FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
明日からの目先のヤマ場を前にして
こんばんはです。

今日も変わらぬ薄商い・・・
3月安値から上げるも下げるも薄商いの日々が続いており、
かといって1月高値どころか23000円すらも超えることがなく、
フガフガしながら上だ!下だ!と言うのもアホくさくなるので、
上げるも下げるも商いを伴う動きになってから、
フガフガしたらいいのではとの思いが日増しに強くなる今日この頃・・・

現在は国内企業の決算発表も本格化しているのですから、
じっくりと決算を精査して銘柄選別する時間に充てた方が・・・
と言ってしまうと書くことが無くなってしまいますけどね(笑)

とにかく決算も続々と発表されているのですから、
先物主導のみではなく、本気で現物を買わうなり売るなりせんかい!
と言いたくもなりますが、現在は日米株式市場の薄商いだけでなく、
米国ではFBやツイッターが鬼売りされており、インテルも売られ、
米株を牽引していたナスダック、ラッセル2000、半導体SOXも売られ
明日はアップル決算、明後日はキナ臭いテスラの決算を控えております。

さらに明日は黒田薬局会合、明後日にFOMC(2日に英中銀会合も)
という日米の金融政策会合を控える中、市場の主役でもあるトランプマンは
対中関税と輸入自動車関税への強硬姿勢を緩める気配はなく、
(その地域の中間選挙予備選が8月に控えているのもあるのでしょう)
さらに堅調だった米GDPをドヤっていたにも関わらず、
「パウエル(FRB議長)はええ奴やけど、
 ワシは米金利低下・ドル安がええねん!」
という身勝手過ぎる発言(口先介入)をしておりましたが、
足元では米金利上昇(米債券売り)、ドル高(高値維持)
というトランプマンの意に反する動きとなっている債券・為替市場・・・

今週は先週末のゴリラだった米GDPに続き、
週を通して月初恒例の雇用統計を始めとする米経済指標もテンコ盛なので、
パウエルおじさんの会見も無い今回のFOMCにて、
親分(トランプマン)に反抗するような追加利上げに動くとは思えず、
子分らしく中間選挙に向けた援護射撃の如く据え置きを発表しそうですが、
そうなると需給的には過去最高水準まで積み上げっている米債券売りポジが
一気に巻き戻されて米金利が低下、ドル安となる可能性もあり、
(中国が米債券売りを仕掛けているのならばわかりませんけどw)
これをトランプマンの御機嫌相場とか適温相場と解釈し、
株高(油高)となれば、パウエルの御機嫌窺いが功を奏したと言えますが
株価が崩れることになると、米金利低下・ドル安・米株安
という単なるリスクオフとあり、トランプマンも御機嫌にしてええのか
不機嫌したらええのかわからん相場になってしまいます・・・

先にも述べた通り、FB暴落を含むIT・ハイテク売りが起きており、
時間差で影響が波及しそうであり、アップルやテスラまでが決算でコケると
火に油となってしまうだけに、リスクオフも十分にあり得ますので、
目先としては日本時間1日早朝となるアップル決算、
同2日3時のFOMC結果、同3日早朝?のテスラ決算まで、
もしくは見方が分かれるテスラ決算を除くFOMC結果が出るまでは、
リスクオフも視野に入れて構えておくべきでしょう。

我が国としては、発表が本核化している企業決算も重要ですが、
足元では薄商いだけでなく長期金利も上昇しており、
事前の報道でETF買いの見直しや出口論が飛び交っている中
明日の昼前後には黒田薬局の政策が発表され、
引け後に黒ちゃん会見なので、これを機に大きく動く可能性もありますが、
親分米国の目先のヤマ場は先に述べた通りですから、
明日だけでは日本株の方向感を判断せず、
引き続き慎重に構えておきましょう。

新興市場については、本日はやや商いを伴った下げとなっており、
FB等の米IT・ハイテク売りの影響が出ている可能性もありますが、
世界的なリスクオフムードが強くなれば、
リスク資産の象徴である新興市場が過度に売られるのも相場の常であり、
本格反発となるにしても、まずは海の向こうや国内主力大型株から
というのも相場の常なので(特に現在は企業決算も本格化しているので)、
少なくとも主力大型株が本格反発となるまで、
もしくは再来週後半から本格化する新興企業決算を見極めるまで、
さらにシンプルに言えば、商いの伴った上昇が継続するまでは
慎重に構えておくのが無難でおます。
昨日と先に述べた通り、今週は31日の昼前後から2日早朝までが、
国内外共に目先の大きなヤマ場なので、ヤマ場を通過するまでは、
資金の集中している政策・テーマ株、IPO関連も含め、
慎重に構えておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 不沈艦日記. all rights reserved.