不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
薄気味悪さとジェイソンリスクとその先
こんばんはです。

我が国では「改ざん」と「解散」の風が吹く中、
「階段」を登るように日本株を始め世界的な株高が続いております。

そんな中、昨夜の米国市場では相変わらず債券とドルは置き去りのまま、
米株は3指数共に相変わらずの薄商いながらも「階段」を登り、
史上最高値を更新しております

9月以降の基調として見れば、
米債券安(米金利上昇)ドル高・米株高というトランプラリーなのですが、
昨年末のトランプラリーと比べると、米債券(米金利)とドルの水準、
米株の商い、これらが中途半端なトランプラリーなので、
市場全体のマネーの動きも含め、何とも薄気味悪い動きが続いております。

薄気味悪さの原因が、カリアゲマン等の地政学リスクなのか、
トランプマンの税制改革を始めとする政策実行力への疑念なのか、
昨年末からの鈍化傾向から脱したとは言えない物価と米個人消費、
といったFRBの金融引き締め政策の足枷となっているマクロ環境なのか、
今夜の米金融決算を皮切りに来週から本格化する米企業決算待ちなのか、
米債券、ドル、米株共に巻き戻しリスクが高まっている足元の需給面なのか
米株が数値的に割高だからなのか、
それともすでに始まっているバランスシート縮小の影響なのか、
これだと言える原因はわかりませんけど、全てとは言えます。
あっ・・・でも、現在の米金利(米債券)の動きを見る限りでは、
最も得体の知れないバランスシート縮小の影響には見えないですけどね。

米債券、ドル、米株で薄気味悪さの原因を分けるとするならば、
全てに共通するのは足元の需給環境ですが、
置き去りの債券とドルについては、カリアゲマンの地政学リスクの燻り、
トランプマンの税制改革動向(財政リスクも含む)、
FRBの金融政策動向(物価と個人消費を含む)と言えます。
米株の薄商いについては、税制改革動向と米企業決算の行方が、
現状では割高な米株を正当化できるか否かを決めることにはなります。

従ってこれら薄気味悪さの原因に関わる今週のイベントとしては
今夜と明日の米金融決算(決算は堅調でしょうから発表後の値動き)
今夜のブレイナードFRB理事講演、米30年債入札、
明日の米消費者物価と米小売売上高、
投票権を有するシカゴ連銀総裁とダラス連銀総裁の講演と言えます。
G20は余計なことさえ言わなければ大丈夫でしょう
(欧州では今夜にドラギのオッサン講演)

来週のイベントとしては、本格化する米企業決算発表、来週末の米SQ
(中国では18日に共産党大会もあります)
今週と来週も含めた中旬のイベントとしては、
トランプマンの税制改革の前哨戦とも言える18年度予算の上院での採決
次期FRB議長候補の発表、米財務省の半期為替報告書でおます。

これらが全てネガティブな結果となれば、
素直に米債券高・ドル安・米株安のリスクオフですが、
米金融政策だけが強気スタンスのまま変わらなければ、
いつも書いている最も厄介な米債券安・ドル高・米株安となります。
当然ながら全てポジティブな結果となれば、
薄気味悪い(中途半端な)トランプラリーではなく、
昨年末の様なトランプラリーやで!と言いたいのですが、
「織り込み済み」となる可能性も十分にあり得ます(特に米株)

そして我が国ですが、米国次第というのが大部分ではありますが、
衆院選という国内独自の材料もあり、史上最高値更新の米株に対して
日本株は21年ぶりの高値程度であり割高感もないですから、
米国が平和であれば、米国以上にポジティブな動きになる要素はあります

ただし日本株も相変わらず商いがイマイチであり、
足元では裁定買い残も円売りポジも積み上がっており、
米国と同様、薄気味悪い動きと言えますので
薄気味悪さの原因が、米国市場の薄気味悪さなのか、
カリアゲリスクなのか、衆院選での万が一の結果への警戒なのか、
再来週から本格化する国内企業決算待ちによるものなのか、
足元の需給環境なのか、どれなのかはわからないというよりは、
全ての原因を内包しながらも衆院選への思惑が薄めているという感じです。
(明日がSQという需給イベントもあるでしょうしね)

従ってこれらの薄気味悪さの原因に関わる今週の国内イベントとしては
米国を含む海の向こう以外のものでは、明日のSQでおます。
出遅れている指数寄与度の大きいユニクロが、
本日の引け後に堅調な決算を発表しているので、
ユニクロとハゲバンコが入れ替わるのかなという気がしなくもないです。

来週の国内イベントとしては、16日の日米経済対話、
4月17日安値の裏と言う需給の節目、来週末の衆院選、
継続しているものとしてはカリアゲマンリスクといったところです。

以上の通り、薄気味悪い危うさの漂う市場ではありますが、
日米を含め世界的にもお気楽な株高が続いているのも事実なので、
リスク覚悟で割り切って?馬鹿になって?波に乗るのも自由ですが、
くれぐれも御注意ください。

そして13日の金曜日でもある明日は、
先に述べた中旬の大きなイベントが控えている状況ではありますが
国内ではSQ、米国では消費者物価と小売売上高等が発表され、
一つ目のヤマ場とは言えますので、ジェイソンが出てくるかも(笑)
そういえば映画「13日の金曜日」シリーズの中で「ジェイソンNYへ」
なんて副題のある作品もありましたので、
明晩のNY市場にジェイソンが牛を殺しに来るかもしれまへん(笑)

ということで、明日のスタンスとしては・・・

週跨ぎの持ち越し短期勝負の方については、
以上の通り、薄気味悪い危うさの漂う市場という見方に変わりはなく
明晩はジェイソンリスクもありますので、
その日限りの勝負に留めておくのが無難です。

ただし国内外共に株高が続いているのも現実なので、
以上の様な小難しい背景等ではなく、市場の動きだけで判断するならば
昨年末とは違うトランプラリーの動きながらも、
米債券安・ドル高・米株高、欧州では債券安・株高のリスクオンが継続し、
我が国は為替が企業想定為替レートの1ドル110円を割らなければ、
ジェイソンリスクは覚悟の上で割り切って勝負するのは自由でおます
当然ながらこれらの構図が崩れていたり
昨夜の様な米債券高(米金利低下)ドル安、米株安
という御都合解釈モードになっていれば、
アテにならない動き(株高)という目線で見ておきましょう。

腰を据えて構えている方は、余裕もあるでしょうから、
以上の通り、薄気味悪い危うさの漂う市場ではありますが
シンプルに商いの伴った株安・円高が「連続」するまで
もしくは企業想定為替レートの1ドル110円割れという事態になるまでは
王者の風格で構えておくという姿勢でいいでしょう。
もし明日にジェイソンが登場しても週明けに判断すればいいです。

新たに腰を据えて参戦する方については、
以上の通り、薄気味悪い危うさの漂う市場という見方に変わりはなく
明晩はジェイソンリスクもありますので、
明日にわざわざ腰を据えて新たに参戦する必要はないでしょう。
どうしても参戦すると言う方は、
持ち越し短期勝負の方と同様の判断で動いてください。

新興市場については、一昨日は商いの伴った上昇、
昨日は一昨日と同水準の商いでの小幅反落、本日は薄商いでの反発
何とも判断の難しいところですが、明日が商いの伴った上昇となれば、
上昇局面では商いが増加、下落局面では薄商い
という上げゴリモードに転じたと判断して勝負するのもありですが、
明晩の海の向こうはジェイソンリスクもありますので御注意ください。
当然ながら明日も商いの伴った上昇とならなかったり、
逆に商いの伴った反落となれば、未だ上げゴリモードに転じてないと判断し
資金の集まっている政策・テーマ株以外では、
警戒モードで慎重に動いた方がいいでしょう。

そして海の向こうや主力大型株については、未だに危うい状況と見ており、
世界的なマネーの逆流やリスクオフとなれば新興市場も無視できないので
新興市場に影響する外部環境としても、アップル、FANGを始め、
米欧日のハイテク株(ナスダックも)が債券安にも屈せず堅調なのか、
国内としては新興市場とも密接な任天堂、ハゲバンクは堅調なのか、
他にも仮想通貨、HY債、これらの動きくらいは横睨みしておきましょう

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

かずあき | URL | 2017-10-12-Thu 20:48 [編集]
色んな意味でのジェイソンリスクを
納得しました(笑)
ありがとうございました!
かずあきさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-10-12-Thu 21:10 [編集]
> 色んな意味でのジェイソンリスクを
> 納得しました(笑)
> ありがとうございました!

無理なネーミングではありますけどねw
明日はチェーンソーの爆音が響くかも知れないですw

まるお | URL | 2017-10-13-Fri 14:24 [編集]
多少円高に振れても
大幅株高ですか~


年末高だと仮定すると
22000円まで見えてくるのでしょうか・・・


まるで実感できない株高・・・


世間的にもドスンがあると言われるも
ひょろひょろと上がっていっているのげ現実ですね・・・


今年の相場は、全然結果が出せません・・・涙
まるおさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-10-13-Fri 15:44 [編集]
> 多少円高に振れても
> 大幅株高ですか~
>
>
> 年末高だと仮定すると
> 22000円まで見えてくるのでしょうか・・・
>
>
> まるで実感できない株高・・・
>
>
> 世間的にもドスンがあると言われるも
> ひょろひょろと上がっていっているのげ現実ですね・・・
>
>
> 今年の相場は、全然結果が出せません・・・涙

ヒョロ上げから一転して、今日は恐ろしい上げでしたねw
とは言え、担がれるのではなく乗り切れてないのであれば
それは御縁が無かったと思えばいいのではないでしょうか。
生き残ることが第一ですからね。
私はこういうチグハグ相場は傍観してますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.