不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
実態面での温度差は変わらぬ一方、市場の温度差は・・・
こんばんはです。

昨夜の米国市場では米債券安(米金利上昇)ドル高・米株高となり
動きとしてはトランプラリーでおました。

MSQ明け&週明けとなった米株はダウとSP500が史上最高値を更新し
先週まで売られていたFANG、ネット、半導体等のハイテク株が買われ
金融株、鉄鋼株も買われており、VIXも低下、金も反落となり、
ケチを付けるならば、米株のイマイイチな商い原油安といったところです。

欧州・英国市場も薄商いながら株高・債券安(ドル高ユーロ安)となり、
動きとしてはベタなリスクオンの形である株買い・債券売りでおます。

そんな週明けとなった海の向こうを受けた本日の我が国は、
動きとしてはリスクオンの円最弱と共に株高となり(ちょい債券安も)、
日経平均、TOPIX共にザラバ中に年初来高値を更新し、
欧米市場とは違って商いも伴った株高でおます。

一日の動きとしては年初来高値をピークに、
ブレーンバスターな行って来いの上ヒゲダンスで終えておりますが、
素直にお強ぉございます岸朝子です状態でした。
(新興市場については、資金ヌケヌケの動きが見受けられました)

いやはや・・・見ての通り、私の想定とは真逆の動きであり
トランプマンを応援はしているものの、私の相場観とは相性が悪いのか、
どうも温度差というかズレが修正されないままでおます(笑)

まぁ愚痴ったところで、市場で戦っている限り、
市場の出す答えが正解であり、それに合わせて動くだけのことですが、
私のズレた相場観と同様、依然として市場の動きと実態面のズレというか
温度差は埋まってないと思うばかりです。

昨日の日本時間までは市場の動きとしても、楽観モードな米株に対して
警戒モードな米債券・ドル・原油という温度差はありましたけど、
昨夜から温度差が完全に埋まったという言うには程遠いものの、
米債券とドルの動きとしては楽観モードとなっているので、
原油だけが警戒モードを維持しているという感じです。
ただし原油については、独自の需給要因があるので、
やや別世界と見るべきところはありますが、
米株と共に市場の空気を決める役割も担っているので、
完全な楽観モード(トランプラリー)となるには原油高も必要です。

そんな感じで市場全体の動きとしても、
原油以外が楽観モード(トランプラリー)になったことで、
温度差も埋まる動きではありますが、
楽観(強気)モードな米金融政策に対して、
警戒モードが妥当な物価も含めた足踏みの続く米マクロ環境、
燻ったままのトランプマンを始めとするリスク、
という実態面での温度差は依然として残っております。

にも関わらず・・・

さらに先週のヤマ場だったイエレンおばさん率いるFOMCを経ても
実態面での温度差が埋まらないままだったにも関わらず・・・

昨夜は他の連銀とは違いFOMCでの不動の投票権を有するNY連銀総裁が
講演で改めて強気な姿勢を示したことをきっかけに、
温度差の埋まる米債券安(米金利上昇)ドル高となったので、
なんとも釈然としない市場の反応ではあります。

百歩譲って、トランプマンが政策を含めて機能不全であろうとも関係なく
民間の力で米景気は堅調に推移するという解釈だったとしても、
実態面においては、米国だけでなく日欧も鈍化している物価、
米国では住宅販売、新車販売、個人消費の足踏みが続いており、
遂には単月ながら直近の雇用指標も足踏みしているのが現実です・・・

それでも先週のFOMCや昨夜のNY連銀総裁講演の強気姿勢の方が正しく
米景気の足踏みはほんの一時的なものであり、
強気な米金融政策を鈍化させるほどではないということなのでしょうかね

以上の通り、実態面と金融政策の温度差を感じるまま
市場では温度差が埋まりつつある危ういというか釈然としない動きです。

そういえば22日と28日に公表されるFRBのストレステスト結果は
基準を緩めたテストの結果だそうで・・・
トランプマンも緩和したドットフランク法改正案を議会に提出しており、
またしても懲りずにバブルを引き起こして崩壊させるつもりなのか・・・
とすらも感じるだけに、市場もトランプラリーというネーミングではなく
もはやバブルラリーに突入しているということなのか・・・(笑)

ただしバブルの定番である住宅市場では、
すでに米国での住宅価格は上昇して販売が低迷しているので、
今回のバブルはどこに腐ったミカンが潜んでいるのか・・・
話題沸騰中の仮想通貨なのでしょうか・・・
燻っているサブプライム自動車ローンとか教育ローンなのでしょうか・・
世界的な地方債なのでしょうか・・・中国発の腐ったミカンなのか・・・
まさかの中央銀行破綻ならば笑うしかないですけどね(笑)

なんにせよデフレ脱却の起爆剤として
いっそのことバブルでも来た方がいいのかもという気もしますが、
歴史を繰り返す危うい一歩を踏み出したのかなとも思うばかりです。

そんなバブル云々という先の話はともかく現状としては、
繰り返しになりますが、実態面と金融政策の温度差を感じるまま
市場では温度差が楽観の方へ埋まりつつある動きでおます。

従って明日(今夜)以降については、実態面での温度差の確認をしながらも
市場の動きの方が正解だと割り切って立ち回るしかないでしょう。

ちなみにこれらに関わる今夜から明後日の寄り前までのイベントとしては

 今夜 フィッシャーFRB副議長と投票権を有するダラス連銀総裁の講演
    米下院ジョージア州補選決選投票、フェデックス決算(?)
    ライアン下院議長の税制改革に関する議会演説
    MSCIが中国本土A株の新興株指数への採用可否を発表(明朝)

 明日 黒田日銀総裁挨拶、5月訪日外客数
    独下院予算委がギリシャ融資を巡る審議
    米5月中古住宅販売件数、米週間原油在庫、
    米中外交・安全保障対話

といったところです。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
実態面と金融政策面での温度差はあれど、市場の動きに温度差が無く
昨夜からの米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、
というトランプラリーの動きが継続し、
国内では商いの伴った株高・円安が継続していれば、
実態面での温度差リスクは覚悟の上、割り切って勝負すればいいでしょう。

先週までのように再び市場の温度差が開く動きになったとしても
米株(先物)と原油が崩れずに踏ん張り、
企業想定為替レートの上限である1ドル110円も割っていなければ、
市場全体の空気は悪くならないので、
これまた温度差リスクは覚悟の上で割り切って勝負するのはアリです

当然ながら市場での楽観と警戒が入れ替わる逆の動きとなっていたり、
世界的なリスクオフとなっていれば(国内は商いの伴った株安円高)
素直にその日限りの勝負に留めましょう

腰を据えて構えている方については、現状は余裕もあるでしょうから、
シンプルに米株と原油が崩れると共に国内も商いの伴った株安円高
という世界的なリスクオフとならない限り、
王者の風格で構えておけばいいです。

新たに腰を据えて参戦する方についての参戦判断としては、
持ち越し短期勝負の項で書いた状況と同じです。

新興市場については、本日のマザはプラス圏で推移する場面もありましたが
結果的には昨日を上回る大商いを伴った寄り天唐竹割の安値引けとなり
主役銘柄の資金流出や往年の香ばしい銘柄の賑わいも目立ち、
祭の終わり感だけでなく、海の向こうと国内の主力大型株が賑わうからこそ
新興市場からの資金流出を感じるところはあります。

ただし本日だけの動きではありますので、
明日が商いを伴って反発し、旺盛なイナゴの循環物色も継続しているならば
引き続き勝負姿勢で挑むのもアリですが、
明日も商いの伴った下げが継続するのであれば、
警戒モードへ切り替えた方がいいでしょう。
くれぐれも先行して賑わっていた主役銘柄だけでなく
新興市場とも密接な任天堂、ハゲバンク等の動きも横睨みしておきましょう

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.