FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
しれっとトリプル安な親分と子分だけに・・・
こんばんはです。

これまでは株高の理由ばかりが溢れていたので、
やっとこさ金利上昇に対する諸説が飛び交うことになったのは、
真っ当というか冷静になったのかなと思うばかりですが・・・

そんな中、我らが黒田ドラッグ(日銀)は空気を読まず・・・失礼、
金利上昇?ハァ?まだまだ上昇させるかボケナス!
イールドカーブは弄り倒すけど長期金利は1%超えさせへんで!
とばかりに神の手でピンポイントなお薬を処方し(長期債の指値オペ)、
先進国の中でも際立つドーピング(金融緩和)姿勢を見せつけております。

我が国はデフレ脱却に至っておらず、先進国の中で最も物価が弱いので
ゴリゴリドーピングも仕方ないのでしょうけど、昨日も書いた通り、
米国(FRB)ですら物価目標2%達成しないまま薬抜きしているので
物価目標2%原理主義ってのはどうなのかと改めて思うと同時に、
先進国の中で薬抜き(出口)が最も遅れるであろう我が国において、
バブルのシワ寄せに襲われないことを願うばかりです。

そのシワ寄せの震源が仮想通貨なのかどうかはわかりませんけど、
日本は仮想通貨の先端を走っているとか、参加者が最も多いと言われており
それが黒いドーピングの副産物であれば心配にもなるので、
そろそろ仮想通貨騒動をソフトランディングさせ方がとも思うのですが、
本日も金融庁がコインチェックにカチ込んでおり、次は検察の大名行列か、
意表をついて古都ながら先進的なサイバー犯罪が大好物な京都府警が、
カチ込みをかけそうな勢いなだけに、
ハードランディングな着陸態勢に見えなくもないです・・・

何やら市場では米国発のテザーショックとも言われてますけど、
結局は日本が最も大きな影響を受けそうな気がしなくもないです・・・

ちなみにテザーという仮想通貨のしくみとか騒動の顛末を見ていると、
事実であればやはり仮想通貨が金融政策の効果を阻害しているのでは・・
テザーだけでなく仮想通貨全体の時価総額という「量」から見ても
結果的に仮想通貨が低インフレの一因になっているのでは・・・
と思えるのですが、これだけは確信ではなく私の感覚的なものですけどね。

さてさて、世界的な金利上昇(金融引き締め(薬抜き)姿勢)となる一方で
黒田カルテルが麻薬を供給しているせいなのか、
ラリった人達による狂乱の宴も散見される今日この頃ですが、
とにかく連日のように書いている通り、現在の市場では、
金利上昇という熱いお風呂に対して株式市場は耐えられるのか・・・
というのが焦点であり、実際に株式市場はアチチと悲鳴を上げておりますが
金融市場ではドル安と原油高が差し水となって高温を和らげており、
実体経済ではマクロ環境と企業業績が足元で堅調なこと、
トランプマンや安倍ちゃんの政策によって先行き期待となっていることが、
高温にも耐えられる土台となっており、
今のところは阿鼻叫喚ではなく悲鳴程度に留まっているので、
大人の都合なガス抜き(需給の巻き戻し)主導での悲鳴にも見えます。

しかしながら、ここにドル高が加わってくることで・・・
株高となれば健全なトランプラリー(グレートローテーション)ですけど、
阿鼻叫喚の株安(円最強高)に変わりそうな気配も感じるだけに
ドルの動きが鍵を握ってそうではありますし、
ドル高にならなかったとしても、現在の米国の動きはトリプル安であり、
来週9日にはつなぎ予算の期限、インフラ投資法案協議も控えているだけに
トリプル安症状が長引くようだと、現在の金利上昇だけでなく、
トリプル安自体が財政悪化懸念によるものだと言われ始め、
堅調なマクロ環境や企業業績の土台効果も薄れる厄介なことになります。

しかも本日の我が国は、黒田カルテルの麻薬注入はあったものの、
動きとしては親分米国と同様のトリプル安ですから、
やはり阿鼻叫喚になるリスクはあれど、鍵を握るのはドルなのか・・・
そうなると間接的に仮想通貨が・・・という気がしなくもないですが
(シンプルな日本株目線だけでは、米株と原油が鍵ですけどね)

仮想通貨はともかく、今夜は雇用統計、昨夜決算を終えたアップル等の動き
節分の明日はイエレンおばさんの退任&パウエルおじさん就任、
明後日の日曜日はスーパーボウル、休日も無く動く仮想通貨動向、
これらによってドル(為替)を始め金利(債券)、株式市場、原油が、
どう動くのか・・・今の流れが止まるのか・・・
もはや週末なので見極めるしかないです。

ちなみに相場格言やアノマリーの中には、
御存知の通り、現在は逆の動きながら「節分天井、彼岸底」とか、
スーパーボウル理論というのものがあります。

節分天井、彼岸底は読んで字の如くですが、米国のスーパーボウル理論は、
AFCのチーム(今年はペイトリオッツ)が勝てば、今年のダウが上がり、
NFCのチーム(今年はイーグルス)が勝てば、今年のダウが下がる、
という理論ではありますが、過去10年では5割しか当たってないので、
ペイトリオッツが勝てば、気分的に株価上昇期待が高まり、
負ければ気分的にPAY取りオッツ(強引w)な感じで株価にも水を差す、
という程度で見ておけばいいちょっとした占いイベントです。
(試合開始は日本時間の週明け5日午前8時30分からです)

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.