FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
色んな意味でアホくさい週明け
こんばんはです。

本日は記事を更新しようと思ったら、ブログ側の不具合なのか、
全部消えてしまい、書き直す気力が失せてしまいそうになりましたが、
何とか更新が遅くなったものの書き直しました。

とは言っても、本日は日経屁均がほぼ横ばいの小幅安ながら、
トピは0.56%安、マザーズは1.33%安となり、
理由も色々と飛び交っておりますが、
夏枯れなのか相変わらず真剣味を感じない薄商いが続いているので、
記事を書き直すのもアホらしくなりますし、
上がった下がったでフンガフンガしたり、
えらいこっちゃ貿易戦争や!金利上昇アレルギーや!需給の巻き戻しや!
と言って原因を探るのもアホらしく感じる今日この頃だけに、
いっそのこと商いを伴って23000円を超えるなり、
7月安値に接近してから、フンガフンガしたり理由等を考えながら、
真剣に相場と向き合えばええんじゃないのかとも思うばかりです。

日々小刻みに戦う方はともかくそれ以外の方は、
実際にそういったスタンスでもいいとは思うのですが、
一応、昨日の記事でも書いた通り、国内目線での目先の節目としては、
今週の9-10日であり、海の向こうでも貿易戦争の燻りは続いており、
世界的な金融引締めのうねり(アレルギー)も起きているので、
屁こいて鼻ホジしながら相場を見るのではなく、
真剣に向き合わなければならないのですが・・・

これまた目先としても国内の節目である9-10日までは、
企業決算が良かろうとも、マクロ指標が良かろうとも
先行きに直結する貿易戦争が収束し(中国リスクも)、
金融引締めアレルギーにも耐えられる環境となるか、
問答無用な商いを伴った動きにでもならない限り、
現在の薄商いでの需給の巻き戻しが続くだけか、
9-10日までの短期的な動きに過ぎないのも現実でおます・・・

そんな短期的というか超短期的な今夜から明後日の寄り前までの
動くきっかけ(材料)となるイベントとしては、
国内では日々の企業決算と日銀の長期金玉イジくりオペ、
日銀の買入枠を変更したETF買い動向(本日はREITのみ)、
場中の中国市場動向が注目ですが、今夜は米国のイランへの制裁再開、
明日の我が国では、週末のGDPを前に消費支出と毎月勤労統計、
(週末のGDPはプラス成長予想が出ているようですけど・・・)
10年物価連動債入札、JPX日経400銘柄入れ替え発表、
中国では米債売りという疑惑もある?中で注目の外貨準備高、
米国では3州の中間予備選、ミッキーマウスとスナップ決算、
明後日の寄り前は、9-10日の日米通商協議を前に注目の国際収支、
先日の金融政策決定会合における主な意見、
中国では米中貿易戦争が続いている中での中国貿易収支が注目です。

以上の通り、市場の動きや需給環境だけでも何ら好転しておらず、
市場を取り巻く環境や材料としても落ち着いてないので、
明日も引き続き、慎重に構えておくのが無難でしょう。

新興市場については、先週末に続き、商いの伴った下落となっており、
薄商いの主力大型株とは違って本気モードな売りなので、
小難しいことは考えず、シンプルに商いを伴った反発が「継続」するまでは、
テーマ株も含め引き続き慎重に構えておきましょう
ただし今週はマザ指数の寄与度がデカ過ぎるメルカリの決算が9日、
次いで指数に組入れられ寄与度がデカくなるMTGの決算が10日、
他の新興企業決算も9日以降に本格化するので、
新興市場も9-10日が節目になる可能性もありますが、
少なくとも明日は慎重に構えておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 不沈艦日記. all rights reserved.