FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
口撃が乱舞するものの結局は・・・
こんばんはです。

ムニューチンのドルフニャチン発言に対してドラギえもんが、
「誰かの口撃のせいでユーロ高になっとるがな!」と皮肉を浴びせ、
今度はトランプマンがドラギえもんは黙れとばかりに、
ムニューチンを擁護するのかと思いきや「俺様は強いドルが見たいんや」
とまさかのドラギえもんを擁護するような口撃を炸裂・・・(笑)

さすがにこの展開だけは想像もしてませんでしたが、
他にもTPPに参加してもいいと手の平返しな発言をしてみたりと、
予測不能な人物ですから、先日の健康診断にて、
大統領が精神状態の検査を受ける(受けさせられる?)のも頷けます(笑)

以上の様な口撃の飛び交うドタバタ劇が繰り広げられたので、
いざとなったら我らがコスプレおじさん(麻生財務相)も、
曲がった口の口撃で円高を牽制してみたり、
黒ちゃんには久々に黒電話(レートチェック)をしてもらうとか、
負けずに口撃合戦に参戦して頂きたいものです。
(何やらミスター円(榊原)のプチ口撃もあったようですけど・・・)

そして肝心の市場の動きはと言うと・・・

ドルフニャチン発言をきっかけに、ドル安が加速していたところに、
満を持して登場することになったドラギえもんが、
四次元ポケットから・・・ではなく、まだ四次元緩和は続けまっせと言い、
冒頭で書いたような皮肉も込めながらユーロ高を牽制したことで、
ドラギマジックかと思わされるユーロ安ドル高へと転じ、
さらにまさかのトランプマンの援護射撃な口撃も炸裂したことで、
ついにドルフニャチンも終わり、本格的なユーロ安ドル高へ・・・
と転じるのかと思いきや、トランプマンの言うことを誰も信用してないのか
所詮は口撃だと判断され、流れ自体が変わってないのか、
結局はユーロ高ドル安の流れは継続しております・・・
(需給的にはいつひっくり返ってもおかしくないですけどね)

そもそも足元の米国は物価以外のマクロ環境は堅調、企業業績も堅調であり
税制改革効果とインフラ投資期待によって先行きへの期待もあり、
だからこそ金融引き締めに動いていると言うのであれば、
米金利上昇(米債券安)ドル高、米株高となるべきなのですが、
ムニューチンがポロリしたドルフニャチン(ドル安)の方が、
米マクロ環境と米企業業績には追い風であり、
さらに金利も上昇しない方が負荷にはならないですから、
そうなれば市場も適温相場だと言ってくれるので、
ジャイアン米国には都合がいい米金利低下、ドル安とも言えるのですが、
やっとこさ米金利が真っ当な上昇をしてきたかと思えば、
せめてドルの頭は抑えるとばかりに、ドルフニャチン口撃を喰らわす・・

ほんまに呆れるばかりですが、こういう動きを見ていると、
今秋の中間選挙まではマクロ環境と企業業績、米株を支えるために、
何としてでも米金利とドルは抑えるつもりなのか・・・
少なくともどちらか一方は抑えるつもりなのか・・・
という自己都合な意志を感じられなくもないです。

そうなると円高が続くことで日本株は・・・という心配も募りますが、
その代わりにTPPへ参加すると言い出したのかと疑いたくもなります。

とりあえずユーロ高ドル安、円高の流れが変わらなくとも、
米株と原油が崩れなければ、市場の空気は悪化しないので、
日本株だけが軟調となっても限定的と言えますが、
米株と原油が崩れなくとも、
為替市場で現在の企業想定為替レートの1ドル110円を割っているので
ユーロ高ドル安が続くにしても、せめて1ドル110円まで戻すなり、
これから本格化する国内企業決算において、
堅調な結果&EPS上昇だけでなく、
業績懸念の台頭しない企業想定為替レートにならないことには、
現在の円買い・先物売りという需給の巻き戻しが継続するでしょうし、
巻き戻しが終わったとしても、日本株だけが・・・
というかつてのようなシワ寄せモードに陥ってしまいます。

まぁでも海の向こうの需給環境は、ドル、ユーロ、米債、米株、原油を始め
いつ巻き戻しが起きてもおかしくない状況なので、
巻き戻しはシワ寄せの我が国だけで、海の向こうは中間選挙まで、
巻き戻しが起きないというのも無理があり、
遅かれ早かれ海の向こうも巻き戻しが起こるとは思いますけどね・・・

そのきっかけが今夜のトランプマンのダボス会議での演説なのか、
来週のFOMCやトランプマンの一般教書演説、
月初恒例の雇用統計を始めとするテンコ盛りの米経済指標、
イエレンおばさんの退任、本格化する国内外の企業決算等なのか・・・

もはや週末なので、今夜の海の向こうの動きを見た上で、
改めて週末に来週の展望を書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.