FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
動きは健全な週末
こんばんはです。

市場ではバブルに踊らされた挙句に心が折れることもありますが、
海の向こうでは大谷翔平の折れたバットが1日で7倍、
使用済みパン・・・ではなくてユニフォームが半日で25倍と急騰し、
日本人としては心躍る大谷翔平バブルが続いておりますので、
バブルが弾けないように更なる活躍を期待したいものです。

何が驚くって身長が柔道の篠原より3cmも高いのに、
顔の大きさは3分の一・・・ではなく、あの身体能力ですから、
努力の賜物というのも大前提ですが、ほんとに驚くばかりです。

さて、スポーツ以上に身体能力というか、
フィジカル(資金力)が物を言うのも現実の市場ですが、
昨夜の米国を始め海の向こうはフィジカルを感じられない薄商い、
本日の我が国もSQ日にも関わらず売買代金は2.43兆円ぽっちであり
SQ分の1000億円弱を差し引けば2.33兆円程度の薄商い・・・

シリアリスクを警戒しているのか、貿易戦争再燃リスクを警戒しているのか
これらのきっかけとなりがちなトランプマンの呟き発作を警戒しているのか
どれもいつ起きるのかわからず、トランプマンの呟き発作に至っては、
トランプマンが屁こいて寝ている時間しか安心できない状況ですから、
週跨ぎなんてもってのほかということでの薄商いとも言えます(笑)

市場参加者としては、どうしても引っ掛かっているのが、
パワハラ関税による貿易戦争が目先の市場に影響することは承知しとるで!
と市場を犠牲にするのも辞さないトランプマンの姿勢であり、
しかもトランプマンにとって最も重要な支持率は上昇しているだけに、
支持率でも低下してくれないことには、
市場を犠牲にする姿勢も変化しないとも言えますから、
トランプマンの呟き発作が材料としての鮮度が落ちてない現状では
薄商いも仕方ないと言えますけどね・・・

ちなみに一応、FBの公聴会、米消費者物価、米輸入関税の公聴会、
我が国のユニクロ決算と安川電機決算、SQ、
といった今週の主要なヤマ場イベントは荒れることなく通過し、
残すところいつ起きるかわからないシリアと貿易戦争リスク、
トランプマンの呟き発作リスクはともかく、
決まったイベントとしては今夜の米金融機関決算、
今夜と明日の中国包囲網を目的としてトランプマンがカチ込む米州首脳会議
中旬(週末頃)?にも発表されそうな米財務省為替報告書なので、
これらを無事に通過して週明けを迎えると、海の向こうも商いが膨らみ、
我が国も需給の巻き戻しと共に外国人の買いにも本腰が入り、
商いが膨らんでくることを期待したいものですが・・・

もし国内外共に警戒モードだけでなく決算待ちモードも加わるならば、
海の向こうは規制強化懸念により逆風を受けていたハイテク株の決算は、
本格化するのが下旬以降であり、国内企業決算の本格化も下旬以降ですから
先に述べたリスクが再燃しなくとも、
国内外共に商いが膨らまない可能性はあります。

ただし現時点での市場の動きとしては、主役の米国市場では、
米長短金利上昇、ドル高、米株高(VIX低下)、原油高、金反落
というトランプラリー(グレートローテーション)&リスクオンであり、
利上げモードとも言える健全な動きで昨夜は終えており、
足元で逆風を受けていたFBを始めIT・ハイテク・半導体も堅調なので、
国内外共に決算待ちモードが続いたとしても、
先に述べたリスクが再燃せすに週明けを迎え、
健全と言える現在の動きが週明けも継続することになれば、
多少なりとも商いも付いて来ることにはなるでしょう。

我が国についても、さらに低下している支持率という国内独自のネタが、
やや気掛かりではありますが、今のところ市場はシカトしており、
昨日決算を発表したユニクロと安川電機、フィルCが寄り天で終えたことも
今後の決算というか発表後の値動き懸念にまでは至っておらず、
海の向こう次第という状況が続いており、
薄商いも海の向こうと同様という状況ですから、
我が国も先に述べたリスクが再燃せすに週明けを迎え、
現在のベタな円安・株高の動きが週明けも継続することになれば、
多少なりとも商いも付いて来ることにはなるでしょう。
皮肉なことではありますが、薄商いだからこそ、
資金が集中しているようなマネックバブルが終わることも、
商いを伴った幅広い日本株物色を後押しすることにはなりそうです。

ということなので、先に述べたリスクが再燃しなければ、
週明けから下旬までの目線としては、リスクオンでの反発モードが続く
というシナリオに変わりはなく、だからこそ本日(週末)までは、
国内外共にもう少し軟調と見ていたのですが、
随分と堅調なまま週末を迎えているので、
もし週末にトランプマンがやらかすようだと、
大きめのGDで週明けも迎える可能性は高くなっており、
素直にリスクオフモードへと突入することになりますが、
何事もなく週明けを迎えたとしても、多少のGDはあるかも知れないです。
(その場合は寄り底もしくは月曜底でしょうけどね)

いやはや何事もなく週明け迎えて頂きたいものですが、
ひとまず今夜の海の向こうの動きを見極めた上で、
来週の見通しについては、改めて週末の記事で書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 不沈艦日記. all rights reserved.