不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
どうでもいい世紀の死闘・・・いや凡戦
おはようございます。

GW初日からカリアゲクソ野郎が懲りずに挑発行動に出ているようですが、
その辺は改めて明日の記事で書くとして・・・

週初のことですが、私も挑発されて一戦交えることに・・・
いつもの如く、豪華ディナーではなくバングラ食堂へ・・・

当ブログではお馴染みの食堂ですが、一応説明しておくと、
日本人のばあさんがオーナー兼レジ係、
厨房はバングラディシュ人、スリランカ人、ネパール人、
接客はバングラ嫁、美しすぎるポーランド人空手家、
自称ローラながらフィフィにしか見えないスリランカくんの彼女、
という海外にあるインチキ日本食レストランの様な精鋭で切盛りしているのに
おふくろの味の和食がウリの一膳飯屋です。

そんなクセの強いバングラ食堂へ行ったのですが、
食堂横の倉庫にはベンチプレスやダンベルが置いてあるので、
いつもの如く、飯を食う前にバングラジムへ勝手に入り、
ゴリゴリと筋トレをしていると、

「イラサイマセー、スゥー」

という相変わらずの謎の語尾と共にバングラ野郎が登場・・・

「まいど」とだけ返事をして、バングラ野郎と目を合わせることも無く
上だけを見ながらゴリゴリとベンチを挙げていたのですが、
なぜか立ち去らずに視界に入って来るバングラ野郎・・・

しかも御自慢のサイドを刈り上げた金正恩ヘア・・・ではなく、
今どきの刈り上げて横に流す的な御自慢のチャラい髪型を隠すように
キャップを逆さまにして被っており、いかにもつっこんで言わんばかりに
視界に入って来るカリアゲバングラ野郎・・・

うっとうしいので、「ええ帽子被っとるやないか」とだけ言って、
ゴリゴリとベンチを続けようとしたら、待ってましたとばかりに・・・

「ソウデショ、ソウデショ!コレ、誰ダカワカリマスカ?」

「は?誰?ダチョウ倶楽部(上島)か?」

「チガイマスッスゥーー」

「じゃあ誰やねん!」

「ワカラナイデスカ?コレデスッス?」

と言いながら、キャップを前向きに被り直して再び逆さまにして、
ガッツポーズをする得意気なバングラ野郎・・・

「・・・」

そして腕相撲をするようなジェスチャーをしながら、

「シルベスタ・スタローンデスッスデスヨォォォーーー!!!」

「え?スが多すぎてわからんがな!」

「ナニガデスカ?」

いつものわかりません無間地獄に陥りそうなので、

「オーバー・ザ・トップかいな・・・」

「ソウデスッス!オ兄サンモ知ッテマスッスカ!」

いやいや古いな・・・なんで今ごろオーバーザトップやねん・・・
スタローンを意識してキャップを逆に被る人種ってもう絶滅しとるやろ・・
という疑問は、バングラ野郎には愚問地獄に陥るので、
心の中では当時、自分もやった記憶が・・・とは思い出しつつも、

「見た見た、懐かしい映画やなぁ」

とテキトーに調子を合わせ、再び心のシャッターを下ろし、
ゴリゴリと筋トレを始めようとしても、
バールでシャッターをこじ開けるように会話を続け、

「ワタシ、腕相撲強イデスッス」

といかにも挑戦的な目で生意気なことを言うカリアゲバングラ野郎・・・

以前はモヤシっ子でしたが、バングラジムで筋トレを始めて以来、
かれこれ一年以上は経ちますが、確かにええ身体にはなっているので、
意外と強いのかなとは思ったものの、
まだまだ負けるかいなとの確信もあり王者の風格で

「そうやな強そうやな」

と興味なさげにあしらうと、

「ソウデス、オ兄サンニ勝チマスッス」

と不敵な笑顔で答えるカリアゲバングラ野郎・・・
ちょっとカチンときたので、睨み返す小物ぶりを発揮するゴリラ野郎・・・
そのままベンチに寝転ぶゴリラ野郎を不敵な笑顔で見下ろしながら、
またしても・・・

「オ兄サンヨリ勝チマスッス」

という意味不明な日本語でしつこく挑発してくるカリアゲバングラ野郎・・

「負けるわけがないやろ!アホか!」

と顔を引きつらせながらも笑顔で余裕を見せるゴリゴリゴリラ野郎・・・

とか言いながら心の中では、かつて大学の学園祭で、
当ブログでお馴染みの6mmパンチ先輩の思い付きで、
大学祭の出し物が「腕相撲ロボットに挑戦」という安易な企画になり
顔や体を黒人の様にメイクされて箱の中に入れられ、
一般人からの挑戦を100円で受け付け、
こちらが負けると1000円支払うという企画だったのですが、
一人目の挑戦者が私よりも2回りくらい小柄な学生だったので、
こりゃ余裕やなと思っていたら、まさかの秒殺で完敗・・・

当然ながら激怒した6mmパンチに殴られ、
急遽6mmパンチ自らが小柄な男に挑戦するという企画無視の事態となり
いざ勝負すると6mmパンチも秒殺され、赤っ恥をかくことに・・・

それが面白すぎて口を尖らせて笑いを堪えていたら
跳び蹴りを食らわされ、6mmパンチをなだめた
という苦い記憶が甦ることに・・・

結局、小柄な男は私よりも20kg近く軽かったのですが、
近畿の腕相撲チャンピオンやったらしく、
ウェイトリフティング部が嫌がらせで刺客を送ったことが判明し、
当然ながらそれを聞いた6mmパンチが、
激怒して殴り込みに行きそうになったのを止めた記憶も・・・

私も選手の中では特別に力が強いと言う程では無かったのですが、
手首だけは自己満足と言うか、絶対に強さが必要だと思い込み
(今でも競技や格闘技を問わず、リストの強さは必須だと思ってます)
執拗に鍛えていたこともあり、腕相撲のテクニックは無かろうと、
それなりに強かったのですが、本職の腕相撲王者の強さには驚かされました。
その後には体重も変わらない腕相撲の日本王者とやったことがあるのですが、
ビクともしかったことに衝撃を受けたのは今でも鮮明に覚えてます・・・

やや話が逸れてしまいましたが、そんな苦い思い出に加え、
最近のカリアゲバングラ野郎は身体がゴツくなると共に、
やたらと強さを追求するようになっており、
私に護身を聞いて来たり、空手姉さんのところに空手を習いに行ったりと
ほんまにテロリストにでもなるのかとも思っていただけに(笑)
少し不安は感じたものの、挑発に乗ってやろうと臨戦態勢を整えていると、

「イラサイマセースゥー」

と言って新たに入って来た客を迎えに立ち去るカリアゲバングラ野郎・・・

「おい、やらんのかい!」

と声を掛けるもシカトされ、厨房に戻るカリアゲバングラ野郎・・・
フゴフゴと鼻息だけが荒くなったまま放置されるゴリゴリゴリラ野郎・・・

とりあえずクールダウンをしてから飯を食いに店内へカチ込み、
おかずをチョイスして、小ごはんと味噌汁を頼み、
いつもの奥の席でディナーを楽しもうとしていたら、
挑発的な目をしてキャップを逆さまに被ったカリアゲバングラ野郎が登場、

「オ兄サンニ勝テマスッス」

と自信満々でしつこく言うので、飯を頬張りながら、

「じゃあやってみるか?」

と挑発に乗るゴリゴリゴリラ野郎・・・

「イイデスッスヨ、勝チマスッス」

と言いながら、隣のテーブルで臨戦態勢を取るカリアゲバングラ野郎・・・
味噌汁で飯を流し込み、隣のテーブルに移るゴリゴリゴリラ野郎・・・
何事かとこちらに注目する他の客たち・・・
仕事もほったらかしで厨房から出て来るスリランカくん・・・
接客もほったらかしで見に来る自称ローラのスリランカハニー・・・

そしてカリアゲバングラ野郎がスタローンの如くキャップを逆さまに被り直し
挑発的に微笑みながら腕を差し出して来たので、
それに応じて腕を掴み、臨戦態勢へ・・・

え?いやいや・・・

組技の競技をやっている者にはわかることなのですが
持った瞬間に相手の力量はある程度わかるだけに、
いくらなんでも弱すぎるやろ!としか思えない感触・・・

あまりにも手応えのない感触なのに、
自信満々のバングラ野郎の顔を見ていると、
まさか達人のような脱力を身に付けているのか・・・さては酔拳?
とやや疑心暗鬼に襲われたものの、
とにかく腕相撲王者の様な速攻にだけは気を付けようと身構えていると
どっこから現れたのかわからんオッサンが
「ええか?レディィィィィィ・・・・・ゴー!」
という掛け声と共に力を入れた瞬間・・・

フゴ?
フゴゴ?
フゴゴゴ?

2秒ほど待ってみたものの、まったく手応えがないので、
カリアゲバングラ野郎の腕をテーブルに叩き付け、あっさりと秒殺・・・

あまりの弱さに呆然となるゴリラ野郎・・・
唖然とした表情をするバングラ野郎・・・
最も日本語が流暢な自称ローラのスリランカハニーが、
「弱っ」と的確な一言・・・
苦笑いで何事も無かったかのように食事に戻る他の客と謎のオッサン・・・

思わず私も「弱すぎるやろ!」と突っ込んでしまったのですが、
それに対して顔ピクつかせながら落ち込むカリアゲバングラ野郎・・・

いやいや・・・落ち込む次元の話じゃないやろ・・・、
っつうか、なんでそれだけ自信満々やねん・・・
と呆れながらも、王者の風格を装いながら、

「な、な、なかなか強かったで」

と心にもない言葉を掛けるゴリゴリゴリラ野郎・・・
無言で立ち去るスポーツマンシップの欠片も無いカリアゲバングラ野郎・・

その後は厨房から素っ頓狂な声の
「イラサイマセースゥー」という声が響くことも無く、
テンションガタ落ちで、静まり返っていたのは言うまでもないです(笑)

カリアゲバングラ野郎は恐ろしい程のポジティブ野郎ですから、
ショックも大きかったのでしょうか・・・
裏を返せば根拠のない自信過剰野郎なだけだったとも言えますので、
ポジティブ過ぎるのと自信過剰は表裏一体なのかもと思ったり・・・

以上、どうでもいい世紀の死闘ならぬ凡戦でおました。

引き続き、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

A | URL | 2017-04-29-Sat 11:29 [編集]
番長オハヨウゴザイマスッスゥー。

学生時代の回顧録と謎のOSNでヒートアップした腕相撲バトルで笑ってしまいましたw
手首って鍛えられるのですねー。
Aさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-04-29-Sat 18:25 [編集]
> 番長オハヨウゴザイマスッスゥー。

コンバンハです。

> 学生時代の回顧録と謎のOSNでヒートアップした腕相撲バトルで笑ってしまいましたw

脳みそ筋肉な話ですが、ありがとうございますw

> 手首って鍛えられるのですねー。

地味で嫌になる鍛錬ではありますが、
どんな競技にもリストの強さは必須だと・・・
私は思い込んでいますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.