不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ファイヤーなまま三連休入り
こんばんはです。

トランプマンは気に入らない側近のクビを切る際には
ユーアーファイヤー!そしてカリアゲマンに対しても、
ミサイルをファイアー!するぞと言って炎上しているそうで・・・

お察しの通り、言いたかっただけですが、
カリアゲマンを巡るリスクがファイヤーではなく燻る中、
明日からの三連休を控え、本日の我が国はSQを迎え、
新興企業を除く国内主要企業の決算も一巡となりました。

足元の国内の需給環境としては円売りポジの積み上がり以外は良好であり
決算も概ね堅調な結果となったことで日本株の割安感も維持されており
日本株のヨコヨコ心停止状態が始まった6月上旬から見れば
需給環境にも変わりはなく、為替は僅かに円安、割安感も増しているので、
普通に考えると大きな暴落の可能性は低く、
むしろ買われてもいいとは思えたりもするのですが、
見ての通り、ヨコヨコ心停止状態だった日本株が
昨日から下に脈を打ち始め、本日も小幅ながら続落で終えております。

昨日に続いて空売り比率は40%を超えており、
それ以前からも高水準な状況が続いていたので、
4月の様な継続的な売り圧力は窺えますし
下振れ始めた昨日もそれなりに商いを伴っていたのですが、
本日はSQ日にもかかわらず、昨日を下回る商いだったので、
本気の売りゴリモードまでは感じないままです・・・

好意的に見れば先に述べた堅調な国内企業決算とそれに伴う割安感
円売りポジ以外の良好な需給環境が下支えしているからこそ、
売りゴリモードを食い止めているとも言えるのですが、
ヨコヨコ心停止状態ではなく下へ脈を打っているということは、
決算の一巡と共に企業想定為替レートの1ドル110円が改めて意識され
現在の1ドル110円を割ったりする状況と言うのは、
業績期待と割安感を削ることにもなりますし、
やはり国内政治の低迷と北のカリアゲマンリスクが、
国内環境のリスク面として意識もされているのでしょう。

以上はあくまで国内環境なので、
円売りポジの積み上がりを含む為替と北のカリアゲマンリスクについては、
海の向こうというか米国次第ではあります。

米国自体の国内環境についても、企業決算は日本と同様に良好であり、
マクロ環境も物価と個人消費以外は堅調ではあるのですが、
金融政策を決めるFRBの本業は物価コントロールであり、
米GDPの7割を占めるのは個人消費ですから、
そんな中でFRBがバランスシートの縮小や利上げに踏み切れるのか?
という疑念が生じている状況です。

さらにトランプマンの減税策を含む税制改革等の政策実行力への疑念、
財政リスク、ロシアゲート疑惑やカリアゲとの小競り合い
といった政治の混乱が未だ続いている状況のまま、
米議会は実質的に9月まで休会中・・・

市場環境と言うか足元の需給環境を見ても
米債券買い、ドル売り(ユーロ買い、円売り)、米株買い、
原油買いの各ポジは、いつ巻き戻しが起きてもおかしくない水準であり、
米株は数値的にも割高感がある状況ですから、
FRBが政治や市場環境を無視して、マクロ・ミクロ環境だけを見て、
金融政策の判断を下すわけにもいかない状況と言えます。

そう考えると、明日に発表されるの米消費者物価が
金融政策の引き締め路線に追い風となる堅調な結果となり
米債券安(米金利上昇)ドル高になったとしても、
米株が素直に上がってトランプラリー(リスクオン)になるとは思えず
結局のところ政治リスクも解消されておらず、
現状の米ミクロ・マクロには金融引締めが重石になるという解釈となり、
米債券安(米金利上昇)ドル高・米株安
という結果的に需給面での巻き戻しと一致する動きとなりそうです。
(我が国はドル高ながら米株が崩れることでの円最強高・日本株安)
もし米株高になったとしても、足元の需給環境を呑み込むような
大商いにでもならない限り、賞味期限は短いでしょうからね・・・

一方、米消費者物価が低調な結果となれば、
米債券高(米金利低下)ドル安となるので、
ヘタをすれば米株には追い風と言う解釈になるかも知れませんが
(我が国はドル安ながら米株高となることでの円最弱安、日本株高)
先にも述べた通り、米株高の賞味期限は短い状況ですので、
債券買い・株売りというベタなリスクオフになりそうですけど、
(我が国は素直に円高・日本株安)
これまた米債券買い・ドル安余地も限定的な需給環境ではあるので
リスクオフが終わるのは米株次第となります。

以上の通り、どのようなシナリオになろうとも、
目先の市場で鍵を握るのは米株であり、
昨夜はついに米株の連騰も止まったので、
明日の消費者物価がヤマ場になるとは思うのですが、
米消費者物価を御都合解釈するようだと、市場は明確な動きにはならず
(北のカリアゲリスクを含む政治リスクも噴出しなければ)
結局はイエレンおばさんを始め中銀の親分達が自らの言葉で、
金融政策方針を話すかもしれないジャクソンホール会合(24-26日)
9月の米議会再開と共に開幕する米財政と政策を含む米国の政治寸劇
これらをきっかけに市場は明確な動きとなる可能性もあります。

なんでしょう・・・個人的には、目先は米株次第でしょうけど、
動くきっかけとなる日程が後ろにズレれればズレるほど、
まさかの債券バブル崩壊になるのか・・・
という良からぬシナリオが見えなくももないですけどね(笑)

とりあえず目先としては、今夜の海の向こうで
米株の売りは続くのか(米株次第の円と我が国の先物も)
目先のヤマ場である明晩の米消費者物価をきっかけに米株の動きだけでなく
米債券とドル(為替)を含む市場全体の動きが(原油も)
巻き戻しの加速かリスクオフ、まさかのトランプラリー(リスクオン)
いずれかの明確な動きとなるのか注目です。

そして旬の騒ぎでもある北のカリアゲマンと米の庇頭マンが
罵り合いや緊張感が高まるだけでなく
バリカンで殴り合う事態とならないのかも気掛かりではあります。

っつうか、トランプマン政権はロシアゲート疑惑がある通り
裏ではプーチン大魔王と繋がっているとも言われているだけでなく
弱みも握られているなんてことも言われているだけに、
プーチン大魔王の断りもなくカリアゲマンをファイヤー出来ないのでは?
とも思うだけに、カリアゲマンとトランプマンのトラッシュトーク合戦が
プロレスなんじゃないのかと思ったりもしますけどね・・・

まぁでもトランプマンは弱みも握られておらず、
報道されている通り、ほんまに米露関係が悪化しているのならば
プロレスではなくガチンコにもなり得るかも・・・
そうなると日本はシャレにならない当事国にもなりますので、
有事やテロには買い迎えとも言ってられないですから、
プロレスで終わってくれることを願うばかりです。
明日から三連休と終戦記念日を含む盆休みですからね・・・

ファイヤーするのは市場だけにして頂きたいものです。

本日はこれにて失礼します。
良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
巻き戻し
米国人 | URL | 2017-08-10-Thu 22:10 [編集]
こんばんは。巻き戻し始まりましたね。三連休は今年はGUが続いて来ましたが、月曜はGDでしょうか。単純に先物やオプションの手口ではわからない部分ありますが、今まで積み上げた買いの解消が始まり、9限ではプットが19000ー19250までで買われています。状況揃って来たのでそこまでのオチは9月までにあるかもしれないですね。
米国人さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-08-10-Thu 23:26 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> 巻き戻し始まりましたね。三連休は今年はGUが続いて来ましたが、月曜はGDでしょうか。

株式市場はともかく債券が買われているので、巻き戻しよりもリスクオフ感はありますが、
そうだとすると今夜が派手に下げると月曜は意外と動いてなかったという可能性もw

> 単純に先物やオプションの手口ではわからない部分ありますが、今まで積み上げた買いの解消が始まり、
> 9限ではプットが19000ー19250までで買われています。
> 状況揃って来たのでそこまでのオチは9月までにあるかもしれないですね。

出来れば早めにガス抜きをしてJホールでも9月でもいいので、
そっこから年内はドーンと行った方がわかりやすいですからね。
逆になると良からぬことになりそうですけどw
夜間
米国人 | URL | 2017-08-11-Fri 09:29 [編集]
こんにちは。昨日の夜間は見事な一本グソを久しぶりに見せて反発らしい反発がほとんどなかったです。カリアゲリスクヘッジなら三連休何もなければ急速に買い戻されるはずですが今回はきな臭く感じてます。下手をするとトランプラリー前、為替100日経17000までみにいくのではと考えてますが、ちょっと大袈裟すぎますか?
米国人さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-08-11-Fri 14:29 [編集]
> こんにちは。

こんにちは。

> 昨日の夜間は見事な一本グソを久しぶりに見せて反発らしい反発がほとんどなかったです。
> カリアゲリスクヘッジなら三連休何もなければ急速に買い戻されるはずですが今回はきな臭く感じてます。
> 下手をするとトランプラリー前、為替100日経17000までみにいくのではと考えてますが、ちょっと大袈裟すぎますか?

債券買いが続いているので、巻き戻しだけではないリスクオフ色が強く
本気のキナ臭さも感じますが、リスクオフが加速するならば
ひとまず4月安値あたりをメドでも良さそうだとは思いますが。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.