不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
目線が移りそうな週末
こんばんはです。

今週は毎月恒例の各マスコミによる支持率発表ウィークでしたが、
大トリ?となる時事通信の支持率調査では、
安倍ちゃんマン内閣の支持率が前月比15.2%減の29.9%と急落し
第二次安倍ちゃんマン内閣発足以降では最低を更新・・・
不支持率も前月比15.2%増の48.6%とうなぎ上り・・・

私としては安倍ちゃんマンを応援していることに変わりはなく、
マスコミの主観も入ってそうな支持率調査が正しいとは思ってませんが、
データとして定期的に支持率と日経平均の相関性を見ているのは、
時事通信の支持率調査なので(時事通信は発表が最も遅いからという理由)
先日も書いた通り、第二次安倍内閣発足以降、
株価に影響すると言える支持率の分水嶺は45%なので、
前月調査は45.1%とギリギリだったとは言えますが、
さすがに今回の調査結果は影響しそうですけど・・・(笑)

最近は米欧市場もそうですが、すっかり政治ネタはシカト状態なので
そもそも日本株の最大の材料は政治やで!と言ったところで、
もはや長期政権でもある我が国の政治ネタはシカトなのでしょうか・・

一応、来週は支持率低下の一因ともなった忖度学園騒動を巡り、
再び国会で閉会中審査が開かれ、安倍ちゃんマンも出席するそうなので
くれぐれも火に油を注ぐスクールウォーズとはならず、
さっさと幕を引いて頂きたいものですが・・・

そういえば民進党の女親分である蓮舫が、
二重国籍問題の説明会見を開く?開いた?そうですが、
蓮舫だけでなく民進党の幹部たちは、
今さら感満載な空気が満ちていることに気付いてないのでしょうか?
どう考えても民進党の支持率が上がるとも思えないのですが・・・
ましてや来週に閉会中審査を控えるタイミングで会見をすれば、
相変わらず政策論争に軸足を置いてない政党なんやなと思うしかないです。

だからこそ安倍ちゃんマンの支持率が急落しようとも、
株価も急落せずにシカトしているのかも知れませんけどね。

そして言っても株価の源泉は企業業績であり、
国内企業決算の本価格化が再来週に控えており、
現状は企業想定為替レートから乖離した円安による業績上振れ期待が
株価を下支えしている面もあるのでしょう。

国内の需給環境についても、裁定買い残等は過熱には程遠く、
足元で今年最高水準まで積み上がっている円売りポジが、
いつ巻き戻されるのかということだけなので、
黒田薬局の忖度オペ効果さえ持続(長期金利0.1%以下維持)していれば
巻き戻し(円高)が起きないとも言えますが、
為替市場は国内の都合だけではないので、海の向こう次第とは言えます。

そんな海の向こうでは、相変わらず政治の騒動はシカト状態のまま、
実体経済面では物価の鈍化傾向もシカト状態のまま、
薬漬けの我が国とは逆に世界的な引き締め観測が漂う金融政策が、
主役の材料と化しております。

欧州と英国は物価以外のマクロ環境が堅調ではあるものの、
米国は物価の鈍化だけでなくマクロ環境においても、
GDPの7割を占める個人消費の足踏みがデータ上では続いているので、
今夜の米消費者物価はもちろんのこと米小売売上高が注目です。

昨夜と一昨日に議会証言を行ったイエレンおばさんは、
物価の足踏みだけは懸念していたものの、
米景気全体としては堅調だと言っており、
金融政策については、利上げ見通しは物価の鈍化を配慮してなのか、
やや弱気な姿勢も窺えましたが、
市場にとって最も重要なバランスシートの縮小(薬抜き)姿勢だけは、
米景気全体としては堅調と見ているからなのか、強気を維持していたので、
イエレンおばさんの個人消費の足踏みに対する見方としては、
一時的なものだと見ているからこそだと言えるだけに、
今夜の両指標がイエレンおばさんの見解と一致するのか注目です。

とりあえず現時点の海の向こうは、
ECBの引き締め観測とか英国の利上げ観測も報じられましたが、
結局はイエレンおばさんの議会証言を経て、世界的な引き締め観測とは逆に
米債を始め世界的な債券高(金利低下)となっており、
かといってドルは小幅高(ポンド>ドル>ユーロ>円)、
米英欧株は薄商いながらも踏ん張っており、原油は堅調、
というチグハグな動きでおますので、繰り返し書いている通り、
チグハグ相場ならば米株と原油が崩れさえしなければ、
市場の空気は悪くならないという状況です。

本日の我が国は黒い忖度オペ効果なのか円最弱ではありましたので、
SQとユニクロ決算というSQLOを通過しても、
大きな動きはなく踏ん張って終えております

ただ・・・海の向こうも薄商いではありますが、
我が国がSQ日の割に商いが薄すぎるのが気掛かりですけどね。
あとは新興市場のザワ付きも継続しており、
引け後にはゲーム関連企業の香ばしい決算も出たので、
昨日の良からぬ噂のザワ付きも含め、
連休明けの新興市場は注目でおます。
今夜の米消費者物価と米小売売上高をきっかけに米債券安となった場合
米ハイテク株が踏ん張れるのかどうかも新興市場にとっては注目です。
来週からは米ハイテク企業を含む米企業決算が本格化するので、
決算が発表されるまでは、すんなりと米債券安・米ハイテク株買い
になるとも思えないですけど・・・

以上の通り、現時点での海の向こうはチグハグモードなので、
今夜の米消費者物価と米小売売上高をきっかけに
トランプラリー&リスクオン(欧州は株高債券安、我が国は株高円安)、
もしくはリスクオフという明確な動きになるのか・・・
それとも結局は米企業決算見極めモードとなり(日欧企業決算も)、
チグハグモードも継続することになるのか・・・

個人的には今夜の米経済指標をきっかけに
市場の目線も金融政策&マクロ環境からミクロ(企業決算)へと移れば
同時にシカトされていた政治にも目が向きそうだとは思いますけどね。

まぁもはや週末であり、今夜の海の向こうの動きを見極めるしかないので
本日はこれにて失礼します。

良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
夜間
米国人 | URL | 2017-07-14-Fri 23:45 [編集]
こんばんは。SQは普通に決まっって何の面白みもなく、巷では20500を超えてくるのではとの見方もありましたが、直近でのユダ銀の先物売りで日経平均はコントロールされてしまったようです。ズバリこちの三日間の間で北朝鮮で動きがあるのではないでしょうか?ダウとナスはまた上げ続けてますが、どう考えても休み明け日系はしただと思います。その理由がないんですよねえ。今の所。まあ杞憂であればいいのですが。と言いつつ何枚かショートは入れていきますが。
米国人さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-07-15-Sat 00:02 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> SQは普通に決まっって何の面白みもなく、巷では20500を超えてくるのではとの見方もありましたが、
> 直近でのユダ銀の先物売りで日経平均はコントロールされてしまったようです。
> ズバリこちの三日間の間で北朝鮮で動きがあるのではないでしょうか?

平和に過ぎてしまったがゆえに不気味な静けさを感じるばかりです。
北朝鮮の動向はわかりませんけど、政治的には徐々に材料視されるとは思います。

> ダウとナスはまた上げ続けてますが、どう考えても休み明け日系はしただと思います。
> その理由がないんですよねえ。今の所。まあ杞憂であればいいのですが。

おかしなのは市場全体のマネー動きがチグハグなので、
いずれはどちらかに一致はすると思いますけど、
それが何をきっかけに起こるのか・・・という感じです。

> と言いつつ何枚かショートは入れていきますが。

私はすっかりというか近年にない身軽さなので、
もはやどちらでもいいかなとは思いつつもありますw


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.