FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
黒いクリスマス
おはようございます。

町はすっかりクリスマスムードが漂っており、
近所の住宅街の一角でも、自前のイルミネーションが飾られ、
年々エスカレートしている煌びやかさを見るたびに、
もはや近所同士の見栄張り合戦じゃないのかとしか思えず、
素直にきれいだなとは思えない複雑な思いになります(笑)

そんな煌びやかさの裏に潜んでいるであろうドス黒さを感じながら、
イルミネーションを抜けると、何気にオシャレなマンションがあるのですが
そこには近所ではちょっとした有名人と言うか、
地域の奉仕活動等には積極的に参加しているとか、
近所の公園での子煩悩ぶりや愛想の良さが評判の人物が住んでおり、
実際に顔を合わせると知り合いでもないのに笑顔で挨拶をしてくれるので
キュートなスキンヘッドであろうと、笑顔の目の奥に潜む怖さを感じようと
気分の悪いことではないので、明るく挨拶を返しているのですが・・・

そのキューティーハゲ丸おじさんのお仕事?については、
本人は認めてないというか誰も聞けないだけなのかは不明ですが、
翼を広げて空を飛ぶ航空会社勤務ではなく、
右にだけ翼のある車を運転する政治団体に勤務しているのは明らかであり、
近くの駐車場には、重厚な白黒ボディに、
漢字と国旗の入ったイラストの書かれた痛車が駐車されており
本人も堂々と乗っているので、間違いはないでしょう(笑)

ぞんなプチ有名人の右山翼(仮名)さんの頭がイルミネーションではなく
マンションのベランダには、よじ登っているサンタさんの人形が光っており
周りにも煌びやかなイルミネーションが輝いているのですが、
窓から透けて見える家の中にはおどろおどろしい政治のスローガン・・・
E.YAZAWAのタオルのように壁に貼られた国旗が・・・

まぁ政治信条や思想はいいとして、マンションなのですから、
夜に点滅させて近所迷惑にならんのだろうかと思っていたのですが、
当ブログでお馴染みのバングラ野郎に聞いたところ、
どうやら近所には断りを入れているようで、
(怖くて断れない説もありますが・・・)
律儀に20時には消灯しているそうです。

そんな得体の知れん右山翼さんのマンションを見ながら、
お前も十分に怪しいゴリラかプロレスラーみたいやぞ!
というどこからともなく聞こえる声も無視しながら、
いつもの如く、日本人のバァちゃんがオーナー(兼レジ係)であり、
先ほどのバングラ野郎とその嫁、スリランカくんとその彼女、ネパールくん
美しすぎるポーランド人空手家といった異国の面々が切り盛りしているのに
和食の一膳飯屋という得体の知れん食堂へ晩飯を食いに行くと・・・

これまたいつもの如くと言うか、毎年恒例というか、
イベントがある度に悪乗り(便乗)してスペシャルメニューを作り、
それを入り口横のホワイトボードに拙い字で書いており、
当然ながら今はクリスマスに便乗しているので、
ホワイトボードにはクリスマススペシャルメニューと書かれているのですが
なぜか「こロッケ」と平仮名混じりで書かれており、
何がクリスマスなんや?「こ」だけ平仮名というのに何か意味があるのか?
と考えながら、スベリが良すぎる扉をサピーンと開けてカチ込むと・・・

入口横のレジではオーナーのばぁちゃんが
炭酸好きのトランプマンとかバフェットといった著名な老人に負けじと
大好物のスプライトをお供え物のように置いて座っていたので
手を合わせてお線香・・・ではなく
「まいど、こんばんは」と挨拶したものの、
右山翼さんのような明るい挨拶が返ってくるわけでもなく、
生体反応もなし・・・仮死状態という通常運転です。

いつものことなので気にもせす通り過ぎるのですが、
ふと視界に入った婆ちゃんの頭に違和感を感じたので、
足を止めて振り返り、改めて確認すると・・・

え?白髪やなくて真っ黒やがな・・・しかもボリュームが・・・
え?ウィックというかヅラなのか?何なの?と混乱していると、
サンタ帽を被った美しすぎるポーランド人空手が、
ニヤニヤしてこちらを見ていたので、ばあちゃんの頭を指さしながら、

「どういうこと?」

と声を出さずに伝えても、ニヤニヤしているだけ・・
すると厨房の奥からバングラ野郎が

「イラサイマセースゥー」

という謎の語尾と素っ頓狂な声で現れ、相変わらず近過ぎる間合いで、

「メリークリスマスッスゥー、僕ムスリムダケド・・・ギャハハハ!」

なにがおもろいねん・・・と呆れながら、
バングラ野郎にはテロリスト疑惑もあったけど(私が勝手に)、
こいつだけは違うなと確信した瞬間でもあります(笑)。

そんなことよりも、ばあちゃんの頭を指差しながら小声でバングラ野郎に

「これはなんや?」

と聞くと、デカい声で

「ヅラデスッス、サンタ帽ジャナイヨ、ギャハハハ!」

今度はちょっとおもろいやないかと思いましたが、
そんなデカイ声であっさりヅラって言うので、

「聞こえるやないか・・・」と小声で諭したものの、

「大丈夫デスッス、ミンナニバレテマスッス」

いやいや、バレてるとかじゃなくて・・・アホらしくなったので
ばあちゃんの耳が遠くて聞こえてないことを祈りつつ、

「そうなんや」

と言って切り上げようとすると

「今日ノオススメ、コロッケデスッス」

とバングラ野郎が押し売りしてくるので、

「なんでクリスマスメニューがコロッケなんや?」

「台風コロッケ アルデショ?ダカラ クリスマスコロッケ デスッス」

「はぁ?」

もはや意味不明なのですが、さらに、

「デモ ビーフコロッケジャナイヨ、ムスリムダカラ・・・ギャハハハ!」

だから何がおもろいねん・・・というか、メチャクチャやな・・・
っつうか、豚がダメで牛はいいのでは?
と思ったものの、そもそもトンカツがメニューにあるくらいですから、

「じゃあビーフじゃなく、何コロッケなん?」

「イモダケデスッスヨ」

「全然スペシャルじゃなくて、安もんのニセコロッケやな」

「チガイマスッス!見テヨコレ!」

と言われたのでコロッケを見ると、ソースではなくカレーが・・・
そしてバングラ野郎がドヤ顔で

「カレーコロッケネ」

上からかけるカレーコロッケって・・・斬新やけど・・・
台風やなくてクリスマスコロッケというネーミングも含め
突っ込みどころが多過ぎて面倒になったので

「そうやな、スペシャルなカレーコロッケやな」

とテキトーに返しておきました。

当然ながらカレーコロッケを押し売りされたので食べましたが、
予想通りの味過ぎて、スペシャル感はゼロでした。

そして飯を食い終え、ヅラばあちゃんのいるレジへ向かうと、
まさかの今度は白髪頭が・・・

え?取った?そんな気軽に着脱を・・・

さっきの会話を気にして取ったのか?

それともバングラ野郎の言う通り、
みんなにバレてるというのは、そういうことだったのか?
ん?なんや?どういうことや?
と笑いをこらえながらレジへ行くと、レジの横にヅラが・・・

これは突っ込んでいいということだと思ったのですが、
ばぁちゃんは自らの激変した髪型に対して、
何事も無かったように王者の風格で、
「まいど」と言ってお釣りを渡す老獪なインサイドワークを見せ、
それに翻弄された私は突っ込むタイミングを失い
そのまま店をあとにしました・・・

いやはや、近所の住宅街での心の奥に潜む黒さも感じるイルミネーション
近所で評判ながら黒い組織のイルミネーション頭な右山翼さん、
クリスマスの装いなのか黒いヅラを被るバングラ食堂のばぁちゃん、
なんとも色んな意味で装った黒いクリスマスだなと・・・

引き続き、良い週末&クリスマスをお過ごしください。

お手数ですが、下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.