fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
トリプル安?はともかく、煮え切らない週末
こんばんはです。

昨夜は2日連続のゴリラ商いでの米株安となり、
米金利はちびちびと上昇しているので、もしかして米株はセリクラ?
金利上昇は債券買い(金利低下)株売りのリスクオフが止まった?
という期待も僅かに感じるのですが、巻き戻しのドル安は継続しているので、
シンプルに米国はトリプル安になってけつかるとも・・・

何やらメキシコ国境の壁建設費用を盛り込まない予算案に対して、
トランプマンは「署名するかボケ!政府機関閉鎖じゃ!」と言っており、
それを聞いてなのか、改めて費用を盛り込んだ予算案を提出し、
下院では可決されたものの、上院では否決される可能性が高いらしく、
トランプマンの署名にまで辿り付く以前の事態となれば、
これまた政府機関閉鎖となってしまいます・・・

従って昨夜からのちびちびな米債券売り(米金利上昇)は、
リスクオフの動きが止まったのではなく、
米財政懸念を含むこれらの騒動での債券売りならば、
良からぬトリプル安とも言えます。

しかもトランプマンの軍事面での右腕だったマティスおじさんが、
シリアやアフガンからの米軍撤退を巡って意見が対立し、
お得意のトランプファイヤー(クビ切り)を喰らったのではなく、
「付き合い切れんから自ら辞めるんや!」との声明をわざわざ発表したので
財政面だけでなく安全保障面や政権不安も含めた米ソブリンリスク
と判断されての米債券売り、米トリプル安の可能性も無きにしも非ずです。

御存知の通り、かつて政府機関閉鎖に陥った際の市場への影響は、
ほんの一時的な軽微な反応で終わり、株式市場に至っては上昇していたので、
今回も過度な警戒とか米トリプル安という過度なネガティブ解釈は、
不要だとは思うのですが、いかんせん足元では、
リスクオフ基調が止まっておらず、悪材料に敏感な状況だけに、
本日が期限の予算案を巡る動向は要注意かも・・・

そして米中を始めとする貿易戦争動向は燻ったままであり、
一昨日のFOMCで決まった金融政策スタンスに対して、
市場は米金利低下を含めポジティブには受け取っておらず、
これらを裏付ける低調なマクロ指標と企業決算も発表され(日中欧も)、
先に述べた予算案を含む米国の政治的な混乱が起きており、
英国のブレグジットリスクも燻ったまま、伊の予算案騒動についても、
EUが仏と共に特例で財政規律違反を認める可能性があり、
そうなると緊縮を強いられている南欧重債務国が黙ってないのでは?
という火種を撒いている状況なので、
果たしてセリクラや!金利上昇でリスクオフの動きが止まった!
為替以外の需給環境は軽いで!というポジティブ解釈となるのかと言えば、、
まだまだ怪しいと言わざるを得ない状況です(原油も含め)。

我が国ついても、為替市場とハゲバンコの悪影響を除けば、
需給的にはかなり軽くなっており、短期的なテクニカル面、
値下がり銘柄数や新安値数、評価損益率や追証発生件数、
そして本日の商いも約3.5兆円だったので、
米国と同様、金利上昇を含めセリクラ感が漂っていたりもするのですが、
商いはFTSEリバランスを含む最後っ屁で約8300億円の嵩増し・・

本日の下げ幅と売られ方を見ていると問答無用な滝行感もなく、
後場からは切り返す動きもあり、
さらに定番の先物主導なのかと言えば、
現物の商いが膨らむ一方で先物の商いはイマイチだったので、
先物「先導」、現物「主導」みたいな嫌な感じの動きであり、
だからこそ市場からの悲鳴や悲壮感についても乏しく、
(単に退場者が続出して悲鳴が聞こえだけ説もありますけど)、
セリクラ感も乏しい煮え切らない一日でおました。

とにかく現在の国内外の市場の動きとしては、
金利上昇とセリクラ感のある商いでの株安、
というリスクオフが止まったような動きも見られますが、
最悪の米トリプル安でなかったとしても、
リスクオフ基調自体が転換したわけでもなく、
小難しい背景やリスクも何ら落ち着いておらず、
肝心の足元のマクロ・ミクロ環境も傷みが顕在化している状況です。

そんな中、今夜には米つなぎ騒動も佳境を迎え、
我が国は三連休、米欧は今夜がMSQ、月曜が半ドン(欧州は休場が多い)、
火曜日がクリスマスで休場、ついでに日曜は満月
という需給と日程と暦の面での節目も迎えるので、
もし・・・ベタにこれらを前にコツン!と底を打ってたしても、
小難しい背景やリスクが収束しないまま需給主導の巻き戻しだけでは、
長続きはしないので、リスク覚悟の底狙いで果敢にカチ込む必要もなく、
今夜の海の向こうの動きも見極めた上で、
三連休明けから改めて考えても遅くはないでしょう。

ということで、本日は週末なのでこれにて失礼します。

良い三連休&クリスマスをお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.