不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
2万円割れだろうとヤマ場を前に
こんばんはです。

本日は久し振りの下げ幅となり、20000円を割って終えましたが、
一昨日までのパワー上げに比べると、昨日も含め商いはイマイチであり、
海の向こうも相変わらずの薄商いが続いておりますので、
本気の売り圧力は感じませんが、動きとしてはリスクオフモードであり、
14時30過ぎからの動きを見ていると、
週末のMSQを見据えた国内独自の大人の事情感も否めないところです。

しかしながらそんな動きに対して一部では、ドーハの悲劇ならぬ
カタールショックで欧州勢が売ったとかも言われていたり、
何よりも為替が企業想定為替の範疇(1ドル105-110円)である
1ドル110円を割っておりますので、このまま定着することになると、
徐々に業績懸念も台頭することになり、日本株の割安感も薄れます。

そして動きとしても、主役である米国をはじめとする海の向こうでは、
株式市場は小幅安だったとはいえ、未だお気楽モードな高値圏であり、
一方で米債券を始めとする債券市場、ドルを始めとする為替市場では、
依然として警戒モードな債券高、ドル安が継続しており、
原油安も継続しているというチグハグな動きが続いているのに対して、
我が国だけが円高・株安という明確な動きというのは気がかりですが、
債券と為替の警戒モードが和らぎ、せめて1ドル110円を回復しないと
大人の都合でMSQまで株高を演じるというのも厳しいでしょう。

もし・・・大人の都合な株高を演じたとしても
9日のMSQを前にヤマ場の8日を迎えるので、
せいぜい8日まででしょうけどね。

とりあえず本日の我が国の動きとしては、
円高・株安というベタなリスクオフの動きとなったので、
今夜以降の海の向こうが警戒モードな債券高・ドル安、原油安と共に、
お気楽な株式市場も崩れるようだと、きっかけはともかく時系列的には、
日出る国の我が国から始まった世界的なリスクオフの動きとなり、
これまでの警戒モードな債券と為替が正解なのか(原油も)・・・
お気楽モードな株式市場が正解なのか・・・
というどっちやねん!の動きではなく、わかりやすい動きとは言えます。

恐らく8日のヤマ場と9日のMSQを前にしているだけでなく、
14日にはイエレンナイト(FOMC)も控えていることからも
中途半端に下げるのは難しくなるだけなので、
いっそのこと大人の都合でも何でもいいので、
株価は踏ん張ってくれた方がわかりやすいという意見もあるでしょうけど
これらのヤマ場をきっかけとして、、
米債券高・ドル安という警戒モードと株高というお気楽モードが、
素直に米債券安・ドル高・株安(原油高)
という警戒とお気楽が入れ替わる動きとなれば、
またしてもどっちやねん!という逆パターンの難解相場となりますので、
できれば本日をきっかけに始まったわかりやすい動きのまま
ヤマ場に突入して頂きたいものです。

そしてヤマ場をきっかけに、どっちやねん相場が続くのではなく、
現状のリスクオフな動きが加速するのか、リスクオンに転じるのか・・・
いずれにせよわかりやすい動きではありますし、
リスクオンというのはトランプラリー再開でもありますので、
我が国も円安株高ラリーの再開というわかりやすい動きにはなります。

私としては何チャラショックになる可能性は需給的にも低いでしょうけど、
リスクオフモードのまま、夏(8月)あたりまで調整した方が、
息の長い相場にはなると思うばかりですけどね・・・

ただ・・・トランプマンが退陣するようなことになると、
どの程度の騒動やショックが起きるのかは未知数ですけどね。
それこそ足元の需給もバリューもテクニカルもクソもなかった、
リーマンショックや東日本大震災のような事態となれば、
何チャラショックになる可能性は低いという理屈は通じません(笑)

明後日のコミー前FBI長官のコミ入った公聴会をきっかけに、
(今夜も米大統領選でトランプの外交顧問を務めたページ氏の公聴会)
いよいよトランプマンが崖っ淵に追い込まれ、
株価も崖から転がり落ちることになるのでしょうか・・・
大してコミ入った証言もせず、無風というか燻りだけが続くことになり
そっちやなくて8日のセルインメイ(首相)やった!
となるのでしょうか・・・
それとも市場の動くきっかけはイエレンおばさんの金融政策かいな!
というベタな展開になるのでしょうか・・・
そっちやなくてスーパーマリオ(ECB理事会)やった!
となるのでしょうか・・・

イエレンナイト(FOMC)のある14日は、
金融政策の発表とイエレンおばさん会見の前に、
足踏み懸念のある米消費の最大の指標である米5月小売売上高が発表され
鈍化の続いている物価の指標である米5月消費者物価も発表されるので
なんだかんだ14日がヤマ場なのか・・・という気もしますが、
とりあえず何チャラショックを招く要素も無きにしも非ずな8日が、
目先の大きなヤマ場ではあります。
満月の9日には、我が国のMSQだけでなく、
米国では議会での採決次第ではありますが、可決されないようだと、
トランプマンが得意げに見直しを掲げていたドットフランク法の
一部である「受託者責任ルール」等が法的に施行されてしまいますので、
足元ではただでさえ警戒モードな債券高での金利低下に見舞われ、
株価の低迷ぶりが目立つ金融機関にとっては更なる逆風となります。

あ、11日にはフランスパンの国で下院議会選挙の第一回投票、
ピザの国でも地方選挙が行われます。
国内としては、すっかり無視されている感も否めないですが、
9日には安倍ちゃんマンが成長戦略と骨太の方針を閣議決定します。
ちなみにどうでもいいかもしれませんが、
イエレンナイト(FOMC)と同日である14日は、
トランプマンのバースデーではありますので、
イエレンおばさんが祝砲を撃つかも・・・・ほぼ冗談ですけど(笑)

いやはや、中東では地政学リスクだけでなくカタールの仲間外れ騒動
北のカリアゲリスクも燻っており、英国を始めとするテロの懸念もあり、
中国の不穏な動きも続いている中で、まずは目先のヤマ場である8日
次のヤマ場である14日を控えており、結果はどうなるのかはともかく、
市場の動きとしては・・・
米英欧債券高・ドル安ユーロ高・米英欧株安・原油安(国内は円高株安)
という警戒モードが正解のリスクオフとなるのか、
米英欧債券安・ドル高ユーロ安・米英欧株高・原油高(国内は円安株高)
という楽観モードが正解のリスクオン&トランプラリー再開となるのか、
昨日までの株式市場だけの楽観モード、
もしくはそれの真逆である株式市場だけが警戒モード、
というどっちやねん相場となるのか・・・ということです。

以上を踏まえて、明日のスタンスについては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
株式市場だけの楽観モードかリスクオンモードとなっていれば、
ヤマ場の8日までは割り切って勝負すればいいですが、
1ドル110円を割ったままならば、持ち越しは控えておくのが無難です
当然ながら本日時点のリスクオフモードが継続しているならば、
ヤマ場の8日を見極めるまでは、持ち越しは控えておきましょう。
そして国内外の銀行株と新興の主役銘柄の換金売り連鎖も要注視です。

腰を据えて構えている方については、現状は十分に余裕もあるでしょうけど
以上の通りの状況なので、本日時点のリスクオフモードが継続し、
国内では商いの伴った株安・円高となるようであれば、
あれこれ考えず、早めに撤退するという姿勢では構えておきましょう。
私としては、ひとまず4月安値までの巻き戻しがあると見ておりますが、
そこまで許容できる方は王者の風格で構えておくのは自由です。

新たに腰を据えて参戦する方については、
持ち越し短期勝負の項で書いた状況次第で参戦判断すればいいですが
シンプルに国内で商いの伴った株安円高となるようであれば
潔く早めに撤退するという姿勢だけは忘れずに参戦してください。

新興市場については、全体としても本日は商いの伴った下げとなり、
個別としても主役だった銘柄から資金の抜ける動きも続いているので、
商いも含めて明日も続くようであれば、上昇局面で商いが膨らみ、
下落局面では商いが減少という上げゴリ基調が崩れたと判断しましょう。
ただし全体としての商いの伴った下げは先週末と本日だけでであり
本日は先行して換金売りされていた銘柄にも下げ止まりの動きもあるので
これらの先行軍団が切り返すなり、他の主役銘柄が現れるなりして、
全体としても商いの伴った上昇が続くようであれば、
再び勝負姿勢に戻せばいいでしょう。
(今週も含め今後は、政策やテーマに関わる官民イベントは豊富です)
とにかく本日時点では不穏な動きが続いていると言わざるを得ないです

そして先にも述べた通り、現状は国内外共にリスクオフな動きであり、
世界的なリスクオフとなると新興市場も避けられないので、
ザラバ中に海の向こうと国内大型株のリスクオフモードが強くなれば、
新興市場も別世界とは考えず、慎重に動いた方がいいです。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
まさに
みずほ | URL | 2017-06-07-Wed 11:56 [編集]
ドーハの悲劇ですね。
今時、知らない若者もいそうな時の流れ‥ではありますが。
今日から国交断絶ってあるんですね。あの辺は落ち着いていると思っていたのに。
サウジはなんか急に強気になった??

今朝のニュースで、食品等の供給不安から市民が買い占めに…と言っていました。
こういうので人心が荒れて国内争乱にならないで欲しいです。
日本から輸出できますよ~。ハラル認証とかあると思いますけど。

今朝は他に、中ろがカリアゲくんちの支援を継続してた、ニュースが。
貿易統計で石炭止めてないやん、とかがわかったそうです。
経済制裁無視ってこと?

近隣て色々対立するものですね。
そういえばドーハの悲劇ならぬ浦和の暴力があったとか。
何故だかニュースはスルーしている気がしますが。

ところで、FOMCまでまだ長いですね。ダウは調整してほしいところです。債券も。
因みに、大統領選の翌年の6月の株は下がる…アノマリーだそうです。聞いた事あります?
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-06-07-Wed 19:51 [編集]
> ドーハの悲劇ですね。
> 今時、知らない若者もいそうな時の流れ‥ではありますが。
> 今日から国交断絶ってあるんですね。あの辺は落ち着いていると思っていたのに。
> サウジはなんか急に強気になった??

これまでの定説のような宗派から見れば、
妙な内輪喧嘩にも見えますが・・・
あの周辺特有の利害なのでしょうかね。

> 今朝のニュースで、食品等の供給不安から市民が買い占めに…と言っていました。
> こういうので人心が荒れて国内争乱にならないで欲しいです。
> 日本から輸出できますよ~。ハラル認証とかあると思いますけど。

年々、日本への印象も悪くなってる感もありますが、
くれぐれも日本でイスラムテロが起きないことを願うばかりです。

> 今朝は他に、中ろがカリアゲくんちの支援を継続してた、ニュースが。
> 貿易統計で石炭止めてないやん、とかがわかったそうです。
> 経済制裁無視ってこと?
>
> 近隣て色々対立するものですね。

ご近所さんだからこそなのでしょうね。
安倍ちゃんがプーチンと仲良くしてきた効果が、
ここいらで功を奏せばいいのですが・・・

> そういえばドーハの悲劇ならぬ浦和の暴力があったとか。
> 何故だかニュースはスルーしている気がしますが。

あれはなかなかひどい試合でしたね。
いかなる理由があろうとあれはさすがに呆れましたw

> ところで、FOMCまでまだ長いですね。ダウは調整してほしいところです。債券も。
> 因みに、大統領選の翌年の6月の株は下がる…アノマリーだそうです。聞いた事あります?

聞いたことはないですが、
私としても夏くらいまで調整した方がいいとは思うばかりです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.