不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
答え合わせと共にトラッシュトークも
こんばんはです。

本日の日経屁均は籠池ライン(2万円)割れとなり
イチモツ均衡表の遅行線も下抜け間近となっておりますが、
商いはイマイチなので緊張感もイマイチではあります。

ただし昨夜の米国市場ではハイテク株が買われたにも関わらず、
我が国では任天堂やハイテク株が売られ、
ちんこ・・いや、新興市場も松居棒と船越棒の骨肉棒の争いなのか
珍騒動を嫌気して?売られたインポテリアの大商いは含まれているものの
マザーズは今年最高の商いを伴っての反落となり(JQは横ばい)、
いわゆる買われていたものが売られる動きは続いている緊張感はあります

そして肝心の債券市場も合わせて見れば、
昨夜の米国市場では米債券(米金利)が横ばいだったので
ハイテク株が買われたとも言えますし(バリュー株が売られた)、
一方、本日の我が国では債券が売られたからこそ(長期金利上昇)、
任天堂やハイテク、新興が売られたとも言えます(バリュー株が買われ)

以上の通り、見方によっては日本独自の動きにも見えますが、
今週の米国は昨夜が休場明けというズレもありますし、
何より債券市場(金利)の動きに連動しているのであれば、
結局は金融政策であり、金融市場の総本山である米国の金融政策が、
市場の動きの鍵を握っていることになるので、
依然として我が国は海の向こう(米国)次第という状況に変わりはないです

もし我が国の債券だけが買われているのならば、
金融政策のフンドシを引き締めようとしている米英欧に対して、
ユルフン状態を変えない黒ダヌキ効果とも言えたり、
カリアゲリスクを警戒した債券買い(円高)と言えなくもないですけど
本日のような債券安ならば、黒ダヌキがフンドシでも締めない限り、
海の向こう次第と言わざるを得ないということです。

従って昨日の記事でも書いた通り、
未だ強気なFRBの金融政策(利上げ&薬抜き)と景気見通しに対し、
今週発表される雇用統計を始めとするテンコ盛りの米経済指標が、
FRBの強気を裏付ける堅調な結果となるのか・・・
FRBの強気を否定する低調な結果となるのか・・・
という答え合わせ相場が今週は続くことになり、
昨夜の米国市場の動きも株・為替・債券はチグハグだったので、
現在も海の向こう(米国)は答え合わせ待ち状態であり、
本日の我が国の動きも良からぬ独自の動きはありましたが、
米国の答え合わせ次第でおます(原油の動きも重要ですけどね)。

そんな中、今夜の米国ではADP雇用、米貿易収支、ISM非製造業、
週間原油在庫、パウエルFRB理事講演、フィッシャーFRB副議長講演
と何気に盛り沢山ではありますが、
大トリは明日の米雇用統計とFRBの金融政策報告書でおますので、
明日は七夕だけにドタバタしそうではあります。

さらに明日はジブリの「借りぐらしのアリエッティ」が放映されるので
借りぐらしのアメリカッティが七夕にドタバタ・・・
ついでに日曜日は満月なので、借りぐらしのアメリカッティが
七夕にドタバタと株価もセーラームーン・・・ムーンサルト・・・

え?もうええって?失礼しました。

とにかく現状はFRBの金融政策と米マクロ環境に温度差があるので
今夜から明日の米経済指標でどちらが正しのか?
という答え合わせをすることなります。

それらを受けた市場の反応については昨日の記事で書いたので、
詳細は割愛しますが、ザックリと言えば・・・
トランプラリー(リスクオン)もしくはリスクオフ
という明確な動きと共に米金融政策と米マクロ環境も一致するのか・・・
それともこれまで通りのチグハグな動きが続くと共に
米金融政策と米マクロ環境の温度差も埋まらないままとなり、
来週のイエレンおばちゃまの議会証言、
来週末の米マクロ環境で最も足踏みが顕著な消費と物価の経済指標
同じく来週末から本格化する米企業決算ラッシュ、
これらに焦点が移ると共に答え合わせ相場も続くことになります。

出来れば答え合わせ待ちのチグハグ相場は今週でケリをつけて欲しいですが
ケリが付いたとしても、私はネガティブな結果になると見ており、
結局は国内外の決算が一巡、ジャクソンホール会合、需給の節目
といったものが重なる8月中旬までは調整だとは見てますけどね・・・

以上はあくまで米金融政策と実体経済面での見方であり
昨日も書いた通り、市場も政治をシカト状態ではありますが、
今夜以降の米経済指標のラインナップを見ると、
トランプマンのつぶやきやG20での発言に影響がありそうで不気味です

と言うのも、イエレンおばさん率いるFRBが完全雇用状態だと言おうとも
トランプマン政策の一丁目一番地は「雇用創出」なので、
今夜のADP雇用と明日の大トリの雇用統計、
そして真偽はともかくトランプマンが、雇用を海外に奪われているとか
不公平だと言っている対米貿易の指標としては今夜の米貿易収支、
これらの結果が堅調であれば、トランプマンも御機嫌でしょうけど、
低調な結果になれば御機嫌斜めとなってしまい、
ツイッターでの余計なつぶやきをするだけでなく
明日から開催されるG20という公式の場において、
通商問題を巡るジャイアン発言をする可能性はあります・・・
特に日中欧に対して通貨安はけしからんとか言い出すと、
結果的にドル安(米債券高)圧力にはなりますからね・・・

もちろん北のカリアゲリスクが高まり、
リスク回避での世界的な債券買い、円買いになる可能性もあります。

まさか今夜の日米韓の夕食会、明日以降の米露首脳会談、米中首脳会談
これらの会談中にチョコレートケーキでも出てきたら、
前回の米中首脳会談のようにチョコレートケーキを食べている最中に
チョコレートミサイルをカリアゲ食パン頭にトッピングするかも・・・
もしかしたらチョコレートケーキが出てきたと報じられた途端に、
市場はリスク回避に動くかも・・・(笑)

ということで、トランプマンのチョコレートミサイルリスクはともかく、
通商問題を巡るトラッシュトークミサイルリスクが不気味であり、
これらが無くとも、そもそもの主役である答え合わせ相場は続きますので
明日のスタンスとしては・・・

週跨ぎでの持ち越し短期勝負の方については、
今夜の米国市場がどのような動きで帰ってこようとも、
明日の日本株がどのような動きになろうとも、
明晩は大トリの雇用統計と金融政策報告書を控えているので(G20も)
明日に限ってはその日限りの勝負に留めておきましょう。
もしトランプラリーの再開(リスクオン)になったとしても、
御縁が無かったと割り切ればいいでしょう。

腰を据えて構えている方については、現状は余裕もあるでしょうから
明日がリスクオフの動きになっても慌てて動く必要はなく、
シンプルに商いの伴った株安円高(リスクオフ)が「継続」するまでは、
王者の風格で構えておけばいいです

新たに腰を据えて参戦する方については、
わざわざ明日に腰を据えて参戦する必要はなく、
明晩の動きを見極めてから週明けの姿勢を決めればいいです。
これまで売られていた出遅れ銘柄(バリュー株)、
中小型の割安株については御自由にどうぞ。

新興市場については、冒頭でも触れた通り、
本日はJQが商いを伴った踏ん張りを見せたり、
今年最高の商いを伴って下げたマザーズについても、
全市場2位となったインフォテリアの商いも含まれておりますが、
そもそも嵐となった先々週末の大幅安以降、
下げ局面では商いが増加、上げ局面では商いが減少(値幅も)
という下げゴリモードが続いていることに変わりはないので、
シンプルに商いを伴った上昇が「継続」するまでは、
ウォッチして値動きを把握しているテーマ株等以外では、
過度なリスクは控え、慎重に立ち回った方がいいでしょう。
ただし日替わり定食な循環物色の賞味期限も短くなっており、
一巡感はありますので、くれぐれも機敏にイナゴって下さい(笑)

そして新興市場(個人)とも密接な大型の任天堂、ハゲバンク等、
米国のFANG・IT・ハイテク、これらの売りと共に(仮想通貨も)
米債券安(米金利上昇)、我が国の債券安(金利上昇)、
これらの動きが継続しているのかも注視しておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.