不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
刈り上げよりも利上げ
こんばんはです。

週末にG20とジブリの「借りぐらしのアリエッティ」の放映が控える中、
「刈りぐらしのカリアゲッティ」がミサイルを日本海へブチ込んだ挙句、
引け後の特別スーパーミラクル重大発表とやらでは、
「ブチ込んだのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)やで!大成功やで!」
と暗にトランプマン大陸にもブチ込めると言わんばかり・・・

いくら米政府がICBMじゃないと否定しようとも、
トランプマンが激おこトランプ丸になるわけでもなく、
「カリアゲクソ野郎は他にやることないのか・・・」
と挑発に乗らないとばかりに冷めた態度を取ろうとも、
ICBMかどうかの真偽はともかく、
カリアゲクソ野郎がICBMだと言い張る限り、
トランプマンに限らず、米大統領としては放置しておくと、
米国内の世論が黙ってないという面があるので、
いずれは(軍事的に)対処せざるを得ない状況に陥りそうではあります。

その前にメンツが丸潰れとなった中国のガキデカ(習近平)、
五輪は北と共同開催等、親北姿勢を見せていた韓国のピロキ(文大統領)
両名がどう出るのか・・・

しばらくは親北路線の韓国に配慮するかと思いきや・・・ですから、
強固なプーチンの後ろ盾を得たからこその強硬姿勢なのでしょうかね。

今週末には我らが安倍ちゃんマンを始め、
トランプマン、プーチンマン、ガキデカ、ピロキが揃うG20があるので
カリアゲクソ野郎への対処についても何らかの動きがありそうですが、
これまでの米国の歴史というかパターンから言えば、
お伺いを立てる前に独断専行して既成事実化することが多いだけに、
今頃、御自慢の米艦隊が密かに北の国へ向かっていたりして・・・

kamo3.jpg

てな感じで、久し振りに刈りぐらしのカリアゲッティミサイルをきっかけに
本日の日本株は円高と共に売られる展開にはなりましたが、
日経平均は籠池ライン(2万円)を割ることもなく小幅安で引けており、
為替も一時的に1ドル112円台後半に突入しただけであり、
いわゆるテロや有事には買い向かえと言わんばかりでおます。

ほんまに北の国でドンパチとなれば、
我が国も当事国となり兼ねないので買い向かうわけにはいかないですが、
事が起きるまでは買い向かう動きが続いてもおかしくはないです。

そんなことよりも海の向こうの市場の動きが、
昨夜は堅調な米6月ISM製造業をきっかけに、
米債券安(米金利上昇)ドル高が加速する利上げモードとなっただけでなく
さらに原油まで買われる展開となったことも追い風に(金は続落)、
米株はナスダックが続落したもののダウとSP500が続伸となり、
英欧市場も債券安、ドル>欧州通貨>円最弱、英欧株は大幅反発となり、
市場全体としては、ハイテク株を除けばトランプラリーの動きなので
円売り(最弱)も含めてリスクオンに近いとも言えます。

とりあえず景気の先行指標でもあるISM製造業が良かったので、
景気の遅行指標である雇用統計を始めとする雇用関連指標も堅調ならば
足元の米景気の足踏みは一時的だったとの見方が強くなるだけでなく、
FRBの強気な利上げ姿勢を裏付ける(正当化される)ことになりますし
さらに米国だけでなく日英欧でも見られる物価の鈍化についても、
犯人扱いされている原油の上昇が続くことになれば、
利上げへの後押し材料にはなります。

が、しかし・・・

ご存知の通り、米GDPの7割を占めるのは個人消費であり、
昨夜発表された米6月新車販売台数は6カ月連続の減少はもちろんのこと
足元の米小売売上高や小売企業の業績(特に百貨店)は低迷しており
未だに米個人消費の低迷は継続していると言わざるを得ないです。

見方を変えれば、近年のクリスマス商戦はブラックフライデーよりも
サイバーマンデーが明らかに堅調ですから、
色んな意味で席巻しているアマゾン等のネット販売さえ堅調であれば、
これらのデータの低迷はどうでもいい・・・消費は心配ない・・・
とも言えますが、米住宅市場での販売件数の低迷も含めると、
利上げの副作用が現れていると言えそうですけどね・・・

そして市場目線においては、
低金利だからこそ賑わった面もあるFANG、ネット・ハイテク株は、
昨夜も売りが止まっておらずナスダックは大きく下げておりますので、
この動きが止まらないことにはトランプラリーの再開とは言えないですし
米株式市場が利上げ(米債券安ドル高)に耐え得るとも言えないです。

ただし昨年11月から年末までのトランプラリーにおいても、
金利の急上昇と共にこれらハイテク銘柄が売られたものの一時的だったので
今回のハイテク株売りも一時的に留まればいいのですが・・・

かといって、米債券高(米金利低下)ドル安でハイテク株が買われても
トランプラリーの再開ではなくチグハグモードですから、
結局は来週から本格化する米企業決算においてハイテク株が、
利上げ(金利上昇)に耐え得ると言える業績を発表するまでは
ハイテク株売りが続いて株式市場の足を引っ張りそうなだけに、
今週の米経済指標が堅調な結果となって、
代わりにバリュー株が株式市場をどこまで支えられるのかといった感じです

当然ながら今週の米経済指標が低調な結果となり、
かといって米債券高(米金利低下)にもならなければ最悪のシナリオです
つまり米景気はもちろんのこと、
バリュー株もハイテク株も利上げが重石だというシンプルな見方となります

そして日本においても任天堂や半導体等のハイテク株が売られ、
新興市場の売りも継続することにはなります・・・

逆に今週のポジティブシナリオとしては、米経済指標が堅調な結果となり
米債券安(米金利上昇)ドル高は加速せずに現状維持程度に留まったまま
来週からの米企業決算を迎えるという展開が、
米国だけでなく欧州と我が国にとっても最も都合が良いとは言えます。
(原油も現状維持くらいが理想と言えます)

とにかく米企業決算を前に米債券安(米金利上昇)ドル高が加速しすぎると
米ハイテク株売りが続くだけでなく悪影響が拡大しそうであり、
そうなると我が国も円安株高バンザーイとは言ってられないですからね。

以上の通り、刈りぐらしのカリアゲッティリスクも燻っていたり、
そもそものトランプマンの政策実行力への疑念も払拭されておらず、
我が国の政治もゴタついていたりもしますが、
今週は米経済指標の結果とそれによる米金融政策の見方に対して
米国市場がどう反応するのかが焦点であり、我が国もそれ次第でおます。

ポジティブシナリオになればいいですけど、
私としては今週というより中期的な目線では、
米企業決算だけでなく国内企業決算が一巡する8月中旬までは
調整モードが続くとは見ておりますけどね。

ということで、私の見方はともかく明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、
以上の通りなのでシンプルに市場の動きで判断すればいいでしょう。
従って海の向こうが米債券高(米金利低下)ドル安、米株安、原油安
というトランプラリーの逆回転&原油安、欧州市場は債券高・株安、
我が国は商いの伴った株安円高というリスクオフ状態となったり、
もしくは楽観と警戒の入り混じるチグハグな動きが続くのであれば、
米株(特にFANG、ネット、ハイテク株)と原油が揃い踏みで崩れる、
欧州は株安、国内は円高とハイテク株売り、新興市場の売りが続く、
というこれらの状況に陥っているならば
持ち越し短期勝負は控え、その日限りの勝負に留めておきましょう。

腰を据えて構えている方については、現状は余裕もあるでしょうから、
持ち越し短期勝負の項で書いた状況に陥り、国内も商いの伴った株安円高
というリスクオフの状況(動き)が「継続」するまでは、
王者の風格で構えておけばいいです

新たに腰を据えて参戦する方については、
参戦判断としては持ち越し短期勝負の方と同様です。
私は懲りずに8月中旬まで調整と見ているので、
今週に関しては、積極的な新たに腰を据えた参戦は
これまで売られていた出遅れ銘柄(バリュー株)しかオススメはしません

新興市場については、昨日は嵐が収まった感もありましたが
本日はマザもJQも商いを伴って売られており(マザは大幅安)、
やはり嵐となった先々週末の大幅安以降はJQも含め、
下げ局面では商いが増加、上げ局面では商いが減少(値幅も)
という下げゴリモードが続いているということなので。
シンプルに商いを伴った上昇が継続するまでは、
ウォッチして値動きを把握しているテーマ株等以外では、
過度なリスクは控え、慎重に立ち回った方がいいでしょう。

そして新興市場(個人)とも密接な大型の任天堂、ハゲバンク等、
米国のFANG・ネット・ハイテク、これらの売りと共に(仮想通貨も)
米債券安(米金利上昇)も継続しているのか・・・
という面々の動きも注視しておきましょう。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
刈り上げ
米国人 | URL | 2017-07-05-Wed 02:11 [編集]
こんにちは。散々言われてきたことだと思いますが、このタイミングでしょうもないミサイル発射、並びにネタあかしを15時半という日中をわざわざ避けて夜間に持ち込んでくれたのを見てたのですがそろそろいい加減に北は政治的に利用されており、害がないとのことを正々堂々と公言しても良いのではないでしょうか?一昨日のアムロゴールドマンサックスはわざわざ思いっきりオプション手口が両者やけに売りに振ってましたからね。自民も国内世論を少しかわせますし。
米国人さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-07-05-Wed 08:12 [編集]
> こんにちは。散々言われてきたことだと思いますが、
> このタイミングでしょうもないミサイル発射、
> 並びにネタあかしを15時半という日中をわざわざ避けて夜間に持ち込んでくれたのを見てたのですが
> そろそろいい加減に北は政治的に利用されており、害がないとのことを正々堂々と公言しても良いのではないでしょうか?
> 一昨日のアムロゴールドマンサックスはわざわざ思いっきりオプション手口が両者やけに売りに振ってましたからね。
> 自民も国内世論を少しかわせますし。

おはようございます。
仮に政治利用とか無害だったとしても
それを言ってしまうわけにはいかないでしょうからね。
市場に関しては、昨日程度の動きであれば微妙ですけど
きっかけは何でもいいとは言えますから、何とも言えないですw


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.