不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
王者の風格で丘サーファー
こんばんはです

もうはまだなり、モウは牛なり状態が本日も続いた日本株・・・
日経平均は2015年5月以来の11連騰となり、
売買代金も2.5兆円と微妙に商いも伴っております。

そんな中、私は丘サーファーと化しておりますが、市場においては
「そろそろ過熱してるのでは?という声が多いからこそまだ上がる」
と見ている方が多いからこそ、私としては警戒感は増すばかりであり、
そもそも浜辺から海(市場)を見る限り、
今さら乗る気にもなれない状況や動きが続いているので、
乗れてないだけの丘サーファーやろ!
言い続けてたらアホでも当たるやろ!
という揶揄も気にせず、
ケツを掻きながら王者の風格で海を眺める丘サーファーと化してますw

そういえば実際の海の方では、
何やら衆院選投開票日あたりに台風が上陸するとか、
台風の影響で天候が悪くなるとも言われており、
投票率が低くなれば組織票が物を言うので、
トランプマンにとってハリケーンが神風となったように、
安倍ちゃんマンにとっても台風が神風(追い風)になるかも・・・
ただし台風21号は「ラン」という名前だそうなので、
まさに「乱」を引き起こすかも・・ちょっと言いたかっただけです(笑)

台風はともかくとして、実際に浜辺から海(市場)を眺めると、
本日の我が国は債券安(金利上昇&イールドカーブも立っている)ながら、
メガバンコが売られていたり等、違和感のある動きが続いており、
昨夜の米国市場は債券安(金利上昇)ドル高にも屈せず米株高となり、
動きとしてはトランプラリーでしたが、相変わらずの薄商いであり、
米債券(米金利)ドル共に昨年末のトランプラリーの水準とは程遠く、
一方で米2年債利回りは08年11月以来の水準にまで上昇しているので
米国市場全体のピーク感が増しているだけでなく、
FRBの金融引き締め姿勢の強硬感も増しているような動きに見えます。
(昨夜の欧州・英国が債券高、株安となっているのも違和感です)

もし・・・米長期債やドルの動きが正解ではなく、
米株と米2年債(短期債も)の動きが正解だと言うならば、
これから本格化する米企業決算が足元の数字ではなく、
先行きの見通しが堅調な結果となり、
トランプマンの税制改革も無事に議会を通過することになれば、
これらを裏付けに米長期債とドルも米株と米2年債に合わせる動きとなり、
商いも伴う真っ当なトランプラリーとなりますが・・・

これらの裏付けが無いまま、金融引き締め姿勢だけが変わらなければ、
米債券安(短・中・長期債共に)ドル高、米株安
という足元の需給環境にも則したマネーの逆流となります・・・
(欧州は債券安株安、我が国は債券が未知数ながら円最強高・株安)
こうなった場合、単なる需給の巻き戻しと解釈されればいいのですが、
無理矢理な金融引締め姿勢でバーナンキショックみたいになったとか、
最も厄介なバランスシート縮小による得体の知れん影響との解釈になると
疑心暗鬼の連鎖による信用不安も招きかねないですからね・・・

だけに、こういった厄介なマネーの逆流ではなく、
何かの悪材料をきっかけに米長期債やドルの動きが正解だったということで
米債券高(米金利低下)ドル安、米株安、
欧州は英欧債券高・ユーロ高・株安、我が国は債券高・円最強高・株安
という世界的な債券買い・株売りというベタなリスクオフとなった方が
疑心暗鬼を招かないわかりやすい動きと言えますし、
火消しや裏付け材料によって沈静化しやすいとも言えます。

そして何より、リスクオフの間に米債券買い・ドル売りの各ポジが
さらに積み上がる一方で米株のガス抜きが進めば、
何らかの裏付け材料等をきっかけに米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高
という需給の巻き戻しと一致するトランプラリー(リスクオン)となり
グレートローテーションだと言われる可能性すらもあります。

以上の通りなので、カリアゲマンを口実にするのは程度によりますけど、
今のうちに何らかのリスクを口実に米株のガス抜きさえしてくれれば、
裏付け材料と米金融政策のサジ加減次第ではありますが、
息の長いトランプラリー&グレートローテーションも期待出来ます。
一方、このまま米株がガス抜きしないままだと、
裏付け材料が良かろうとも織り込み済みとなってもおかしくないですし、
もし織り込み済みとはならずトランプラリーの動きになろうとも、
かつてのような米債券高ドル安米株高という御都合解釈相場になろうとも
息の長い相場は期待できないと言わざるを得ないです。

そして我が国においても、ガス抜きしない(止まらない)米株が続く限り、
安倍ちゃんマンが衆院選で大勝利となろうとも、
私の丘サーファー生活も続きそうです。

ただし溜まったガスを呑み込む大商いでの株高が継続するようであれば、
フィジカル原理主義の私としては、あれこれ気にせずリスク覚悟で、
丘から海へサーフボードを持って飛び込みますけどね。

ちなみに今夜以降もカリアゲマンリスクが燻っていたり
動くきっかけとなりそうなイベントは多いですが、
その辺の詳細は昨日と一昨日の記事を御参照ください。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通り私の見方は変わりませんけど、
国内の動きよりも、商いの伴った米株高が「継続」でもしない限り、
明日も含めて今週はその日限りの勝負に留めておきましょう。
もし株高が続いたとしても御縁が無かったと割り切るくらいでいいです。
ただし私の見方はごく少数の丘サーファー状態なのも事実なので
衆院選まではリスク覚悟で勝負するという方は御自由にどうぞ。

腰を据えて構えている方は、以上の通り危うい状況ではありますが、
ここまで上げて来た余裕もあるでしょうから、
シンプルに商いの伴った株安・円高が「連続」するまで
もしくは企業想定為替レートの1ドル110円割れという事態になるまでは
王者の風格で構えておくのもいいのですが、
くれぐれも機敏に動ける心構えくらいはしておきましょう。

新たに腰を据えて参戦する方については、
中小型や変則決算で決算発表を終えた個別はともかく、
以上の通り、危うい状況ではありますので、
せめて商いの伴った株高円安が継続でもしない限り
明日も含めて今週は腰を据えて新たに参戦する必要はないでしょう。
来週からは国内企業決算が本格化するので
決算を見据えた銘柄選別に費やせばいいでしょう。

新興市場については、マザーズが三日続落(三日共にやや商いを伴って)
JQは商いを減少させての小幅反発なので、上昇局面では商いが増加、
下落局面では薄商いという上げゴリモードに転じたとは言えない状況です
従ってシンプルに商い伴った上昇が継続するまでは、
資金の集まっている国策&テーマ株以外では、
引き続き全体としては、警戒モードで慎重に構えておきましょう。

そして先にも述べた通り、海の向こうや主力大型株は危うい状況であり
世界的なマネーの逆流やリスクオフとなれば新興市場も無視はできないので
新興市場とも連動性の高いアップル、FANGを始め米欧日のハイテク株、
債券動向(債券安にはハイテク株も新興市場も弱い)、
国内としては新興市場(個人)とも密接な任天堂、ハゲバンク動向、
他にもバブリーな仮想通貨、HY債くらいは横睨みしておきましょう

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
日経
米国人 | URL | 2017-10-18-Wed 10:01 [編集]
こんにちは。少し相場を見てなかったのですがすごいところまで上げてますね。選挙という言葉に反応して上げてますが、出口はどうなるのでしょうかね。まさかのここらでヨコヨコなのか、黒田日銀に買わせるという形になるのか。わたしもこんなすっ高値では書いたくないですね。
米国人さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-10-18-Wed 11:31 [編集]
> こんにちは。

こんにちは。

> 少し相場を見てなかったのですがすごいところまで上げてますね。
> 選挙という言葉に反応して上げてますが、出口はどうなるのでしょうかね。
> まさかのここらでヨコヨコなのか、黒田日銀に買わせるという形になるのか。

崩れると見てますけど、
崩れるにしても逆流ではなくベタ(健全)にリスクオフになれば、
長い目では明るいですけどね。

> わたしもこんなすっ高値では書いたくないですね。

東証と大証にミサイルでも落ちない限り、相場はこれからもずーっと続くわけですからね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.