FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
緊張感に欠けるからこそ
こんばんはです。

本日の日本株が大幅続落となったのには違和感が無いとしても、
昨夜のメリケン株は大して下げることもなく反発で終えており(商い増)、
本日のダウ先も踏ん張りを見せている違和感・・・

もしかして各国への関税や覇権主義の様に喧嘩を売る地政学リスクの上昇は、
アメリカンファーストだから故にアメリカの利益になるということなのか、
それとも本日も続く米金利低下(債券買い)に対して、
債券買い・株売りのリスクオフではなく適温相場と解釈しているのか・・・

とにかく日本株が大幅続落となろうとも(欧州や新興国も)、
新興国と南欧を除く先進国の債券が買われようとも(金利が低下)、
主役であり、市場の空気を決めるとも言える米株が踏ん張っており、
米株に次ぐ同様の存在である原油も下げたとは言え限定的であり、
VIXも低下していたり、安全資産の金も大して買われていないので、
緊張感の漂うリスクオフムードは感じられないですが、
動きとしては需給的に過熱していた米債券の巻き戻し、
同様に過熱している原油もちょっぴり巻き戻しの動きではあります。

本日の我が国も商いが増えたとは言え2.6兆円程度であり、
セリクラ感には程遠く、緊張感にも欠けますが、
動き自体は巻き戻しでおます(特に先物)。

従って米株が踏ん張るだけでなく、
適温相場とかアメリカンファーストだと言ってまさかの上昇となれば、
日本株も含めてほんの一服に過ぎない押し目だったとなりますが、
米株が崩れるようだと(原油も)、一気にリスクオフムードが高まり、
米金利低下(米債券買い)となろうとも適温相場とは言われず、
債券買い・株売りのベタなリスクオフモードとなり、
為替市場ではドルがどちらに動くのかは微妙ですけどリスクオフなので、
円についてはドル高であろうとも円最強高、ドル安ならば素直に円高
商いの伴った日本株売りとなります。
(ドル高版リスクオフだと新興国も悲鳴を上げる最悪の展開となります)

とにかく最も重要なのは需給と金融政策とインフレを含む米金利(米債券)
新興国と円にも影響するドルの動向ですが、
現在の市場の動き(空気)として、重要というかきっけになるのは、
米株と原油次第と言えます。
(私としてはこれからがリスクオフの本番と見てますけどね。)

以上が市場の動きや需給に重きを置いた見方ですが、
動くきっかけとなるイベントやリスクとしては、
やはりというか、ある意味では有言実行なのですが、
トランプマンはパワハラ関税について、
長期的にはアメリカの為になるから(中間選挙もw)
市場が短期的に悲鳴を上げるのも承知の上でやりまっせ!と言っていた通り
中国が自動車関税を引き下げる譲歩姿勢を嘲笑うかのように、
自らは米国への輸入車に対する関税を引き上げると言っており、
その他の対中貿易への強硬姿勢も変わらず、
唯一のZTEに対する制裁措置の緩和についても、
野党民主党までが差止に動き出す展開となっております(笑)
6月1日まで猶予期限としている欧州等への鉄鋼・アルミの関税についても
未だ譲歩する姿勢は見せておらず(日本への関税も変わらず)、
トランプマンは貿易戦争上等とばかりの姿勢を強めております。

中東への強硬姿勢も相変わらずどころか強めており、
調子に乗って反抗しているカリアゲマンに対しても、
こっちから米朝首脳会談はせんぞ!と言い出しており(来週中に判断とも)
あちこちのリスクに自ら再び火を点ける放火魔状態となっております。

そう考えると、モリそばカケそば問題に騒ぐ我が国の野党って・・・
皮肉なことかも知れませんが、騒げ騒ぐほど安倍政権が盤石になるので、
野党にはあえて頑張って騒いで貰った方が、
市場と支持率にとってはいいことなのかも知れないです(笑)

モリそばカケそば問題はともかく、国内企業の今期見通しは減益であり
現在は企業想定為替レートから乖離した円安推移によって、
業績上振れ(増益転換)期待となってますが、リスクオフで円高が進んだり、
米国が輸入車関税を強行すると、日本の自動車業界に影響することになり
トヨタが決算発表の際に「今期見通しは保守的ではなく背伸びした」
と言っていたことが、現実となってしまいます。

他にもEUどころかユーロからもトンズラしかねないイタリアの政治リスク
足元で低調な欧州のマクロ指標、昨夜は通貨安を止めようと動いたトルコ、
相変わらずお金がナイゼンチンやけど借金はアルゼンチンを含む新興国が、
資金流出に見舞われて悲鳴を上げていたり・・・

以上の通り、市場が巻き戻し&リスクオフになろうとしている動きに合わせ
きっかけ(口実)となるリスクオフ材料が噴き出しつつあり、
そもそものリスク(病)である金利上昇アレルギーも克服してないので、
先に述べた市場の動きや需給に重きを置いた見方も含めると、
少なくとも需給的な巻き戻しは継続するでしょうし、
これらのリスクが落ち着いたり、米株や原油が踏ん張らない限り、
リスクオフモードの本番はこれからと言えるだけに、
本日は油断のできない緊張感の欠如と言えます。

ちなみに明日のパウエルおじさんの講演についても、
そもそもの病である金利上昇アレルギーには大きく影響するものの、
如何せん市場対話力(存在感)の乏しさはもちろんのこと、
現在のリスクの主役は存在感の大きすぎるトランプマンですから、
明日のパウエルおじさんには期待できそうにないです・・・
(明日の米国市場は三連休前の週末でもあります)

ということで、明日については昨日と変わりませんので割愛しますが、
明日は週末でもあるので、少々反発しようとも慎重に構えておきましょう。
新興市場については、資金の集中している政策・テーマ関連株はともかく、
国内主力大型株と同様、明日は週末なので慎重に構えておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 不沈艦日記. all rights reserved.