貫くプロレスのゴングが鳴る可能性も(笑)

ついでにもう一つやや気掛かりなのは、
貿易戦争とか景気鈍化の責任論から目を逸らす?ごまかす?ためなのか、
それとも定番の「強いアメリカアピール」なのか、
イランだけでなく、急速にベネズエラに対して圧力を強めており、
そこに軍事面・資金面で集中させようとしているのか、
シリアやISからは目を逸らし、カリアゲとは歩み寄っているので、
どうも胡散臭く、キナ臭く感じます。
今週はベネズエラやシリア、イランに関わる会合が、
米主催のものから国際会議まで数多く開催されるので、
ドンパチのきっかけ(口実)にされそうな感じもあり、
ほんまにドンパチが始まると、どさくさに紛れて貿易戦争に対しても、
強硬姿勢を貫く可能性も否定は出来ないとも言えます。

まぁ飛躍した推測に近いドンパチはともかくとして、
今週としては景気の先行きに影響する貿易戦争が、
主役である米中間の通商協議をきっかけに落ち着かないことには、
FRBの手の平返しな金融引締め鈍化による金利低下に対しても、
適温相場という御都合解釈とはならず、
単なる安全資産の債券買い(金利低下)という都合悪解釈となり、
マクロ・ミクロ面での悪材料に対する解釈も、
適温相場のような出尽くしとか織り込み済みにならず、
FRBが鈍化に転じたということはやっぱり景気が悪いんや・・・
と素直に悪材料となり、政治面でのリスクについても同様ですので、
しつこいようですが、貿易戦争が落ち着くことが先決であり、
次に期待は薄いですけどFRBが更に鈍化姿勢を強めることです。

それらに関わる今週のイベントとしては(詳細は前記事参照)、
週明けから始まる米中次官級の通商協議、
14-15日の強気なライトハイザーUSTR代表、
融和的なムニューチン米財務長官が出席する閣僚級協議が最も重要であり、
その次に12日のパウエルおじさんの講演(議会証言は26-27日)、
他の政治イベントでは、先に述べたキナ臭い関連の会合や国際会議、
英ブレグジット関連イベントが週を通して続き、
15日が期限の米つなぎ予算を巡る攻防も続きます。

マクロ指標では米経済指標が材料としては大きいことに変わりないので、
FRBの本業である物価指標(13日の米1月消費者物価)、
米GDPの7割を占める消費関連指標(14日と15日の米小売売上高)
米景気への影響確認となる15日のNY連銀製造業、米鉱工業生産、
ミシガン大指数あたりが注目なのですが、
鈍化の顕在化が話題の欧州マクロ指標がいつも以上に注目であり、
11日に英国、14日に独とユーロ圏の各GDP、
何気に前期は欧州よりも低調だった我が国の10-12月期GDPも
リセッション入りの称号を懸けて14日に発表されます。

企業決算としては、我が国は14日でほぼ一巡となり、
米国は11日のロウズ、13日のシスコシステムズ、
14日のエヌビディアやAマテリアルズ、コカ・コーラが注目です。

需給要素の強い日程面については、週明けが中国の春節明け、
15日は米国が三連休前の週末&SQ(SQは英欧も)、
最近では風化気味の45日前ルールの該当日でもあります。

ということなので今週としては、貿易戦争が落ち着かない限り、
政治面、マクロ面、ミクロ面共に適温相場での御都合解釈とはならず、
都合悪解釈な低温相場となってしまうので、
イベントの日程からも、早くとも15日までは、多少の反発はあれど
冒頭で書いた先週後半からのリスクオフ基調自体は続きそうです。

ただし足元の需給環境としては、債券と為替の巻き戻し余地はありますが、
株式市場と原油はかなりガスが抜けている状況なので、
まさかの何ちゃらショックでも起きない限り、
リスクオフ基調が続いたとしても、クリスマス安値は割りそうになく
貿易戦争等の行方を見ながら下値を探るような動きとなりそうです。

シンプルに見るならば、株式市場の先週後半からの売り局面では、
先週前半までを上回る商いを伴いつつ売られているので、
薄商いでの反発には惑わされず、商いを伴った上昇に転じるまでは、
腰を据えての「新たな」参戦は控えておきましょう。
短期の方についても、日跨ぎ等の中途半端な短期勝負は控えましょう。

新興市場については、国内外のリスクオフモードが落ち着いていれば、
サンバイオの悪影響も落ち着いてきたことでの資金流入もありますが、
先にも述べた通り、現状の国内外はリスクオフモードになりつつあり、
本格的なリスクオフとなれば、新興市場はリスク資産の最たるものとして、
過度に売られるのは相場の常な上に新興企業決算のピークも迎えるので、
今週は局地的なお祭り銘柄の短期勝負は自由ですが、
ピークの新興企業決算を始め、国内外の動きにも目を向けながら、
主力大型株以上に慎重に動いた方がいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.