不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
不気味な株高は継続中・・・
こんばんはです。

トランプマンのロシアゲート騒動が収まらず拡大していようとも・・・
そもそものトランプマンの政策実行力への疑念は晴れていなくとも・・・
テロやカリアゲ等の地政学リスクが燻っていようとも・・・
米GDPの7割を占める個人消費関連指標が足踏みしていようとも・・・
米景気の先行きを示す製造業関連指標の一部が足踏みしていようとも・・・
ユーロ圏にとって重石だったはずのユーロ高が進行していようとも・・・
中国の市場と胡散臭いリスクがザワついていようとも・・・
我が国のマクロ環境が欧米に比べるとイマイチであろうとも・・・

とにかく日本を含め世界の株式市場は薄商いであろうと崩れまへん(笑)
米株と共に市場の空気を決めると共にマネーの潤滑油でもある原油も・・・
(今夜のOPEC総会後の動きが注目)

一方、米債券を始めとする債券市場、ドルを始めとする為替市場では、
米債券高・ドル安基調の継続を始め、上記のリスクの燻りであったり、
実態面での良からぬ兆しを反映するように動いております。

御存じの通り、昨年11月の大統領選以降に起きたトランプラリーでは、
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、さらに原油高
欧州では債券安・株高、我が国では円安・株高という動きが、
商いも伴いながら、これらの各ポジも積み上げながら、
お祭りの様に年末まで続いたわけですが、
年が明けてからは株価だけが踏ん張り続け、原油も息を吹き返しており、
それ以外は積み上がったポジのガス抜きをしながら巻き戻しとなり、
現在も概ねこういう基調(動き)自体に変わりはないと言えます。

そして各ポジのガス抜き自体は、概ね大統領選前の水準まで戻し、
踏ん張っていた米株と原油もかなりガス抜きが進んでおり、
需給的にはトランプラリー再開(油高継続)の余地はあるとも言えますが、
繰り返し書いている通り、ユーロと米債券については
大統領選前の水準までのガス抜きどころか買い越しに転じているので、
トランプラリーの再開余地があるとは素直に言えず、
むしろ新たな局面?大統領選よりももっと前の局面までを見込んでいる?
単純に先に述べたリスク等が爆発する?とも言える動きだけに、
薄商いで踏ん張る株式市場のお気楽ぶりが不気味でおます。

我が国についても、債券は黒い魔術師のさじ加減もあるのでさておき
日本株も海の向こうと同様、薄商いながらも踏ん張っております。

ただし4月安値以降は裁定買い残と円売りポジを急速に積み上げながら、
薄商いでの株高円安ラリーを演じているので、
海の向こうよりも危うさのある株高だとは言えます。
現時点でも過熱と言えるほど積み上がっているわけではないですけどね。

てな感じで、とにかく債券と為替の警戒ぶりに対して、
株式市場のお気楽ぶりが不気味としか思えないのですが
私がどう感じようとも、株式市場のお気楽ぶりを裏付けるものとしては、
先にも述べた需給的には過熱しているほどではないというのもありますが、
株価の源泉としては企業業績であり、国内外共に堅調なのは事実であり、
特に日欧は数値上の割高感もないですし、
我が国に至っては今期業績見通しも増益ではあります。
(今のところ企業想定為替レートの1ドル110円も割ってないです)

さらにマクロ環境も我が国はイマイチとは言え、悪いというほどではなく、
終わった期(1-3月期)のGDPは堅調であり、
欧州はほとんどの経済指標の堅調ぶりが継続しており、
米国も景気の遅行指標である雇用や終わった期のGDPは堅調ではあります

しかしながら冒頭でも書いた通り、
世界の主役である米国の先行きを示す経済指標には足踏みが続いており、
米小売企業決算も低調続きであり、何より米株は数値的に割高ですから、
遅行指標や終わった期の経済指標や企業業績だけでは、
割高感が正当化できないとしか思えないのですが、
(トランプマンの政策実行力への疑念も晴れないままです)
米金融政策を決めるFRBの景気見通しは強気であり、
利上げ姿勢も緩めていないという謎・・・

昨夜発表されたFOMC議事要旨を見ても、
経済指標の足踏みが続くのか確認する必要があるとの見方もありましたが、
これといって強気な姿勢を緩めた内容ではなかったです・・・。
(所詮は5月2-3日開催分の議事要旨というのもありますけどね)

金融政策動向に直結する米債券市場、それの影響が大きいドル(為替)は、
足元では利上げ姿勢が鈍化するのを見込んだように、
米債券高・ドル安基調が続いているだけに、
相変わらず温度差を感じるFOMC議事要旨ではありました。

以上の通りなので、現状と先行きを正確に反映しているのは、
株式市場なのか(原油も)、それとも債券市場と為替市場なのか・・・
という疑問は晴れないままであり、
冒頭で書いたリスク動向や実態面の経済指標や企業業績動向を見るか、
もしくは市場が答えを出すのであれば今後の市場の動きを見るしかないです

少なくとも現状の市場を見る限り、警戒モードな債券と為替に対し、
株式市場は薄商いでのお気楽ぶりなので(原油はお気楽よりも需給ですが)
まだまだ警戒モードで構えておいた方がいいでしょう。

まさか・・・トランプラリーなんてものはとっくに終わっており、
現状の動きはペン吉(ペンス)ラリーなんだと言われたとしても、
以上のような状況では「はい、そうですか」とは言えないです。

せめて商いの伴った株高となるのであれば、
米国もゴリゴリの金融緩和をやっていた頃と同様、
米債券高(米金利低下)ドル安は米株(米景気)に追い風や!
それがペン吉ラリーや!という解釈もできなくはないですけど(笑)
この薄商いではねぇ・・・

とにかく以上の通りなので、私としては危ういと言わざるを得ず、
そして今週を含め今後は、以上のリスク面や実態面に絡むイベント、
需給面にも関わるイベントや節目も盛り沢山なので、
先に述べた不気味さや市場の方向性も
イベントをこなしながら徐々には明確になっていくでしょうけど、
現時点では明確になっていないです。

ちなみに超目先である今週の残った重要なイベントは、
昨日にも書きましたが、以下の通りどれもこれも注目ではあるので、
今夜から明日(週末)までが目先のヤマ場でおます。

・今夜

 英1-3月期GDP・改定値、コンスタンシオECB副総裁講演
 ブレイナードFRB理事講演、米新規失業保険申請件数、
 米5月カンザスシティ連銀製造業指数、米小売企業決算、米7年債入札
 OPEC総会、NATO首脳会議、モンタナ州補欠選挙

・明日

 新月、5月期権利付最終売買日、
 中国市場は4連休前の週末、イスラム諸国は27日からラマダン
 米市場は3連休前の週末、米債券市場・短縮取引
 4月全国消費者物価、イタリア5年&10年債入札
 米1-3月期GDP改定値、米4月耐久財受注、石油掘削リグ稼働数
 G7首脳会議(日米首脳会談も)、オバマ前米大統領講演

・27日

 黒田日銀総裁講演、中国4月工業利益、G7首脳会議最終日

以上の通り、今夜としてはOPEC総会後の原油の動きが注目であり、
何気にモンタナ州補欠選も不気味・・・明日は盛り沢山おます。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

週跨ぎでの持ち越し短期勝負の方については、
今夜の米国市場が商いを伴った米株高・米債券安・ドル高、原油高
明日のザラバ中も崩れず、我が国は商いを伴った円安・株高とならない限り
先に述べた通りの状況であり、週末にかけてはイベントも盛り沢山なので
その日限りの勝負に留めておくのが無難でおます。

以上のような動きでもなく、薄商いであろうとも、不気味であろうとも、
株高さえ続いているならば、週明けは鬼の居ぬ間(米休場)でもあるので、
割り切って勝負するというのは自由ですが、
くれぐれも何が起きてもおかしくない状況だと覚悟して勝負してください。

腰を据えて構えている方については、
現状は十分に余裕もあるでしょうけど、先にも述べた通りの状況ですから、
海の向こうが米債券高・ドル安・商いの伴った米株安(原油安も)
国内では商いの伴った株安円高となるようであれば、
あれこれ考えず、早めに撤退しておくのが無難でおます。
私としては懲りずに少なくとも下値のメドとしては、
4月安値までの巻き戻しがあると見ているので、
そこまで許容できる方は王者の風格で構えておくのは自由です。

新たに腰を据えて参戦する方については、
持ち越し短期勝負の方のところで書いた通りの状況となれば、
参戦するのもアリですが、その後に商いの伴った株安円高となるようであれば
潔く早めに撤退するという割り切り姿勢で参戦してください。

新興市場については、商いがイマイチ乏しい面もありますが、
国内外の市場の動きやリスクがザワついている割には堅調でおます。
従って現状は上昇局面で商いが膨らみ、下落局面では商いが減少
という別世界な上げゴリモードが続いていると判断してもいいので、
シンプルに商いの伴った下げが継続しない限り、
薄商いでの下げは押し目と見て、引き続き勝負姿勢でいいでしょう。
今後もテーマや政策に絡む政府イベントや民間イベントも多いのでね。

しかしながら先にも述べた通り、国内外共にザワついており、
世界的なリスクオフとなると新興市場も避けられないので、
ザラバ中に海の向こうと国内大型株がザワつくようならば、
新興市場も慎重に動いた方がいいです。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんはー
しんパパ | URL | 2017-05-25-Thu 21:18 [編集]
いつもいつもいつも読んでおります^_^
しかしダウも日本も強いですねー

私もビクビクしながら少しばかりの株を保有しています^_^
番長様に逆らって二万超えある??

これからも色々とアドバイスお願い致します^_^
しんパパさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-05-25-Thu 23:24 [編集]
> いつもいつもいつも読んでおります^_^
> しかしダウも日本も強いですねー

ありがとうございます。
強いというか崩れませんねー。

> 私もビクビクしながら少しばかりの株を保有しています^_^

私はしんパパさんの登場に少し震えてますwww

> 番長様に逆らって二万超えある??
>
> これからも色々とアドバイスお願い致します^_^

トランプ登場以来、私は少しズレてますので、
20000超えも十分にあり得るかもですw
こちらこそよろしくお願いします。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.