FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
まずは今年最後の大一番に向けて
おはようございます。

シャン♪シャン♪シャン♪シャン♪とサンタラリーの鈴の音は聞こえず、
サンタ不在のソリだけが滑っている残念なクリスマスシーズンを迎えており、
週末時点の状況としても、貿易戦争、ブレグジット交渉、伊予算案協議、
これらへの進展期待とも言われましたが、誰も信じてないのか、
米金融政策動向が不透明なままだからなのか(日欧金融政策も)、
そもそもそれらの影響を裏付けるようにマクロ環境は、
週末の堅調だった米小売売上高を含め米国だけが堅調であったとしても、
日中欧のマクロ指標が低調という傷を負った状況であり、
ミクロ面(業績)での先行き懸念も続いており、
しかも今週は今年最後の大一番(後述します)も控えているので、
市場の流れは変わらずに週末を終えている状況です。

そんな週末の市場の動きもシンプルに言えばリスクオフですが、
米株は商いがイマイチながら大幅安、ダウとSP500は10月安値割れ
ラッセルと輸送株は年初来安値更新、VIXは上昇、
英欧株も薄商いながら売られ、中国株は商いを伴った大幅安、
我らが日経平均先物も配当落ち分を考慮しても軟調に帰って来ており、
原油も大幅に売られ、銅や商品も軟調、安全資産の金までが軟調です。

債券市場では、米英欧共に小幅な債券買い(金利低下)ながら、
米金利の逆イールド(2年>3年>5年)だけでなく、
なにげに英、伊、蘭の逆イールドも継続しており、
安全資産の債券買い(金利低下)基調は継続しております。

為替市場はドル高・欧州通貨安となりましたが、
いつもの如くリスク資産の株や原油等が売られ、債券が買われると、
ドル高であろうと円最強高となっております。

ちなみに足元の需給環境としても、為替市場は投機筋のドル買い、円売り、
ユーロ売りの各ポジが今年最高水準近辺まで積み上がっており、
いつ巻き戻してもおかしくない状況なので、
株と債券と原油がピークからかなりガスが抜けているとは言え、
債券は昨年の様に買い越しへ転じてもおかしくはないですし、
株式市場も国内では主役である外国人の売り越しが継続、
個人の信用買い残も3兆円を超えており、
裁定買い残は今年最低水準であろうとも、MSQを通過しようとも、
16年とか民主党時代のような状況が続くことも有り得ますので、
何か大きなきっかけと共に商いを伴った動きとならないことには、
まだまだ需給面だけでは安心できない状況です。
(NT倍率の偏りも継続中です)

以上の通り、週末の市場の動きをシンプルに言えば、
安全資産の金は売られたものの、ほぼ債券買い・株売り(リスク資産売り)
というベタなリスクオフであり、基調としても継続している状況なので、
貿易戦争動向や金利動向等が収束、せめて明確にならないことには、
需給主導の株と油の反発があったとしても長続きはしないでしょうし、
金利低下を都合よく解釈する適温相場も難しい状況と言えます。

そして今週は市場ネタの主役である景気の先行きに影響する貿易戦争、
景気の重石となるFRBが主導する金融引締め動向、
これらに関わるイベントが以下の通り盛り沢山であり、
市場が大きく動くきっかけにもなりそうな一週間と言えます。
(欧州政治リスクも継続中と言えます)、

貿易戦争についてはトランプマンと中国の舌戦、ファーウェイ騒動、
という日々の動向が大きく影響しますが、決まったイベントしては、
中国側の出方を窺う19-21日の中央経済工作会議、
金融政策イベントとしては、18-19日のFOMC、
19-20日の黒田薬局会合と英中銀会合、
需給イベントとしては、19日のハゲバンコIPO、週末の米欧MSQ、
同じく週末には米つなぎ予算期限、というラインナップからも、
まずは19-20日が今年最後の大一番と言えます。
(今週のマクロ指標については、これらの影響確認として重要ながら、
 大一番までは発表直後の一時的な反応に留まりそうです。)

ということでもはや我が国の年内の取引は9営業日しか残っておらず、
12月29日から1月6日までは1月4日だけしか市場が開いてないので、
屁こいて「休むも相場」というのも大いに結構な気もするのですが、
今週は市場が動くきっかけになりそうな大一番が控えているので、
大一番を控えた19日までと割り切って立ち回るのも自由ですが、
腰を据えずに小刻みを中心に慎重に動くのが無難です。
19日以降の立ち回りについては、18日までに改めて書きます。

新興市場についても同様ですが、
今週はハゲバンクを始め12社のIPOラッシュもあったり、
政府の政策関連イベントもありますので、
立ち回るにしてもシコリの少ないIPO関連、
資金が集中する政策関連・テーマ株での小刻み勝負に留めましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.