FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
国内外共にいよいよ本番へ
こんばんはです。

いよいよ本日からオラオラ永守電産を皮切りに、
国内企業の本決算&今期見通しの発表が本格化します。

日本電産の今期見通しについては、
想定為替レートを1ドル100円、1ユーロ125円と厳しく設定した上で
売上高が5.8%増、営業利益が13.3%増、経常利益が12.5%増、
純利益が10.3%増ですから、市場予想を下回っていようとも、
明日の株価が失望とか出尽くしの反応で下げたとしても、
十分に堅調と言える見通しであり、決算会見での永守節次第では、
どうにでも期待が膨らみそうな見通しでおます。

そして本日は日本電産以外にも日立化成、東洋機械金属、小松ウオール、
医学生物学研究所は、今期見通しが増収増益となっており、
東京エレクトロン・デバ、積水樹脂、高純度化学、東光高岳の今期見通しは
減収ながら増益見通し、低調な今期見通しはシマノ、富士通ゼネ、
総合メディカルくらいなので、
明日以降発表されるテンコ盛りの国内企業の今期見通しに対して、
減益見通し懸念が和らぐ本日の決算だったと言えます。

ただし、これらの銘柄が明日にどのような反応になるのか・・・
決算シーズンの先陣を切る日本電産と安川電機は、
優等生な決算を発表をするのがお馴染みではあるので、
今後発表される外需企業も同様に優等生とは言えないですけどね。

そして海の向こうでも決算発表が本格化しており、
概ね堅調と言える結果が続いており、昨夜引け後にされたグーグル決算も
懸念されていた規制強化の影響等は見られず、堅調な結果となっております。
ただし時間外では好感されず、小幅に売られて終えているので、
今夜以降の値動きは注目です。

さらに今夜はキャタピラー、ロッキード、ハーレー、コカコーラ、
3M、トラベラーズ、フリーポートマクモラン、コーニング等の大物に加え
逆風が懸念されているハイテク・半導体ではTI、ベライゾンの決算があり
明晩は逆風のフェイスブックを始め、ツイッター、イーベイ、AT&T、
ダウの主役とも言えるボーイングを始めフォード、クアルコム、VISA
明後日はトランプマンにいじめられているアマゾンを始めマイクロソフト、
インテル、Uテクノロジーズ、Wデジタル、シーゲイトT、
GM、スタバ、アムジェン、UPS、レイセオン、ニューモントM、
VW、ドイツ銀行、サムスン電子、中国建設銀行、
週末はエクソンモービル、中国銀行、中国農業銀行、中国工商銀行
(週末には南北首脳会談や米GDPもあります)
1日は最も注目のアップル、2日は何かと騒がしいテスラ
といったように、注目されるハイテク・半導体の決算は、
明日のフェイスブック以降から本格化することになり、
オールドエコノミーを始め大物の決算もテンコ盛で控えている状況なので、
昨夜のグーグルやこれまで発表した企業と同様、堅調な決算となれば、
金利上昇アレルギーが克服とまでは言いませんが症状が和らぐことになり、
1-2日のFOMCまでは堅調な展開となりそうです。
それ以降はFOMCでの采配次第でしょう。

当然ながらこれら企業決算が躓くと(週末のGDP等のマクロ指標も)、
金利上昇アレルギーへの抵抗力が十分ではないと言えますし、
決算の中身次第では、関税や規制強化の影響も意識されることになり、
減税効果も限定的と言われ兼ねず、FOMCまでは厳しい展開となります。
厳しい展開と言うのは米債券買い(金利低下、ドル売り)株売り、
というベタなリスクオフモード、もしくはドル高版リスクオフモード、
可能性は薄いながら最悪のトリプル安です。

以上の通り、国内外共に現時点では企業決算が堅調なので、
海の向こうは金利上昇への耐久力も見せつつあり、
そんな海の向こう(米株)が崩れないことでリスクオフムードは高まらず、
リスク回避な円高にもならず、むしろ米金利上昇・ドル高・円安となり、
それを受けて日本株は堅調なので、明日以降は決算期待も膨らみそうですが
如何せん国内外共に商いが膨らんでおりまへん・・・

現時点では貿易戦争等の燻っている他のリスクへの警戒もあるでしょうけど
少なくとも決算を手掛かりにした本気での株買いとはなっておらず、
金利上昇アレルギーへの耐久力確認と克服に向けた治療方法として、
今後の決算とFOMCこそが本番だというオイニーがプンプンしております

ということで、今夜の米企業決算、明日から発表社数も増える国内企業決算
これらも重要ですし、米長期金利が3%を超えるのかも注視が必要ですが
明晩のフェイスブックを始めとする米企業決算から本番へと突入するので、
明日については、本番以降をポジティブに見ている方はお任せしますが、
明日は引き続き慎重に構えておくのが無難でしょう。

新興市場については、繰り返し書いている通りなので、
同様に慎重に構えておくのが無難でおます。
ただ本日はHEROZがストップ安で終えたものの、
公開価格比ではIPO史上最高の10.8倍で初値が付き、
明日以降、かつてのITバブルのような勢いを見せるようだと、
HEROZだけでなく新興市場全体への波及効果も期待できるので、
みんな大好き?マネックスと共に注目でおます(エムアップも?)。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 不沈艦日記. all rights reserved.