FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
答え合わせのヤマ場入りへ・・・
こんばんはです。

我らが安倍ちゃんマンの施政方針演説があろうとも、
日本株は反落したものの激薄商いなので
本気で売っている感が無いとは言えますけど、
明確な意志を感じる商いを伴った動きになってほしいものです。

そして国内では安倍ちゃんマンよりも企業決算・・・
という哀しい現実がありますけど、昨日の記事でも書いた通り、
今週は米金融政策動向、貿易戦争動向、米予算を巡る攻防、
ブレグジット動向、これらの影響を国内外のマクロ指標(特に米国)、
国内外の本格化する企業決算にて確認
という大ヤマ場な答え合わせテンコ盛りウィークなので、
安倍ちゃんマンがシカトされるのも止む無しですし、
相変わらず「消費税は上げなアカンねん」
という定番ギャグも炸裂していたくらいですから、
そもそも決してポジティブな演説ではないですからね。

ということで、これらの答え合わせ絡みの動向に変化が無ければ、
これと言った理由はなく需給のみで動いたと見ておけばいいのですが、
本日発表された国内企業決算を見ると、
まだまだ数は少なく、中小型の決算が中心ではあるものの、
外需を中心に下方修正が多くなっているので、
これまで意外と堅調な決算が多い米国とは違い、
これから本格化する国内企業決算の先が思いやられます。

同時にただでさえ低下している日本株のEPSがさらに低下し、
それでも割安だと言っている人達も根絶やしにされないかと・・・(笑)
そもそも3Q決算というゴリゴリ来期目線のこの時期に、
しかも今期はあと約2ヶ月しかないこの時期に、
今期EPS(PER)で割安と言うのもどうかとは思いますので、
せめて3Qがボトムで来期増収増益期待となればいいのですが・・・

そういった来期への期待のカギを握るのが、
景気の重石にも下支えにもなる米金融政策動向、
景気の先行き懸念となる貿易戦争動向、
財政面でのサジ加減を決める政治動向なので、
今週の答え合わせと共にこれらのリスクが収束すればいいのですが、
収束してない現状では、これらリスクの影響を吹き飛ばすような、
堅調な企業決算とマクロ指標が発表されるしかなく、
業績の下方修正や低調なマクロ指標に対しては、
織り込み済みとか出尽くしと言うのは早計と言わざるを得ないです。

もし市場が明確な意志を示す商いを伴った上昇(動き)となれば、
私がケチを付けたところで、織り込み済み・出尽くしなのでしょうけど、
国内だけでなく海の向こうも意志を感じない薄商いが続いているので、
現状は答え合わせの結果に対して、どっちの方向に商いが膨らむのか、
見極めるしかないでしょう。

以上の通りなので、明日については・・・

今夜にはキャタピラーの決算、明日の海の向こうでは、
英議会のEU離脱代替案採決、アップル始めテンコ盛り米企業決算、
今夜と明日はFOMC前の米2・5・7年債入札を控えており、
以下の通り、明後日以降は米中通商協議、FOMC、
米マクロ指標と米企業決算などなど、ヤマ場入りとなるので、
慎重に動くに越したことはないです。

 28日 安倍首相施政方針演説、ドラギ総裁講演、キャタピラー決算
 29日 英議会のEU離脱代替案採決
    アップル決算
 30日 米10-12月期GDP・速報値、米1月ADP雇用リポート
    FOMC&パウエルFRB議長会見
    米中通商協議(30-31日予定)
    加から米へのファーウェイCFOの引き渡し期限
    フェイスブック、アリババ、MS、ボーイングの決算
 31日 国内企業決算1回目ピーク
    中国1月PMI、ユーロ圏10-12月期GDP・速報値
    米中通商協議、米12月個人消費支出&コアPCEデフレーター
    アマゾン、GEの決算
  1日 米1月雇用統計、米1月ISM製造業、米1月新車販売
  3日 節分

新興市場については、本日はマザが大幅反落に対してJQは続伸となり、
マチマチな動きでしたが、商いは先週末よりもやや減少した程度なので、
主力大型株よりも本気の売り圧力は感じられます。
しかも足元の新興市場でスター銘柄となっていたサンバイオが、
引け後に下方修正を発表しているので、
下方理由は何であれきっかけとなってバイオ軍団が大きく崩れるようだと、
新興市場の心理にも影響が大きくなるでしょうから、
明日の新興が商いを伴った下げとなれば、慎重に構えておきましょう。
もしサンバイオやバイオ軍団が局地的に下げるだけとか、
全体として商いを減少させての下げに留まったり反発するならば、
個別での波乗りは御自由にどうぞと言いたいところですが、
明日は新興にも密接なアップルと米ハイテク決算もあり、
結果次第では国内外共にリスクオフへと転じてもおかしくないので、
くれぐれも海の向こうからのリスクも覚悟の上で波乗りしてください

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.