fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
来週のヤマ場を見据えて
こんばんはです。

そろそろ言い飽きてますが、本日も薄商い・・・
昨夜の米国も英欧も薄商い・・・
(英株、半導体SOX、ラッセル、米輸送株指数は反落)
中国だけは神(御上)の手が入っているせいなのか活況ですが、
日米英欧の薄商いはいつまで続くのか・・・何を待っているのか・・・

日米英欧共に企業決算シーズンに突入したので、
決算発表の一巡をきっかけに商いが戻ればいいのですが、
今のところ我が国では下方修正を発表した日本電産と安川電機が、
織り込み済み・出尽くしのように上昇しているものの未だ薄商い・・・

米国も昨夜を含め決算自体は好悪入り混じるまだら模様ながら、
昨夜はIBM、P&G、Uテクノロジーズ、コムキャスト、TI、
といった注目企業が堅調な決算を発表したのにも関わらず、
米株全体としては激薄と言ってもいいくらいの薄商い・・・

我が国の決算発表本格化は今週末から始まり、1発目ピークは30日、
米国は昨夜から来週がピークであり、29日のアップルを始め、
IT・ハイテクのピークは来週ですから(キャタピラー28日)、
本日時点ではまだまだ序盤戦と言えますが、
それにしても本気の現物買いの拡がりが全く見えず、
クリスマスまでの株安局面で需給面でのガスが抜けたことによる、
単なる買戻しのみと言わざるを得ないです。

こういった国内外の企業業績への警戒感とか見極めモード、
国内外のマクロ指標の鈍化が顕在化している大きな要因は、
景気の重石となる米FRB主導の金融引締め、
景気の先行きに影響するトランプマンが仕掛ける貿易戦争であり、
さらに今のところ市場はシカトしているものの(特に米債券)、
長期化による景気への影響懸念も台頭している米政府機関閉鎖騒動、
ブレグジットを始めとする欧州政治のズンドコも続いており、
これら市場を取り巻くマクロ&地政学的なリスクは何ら収束しておらず、
せめて方向感だけでも明確にならないことには、
序盤戦に過ぎない決算発表だけでは、
ドイヒー決算に対する織り込み済み・出尽くしとか、
好決算を素直に好感するといったミクロ面での動きが、
全体への拡がりを見せないのも止む無しと言えます・・・

だけに、これから発表される企業決算が全てとまでは言いませんが、
マクロ&地政学リスクを吹き飛ばすほどの堅調な結果と見通しとなれば、
商いも戻って来るでしょうけど、
吹き飛ばすほどの堅調決算オンパレードになるとは思えないので、
やはりマクロ&地政学リスクが収束もしくは方向感が明確になるような、
これらに関わるイベントを待つ(見極める)しかないと言えます。

ちなみに今後のこれらに関わる大きなイベントとしては・・・

 29日 英議会のEU離脱代替案採決
    トランプ大統領の一般教書演説(政府機関閉鎖協議次第)
    アップル決算
 30日 米10-12月期GDP・速報値、米1月ADP雇用リポート
    FOMC&パウエルFRB議長会見
    米中通商協議(30-31日予定)
    フェイスブック、アリババ、MS、ボーイングの決算
 31日 国内企業決算1回目ピーク
    中国1月PMI、ユーロ圏10-12月期GDP・速報値
    米中通商協議
    アマゾン、GEの決算
  1日 米1月雇用統計、米1月ISM製造業、米1月新車販売

他にも超目先としては今夜の欧州各国1月PMI(低調でした)、
ドラギナイト(ECB理事会)、米1月PMI、米12月CB指数、
インテルを始め米企業決算、28日のキャタピラー決算もありますが、
以上の通り、一般教書演説の時期は不透明ながら、
(だからこそ代わりに貿易戦争の強硬姿勢が続きそうですけどね)
それを除いても29日以降がヤマ場であることに変わりはないので、
ヤマ場をきっかけに市場の商いも含め大きな変化が起きそうですが、
それまではリスクに対して脆い薄商いのでの巻き戻ししか期待できず、
アテにならない危うい相場が継続するでしょう。

ということで、週末の明日については、29日までの短期目線ならば、
いっそのこと週跨ぎは控えた方がいいでしょう。
腰を据えて参戦する方についても、屁こいて寝ておくのが無難ですが、
年末までにゴリゴリ売られた銘柄、決算を終えた銘柄、
取り組み妙味のある銘柄に対する打診程度の参戦はアリです。
くれぐれもダメならばマッハで撤退するという機敏な姿勢だけは忘れず。

新興市場については、本日はマザがさらに商いを減少させての続伸となり、
週初までのように上昇局面で商いが膨らまず息切れ感も窺える上に、
先にも述べた通り、国内外共に29日以降がヤマ場なので、
ウォッチして動きを把握している銘柄や取組妙味のある銘柄以外は、
29日までとか週跨ぎとかの短期勝負も含め、
明日は慎重に動いた方がいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.