FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
あれやこれやの週末
こんにちはです。

がっつりとゴリゴリ筋トレではなく、しっとりと大人な読書でもなく、
ネチネチと四季報に目を通す週末ですが、
昨日はオシャレの欠片もなく、かといって昔ながら感もなく、
単なる吹き溜まりのような近所の喫茶店へモーニングを食べにカチ込むと、
珍しく人で賑わっており、知る人ぞ知る店ならぬ誰も知ろうとしない店、
隠れ家ならぬ隠れざるを得ない店から脱却し、
雑誌や食べログ的な媒体にでも紹介されたのか、
それともあまりにも吹き溜まり感のある小汚い店が、
逆にインスタ映えするとか・・・なんてするはずもなく、
当然ながらオシャレ女子が賑わっているはずもなく、
近所で工事が始まったせいで、作業服姿のおっさんや兄ちゃん達が、
飯場かのように賑わいを見せているだけなのですが・・・

いつもの如く喫茶店らしくコーヒーの香りが漂ってないのはともかく、
もはや火事?119に通報しそうなくらいの煙が充満しており、
いくら禁煙社会が当たり前になりつつある世の中に反し、
喫煙を自由にしている店とは言え、作業員たちの喫煙率が高いせいか、
火事を通り越して幻想的ですらある霧のような煙に包まれる店内・・・

そんな視界の効かない霧の向こうには、
世の中と言うか社会に反していると思われるこの店の常連でもあり、
当ブログでもお馴染みの往年の仕手ジジイが、煙を吐き出す煙突ではなく、
頭に被ったアメリカ横断ウルトラクイズばりのハットが
雲上に現れた塔のようにそびえ立っており、
ハットと共にカリスマダフ屋のようなナイスなファッションに身を包み、
輩感のある舎弟?弟子を引き連れている異彩を放っているからなのか、
作業服軍団も距離を取っており、店内が混んでいる割には、
仕手ジジイの周辺の席が空いていたので、近くの席へ向かうと・・・

仕手オヤジの弟子の一人であるパワハラで話題のレスリング出身?
のゴツイ身体の兄ちゃんに対していつもの如く、
周りから見れば睨み合いのようにも見えるのですが、
同じ耳潰れ協会員あるあるというか、
同志のような親しみ感覚での目だけの挨拶を交わして着席・・・

そしてこれまたいつもの如く聞き耳を立てていたのですが、
弟子たち以外にも見掛けないスーツを着た兄ちゃんも同席しており、
どうやら証券会社の者っぽかったのですが、
朝からパワフルにカツカレーを食っている仕手ジジイに対し、

「朝からカツカレーって元気ですね、ゲン担ぎですか?」
「ルーティーンっちゅうやっちゃな、イチローもカレー食っとるやろ?
 だからワシも始めたんや」

え?そうやったの?ゲン担ぎとか好きで食ってるんやなかったのか?
思わずコーヒーを吹き出しそうになりましたが、
まさかイチローに感化されてたとは意外・・・

さらにスーツくんが、

「このカツライス始めましたって言うのは、どういうライスなんですか?」

と聞くと、レスリングゴリラが割って入り

「加古川名物とかでケチャプみたいなのを掛けたカツメシのパクリですわ」
「アホか、ケチャップやなくてデミタスソースやろ」

とドヤ顔で訂正するもデミグラスと間違っている仕手オヤジ・・・

「ああ、加古川のカツメシですか、デミグラスソースの奴ですね」

とシレっと訂正するスーツくん・・・
仕手オヤジの間違いを正さない習慣が調教されているレスリングゴリラは
キョトンとしておりますが、そこに当店の名物ユルキャラというか、
ジャガイモに割り箸を刺したようなボディのジャガバッシーが現れ、
レスリングゴリラに対し、

「カツメシのパクリちゃうわ、オリジナルや!」
「いやでも、どう見てもどう味わってもカツメシですやん」
「アホか、カツメシは箸で食べるけど、うちはサジや」
「じゃあ味はカツメシですよね」

いやいやサジって、久し振りに聞いたわ・・・やなくて、
アンタら、加古川の有名なカツメシ屋は、
カツライスって言うてる店もあるし、スプーンを出してる店もあるから
二人とも微妙に間違ってますけど・・・と思いつつも、
結局はカツメシのパクリやけどなとツッコミたくもなりましたが、
ジャガばっしーはレスリングゴリラに対し、

「ゴッツイ身体しとんのに細かいこと気にせんでええねん」

といって立ち去ったジャガばっしーですが、
他の作業服軍団の二人がカツライスを注文すると、

「カツメシ2つーー」

と当たり前のように厨房のマスターに伝えるジャガバッシー・・・

すかざず「言うてるやん!」と突っ込むレスリングゴリラ、
意に介することもなく忙しく働くジャガばっしー・・・
私も思わず心の中で「カツライスじゃないんかい!」とツッコミましたが
細かいことは気にするなというジャガばっしーに従い、
王者の風格でモーニングを食べながら、
仕手オヤジとスーツくんの会話に聞き耳を立てていたら・・・

相場が荒れてこその仕手オヤジには関係ないと思っていた政局について、
あれやこれやと話していたのですが、やはり市場の住人だからなのか
双方共に今回の森友学園騒動については楽観しているようで・・・

そんなことよりも産廃が埋まった土地の取引なんか山ほどあるとか、
国有地の土地の取引の闇とか、某住宅巨大組織の建物は、
そんな土地も絡んでいるのはアホでも知っとる話やと言っており、
国有地の話はともかく、それ以外の話は知りませんけど・・・
と心の中で突っ込みながら聞いておりましたが、
ザックリ言えば氷山の一角に過ぎず、土地だけではなく、
さらに現政権だけでなく野党時代も含め昔から恒常的にあることやとも・・
だからこそ政治家よりも、忖度を口実にしている役人側の問題であり、
それを食いもんしている連中がおるんやと持論を展開してました。

真偽も不明なのでハッキリは書けないですけど、
そういえば土建屋の棟梁をやっている友人は、
昔から同じようなことをよく言ってたので、
その通りであれば、政治家が口を挟んでいたとしても
政治家が主導ではない闇の深さも感じますけど・・・

そんな真相はともかくとしても、
昨日は友人のトラック野郎にも森友学園騒動について聞いてみると
野党嫌いにも関わらず、今回は与党を擁護する気にならんと言っており
そもそもトラック業界には安倍政権は都合が悪いだけでなく、
景気が良ければ活気付くのが物流業界ではありながら、
ここ10数年近く待遇が良くなるどころか悪くなっており、
しかも身体を壊すのも覚悟の上で働いて稼ごうとしても、
働き方改革の波とかで特に目を付けられている業界であるだけでなく、
将来的には自動運転が始まるし、倉庫内作業や荷下ろしも自動化の波があり
これまで肉体を使って貢献してきた者には、
ロボット化やAIの波は、社会的には便利になっても、
社内的には何の恩恵もない将来しかなく、
むしろ原始人扱いされるだけになるので、
中高年の野生のゴリラが社会に溢れるぞと(笑)

だからこそトラック業界で肉体を駆使して働くゴリラには、
景気がどうこうとか言うレベルではない気がすると嘆いており、
もはや社会的とか将来的という目線はなく、
政治はどうでもええかなと思うようになってきたそうです。
そういえば土建屋の棟梁の友人も同じようなことは言っており、
唯一無二の職人以外の肉体だけのゴリラには、
自業自得とは言え、厳しい時代が来るとは言ってました(笑)

私も脳みそ筋肉だけでなく身体もゴリラ一筋でしたけど
そんな私を含めたゴリラーズな友人の話はともかくとして、
偏向報道がひどいマスコミの報じ方を差し引いたとしても、
今回の騒動に対する世間と私を含む市場との温度差が、
かなり開きがあるように感じるだけに、真相はどうであろうとも、
いくら野党がバカらしくて安倍政権を応援・擁護するにしても、
ちと良からぬ事態が起きることも覚悟しておいた方がいいのかなと・・・
市場参加者は損得に大きく関わるからこそロジカルにも考えがちですが、
感情に勝るものがないのも人間ですからね。

以上、話が散らかってしまいましたが、
カツライス、カツメシ論争の週末と言うことにしておきます。

引き続き、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.