不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
シンプルな動きとも言えますが・・・
こんばんはです。

政治リスクが騒がれている割に世界でも際立つ強さを見せていた欧州株が
昨夜は紅茶の国のメイ首相による突然の総選挙決定をきっかけに、
やっとこさ政治リスクっぽい商いを伴っての大崩れとなった欧州株・・・
当事国である英国株は、リアルブレグジット懸念が燻っていたからなのか、
足元でやや足踏みしておりましたが、昨夜は大商いでの大幅安・・・
鬼の様に積み上がっていたポンドショートも一気に巻き戻しの動きとなり、
昨夜はポンド最強高>ユーロ>円>ドル最弱の展開に・・・
債券市場では英国も欧州各国も債券高となっており、
ベタな株売り・債券買いのリスクオフモードでもあります。

海の向こうの本来の主役である米国市場では、
割高感と需給面での過熱を抱えたままの米株は、
足元で欧州株の様に堅調ではなく、すでに足踏みが続いていたこともあり
昨夜は一時的に大きく下げたものの、大した下げにはならず引けており、
相変わらず緊張感に乏しい薄商いも継続中(昨夜のVIXは低下)・・・
ドルは先に述べた通り昨夜もドル安が継続しており、
米債券についても米債券高(米金利低下)が継続しているので、
緊張感には欠ける薄商いではあるものの、
動きとしてはトランプラリーの巻き戻しが継続中でおます。

米株と共に市場の空気を決めると共にとマネーの潤滑油となる原油は
これまた米株と同様、やや原油ロングが積み上がっている危うさもあり、
昨夜も続落となっており、安全資産の金は続伸しているので、
リスクオフな動きでもあります。

そして我が国ですが、本日の日本株は商いがちょっぴり膨らんだものの、
ほぼ横ばいのマチマチで方向感の見えない結果に・・・

最近は世界の景気敏感株として、
海の向こうのリスクを一手に引き受けるかのように、
世界でも際立つ弱さを発揮していた日本株ですが、
本日は昨夜の海の向こうがネガティブだった割に下値の堅い動きでしたが、
黒いおじさんが弄くっているはずの我が国の債券もゴリゴリと買われており
10年債利回りは久し振りの0%台を付けており、
黒いおじさんのシャチホコなイールドカーブコントロールは・・・
来週に控える黒い銀行会合への注目度が高まりそうです。

以上の通りなので、昨夜の英国を始めとする欧州の騒ぎをきっかけに、
当事国の英国株は素直な動きだったと言えますが、
足元で際立つ堅調ぶりだった欧州株を売り、
米株は需給面、バリュー面で危うさは残っているものの
すでにどっちつかずの動きだったこともあり、大して売られず、
際立つヘッポコぶりながら需給環境は過熱していない日本株は底堅い・・
ポンドは先に述べた通り・・(ちなみにユーロショートは昨年来の低水準)

つまり単に需給に則した動きになっただけとも言えますが、
本格的にその動きになるのかは、今日の時点ではわからないですし、
きっかけとしてはメイおばさんの総選挙であり、仏大統領選も控えており
欧州政治リスクを騒ぐのはこれからが本番となる可能性もあるので、
これらを理由に英欧株が売られることはあっても、
米株が売られず、日本株は買われるという都合の良い展開となるには、
さすがに無理があり、むしろ欧州株すらも売らざるを得なくなり、
世界的に債券を買うしかないという動きの方がしっくり来ます。
昨夜も本日もドル安ながら新興国株は軟調でもあります。

何より主役の米株は企業決算の真っ只中であり、
我が国も来週から国内企業決算のラッシュを控えており、
そもそものリスクであるトランプマンの政策実行力に対する疑念は、
未だ晴れておらず、中東と北のカリアゲリスクも収まっていないので、
昨夜をきっかけに、先に述べた需給に則した都合の良い動きが、
北のカリアゲリスクが落ち着いている間だけ続く可能性も多少はありますが、
今後も継続すると言う展開は、さすがに厳しいと言えます。

昨夜はトランプマンがバイアメリカンな新たな大統領令に署名したものの
市場は政策期待が膨らむことなくシカトしており、
政策実行力への疑念は根強いと言えます・・・

政策期待といったマインド面は置いといたとしても、
実態面である米経済指標については、
足元では昨夜発表分を含めイマイチなものが続いており、
発表ラッシュの始まった米企業決算についても、
先週末と月曜日発表分は堅調な結果となったものの、
昨夜発表された分はマチマチの結果となっており、
しかも堅調な結果だったものまでが、織り込み済みなのか何なのか、
それとも割高な米株を正当化するほどの結果ではないとの判断なのか、
発表をきっかけに売られており、株を売ろうとする動きが窺えます。

我が国についても、明日に発表される安川電機の決算と今期見通しが、
来週から本格化する企業決算の目安となりますが、
現状の為替水準では日本企業特有の保守的な今期見通しを発表しそうであり
いくら保守的なのは承知済だと言ったところで、
数値としては二桁増益見通しどころか割高感すらも台頭する恐れもあり、
やや風化気味ですが、東芝のお墨付きなし決算を放置したままだと、
これからお墨付きなしでも発表できることになる国内企業決算に対して
ほんまに大丈夫なのか?という目で見られてもおかしくないですからね。
東芝にやさしい国内はともかく、シビアな外国人は特にね・・・

以上の通り、需給面以外では日本株を買える環境とは言えないです。

そして我が国には北のカリアゲリスクがあり、どう捉えるのかは自由ですが、
未だリスクが解消されていないのも事実であり、繰り返し書いている通り、
カリアゲマンが核実験を強行するのはもちろんのこと、
米空母が北朝鮮沖に到着すると、市場では緊迫状態が再燃しなかったとしても
米空母が居る状況でカリアゲがミサイルでも発射した日にゃあ、
トランプマンも弱腰を見せるわけにはいかないですから、
いわゆる後に退けない状況に陥りますからね・・・

何やら北朝鮮沖に向かったはずの米空母カールビンソンが、
連絡ミスで実際は逆方向のインド洋に向かっていたとの報道が・・・
んなアホな・・・(笑)
常に戦争をやっている国が、いくらなんでもそれはないやろ(笑)

まさか弱腰のオバマ政権のせいで実戦感覚が鈍くなっていたり、
まさかまさかのトランプマン政権に対する軍部のクーデターとか(笑)

冗談はともかく、25日頃?来週?には到着はするそうであり、
ミサイルを飛ばすと、反撃まではせずとも迎撃はするとも言っているので、
北のカリアゲリスクが解消されたとは思わない方がいいでしょう。

以上の通りなので、昨夜から市場も含めて騒ぎ始めた欧州の政治リスク
燻ったままの中東や北のカリアゲリスクを差し引いたとしても、
主役であるトランプマンの政策実行力に対する疑念を始め、
そもそものリスクは解消されておらず、
そんな小難しいリスクや背景はともかくとしても市場の動き自体が、
トランプラリーの巻き戻し基調(日本は円高株安基調)
世界的には株売り・債券買いを始めとするベタなリスクオフ基調が、
本日の時点では収まったとは言えない状況です。

ということで、明日のスタンスについては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りの状況なので、
シンプルに海の向こうが商いを伴ったトランプラリーの再開、
我が国では商いの伴った円安株高ラリーの再開が「継続」するまでは、
その日限りの勝負に留めておくのが無難でおます。
ただし欧州の政治リスクが大きな騒ぎとならなければ、
25日前後まで、もしくは米空母到着までは、
カリアゲリスクが静かになる可能性はあるので、
商いが伴わずとも、継続しなくとも、市場の動きだけを見て、
割り切って勝負するのは自由ですが、そもそものてんこ盛りのリスク、
市場を取り巻く環境に何ら変わりはなく、市場の動きも収まっていないので、
くれぐれも御注意ください。

腰を据えて構えている方については、
方向感が明確になるくらいの商いの伴った動きが「継続」するまでは、
王者の風格で構えておくのもいいですが、以上の通りな状況なので、
商いの伴った米株安を始めとするトランプラリーの巻き戻し、
商いの伴った円高日本株安となれば、割り切って撤退するのが無難です。
現状ではカリアゲリスクだけでなく欧州の政治リスクも騒がれる可能性もあり
中旬から5月まで続くイベント等のヤマ場を経て、
堅調な展開になると言う当初の見立ては、現段階ではさすがに言えないです

腰を据えて新たに参戦する方についても同様なので、
シンプルに商いの伴った米株高を始めとするトランプラリーの再開
商いの伴った日本株高円安が「継続」するのを確認するまでは、
腰を据えた新たな参戦は控えておきましょう。
数年単位で腰を据えるにしても、明日がリバウンドしようとも、
25日前後までリバウンド基調が続いたとしても、
焦って参戦する必要もないでしょう。
何より来週からは国内企業決算も本格化するので、
決算を見極めてからでも遅くはないですからね。

新興市場については本日も続伸となり、商いも多少は伴っており、
少なくとも25日前後まで・・・という期待も感じさせる動きなので、
割り切って勝負するのもアリですが、
あくまで本日だけが多少の商いを伴っただけであり、
明日も商いを伴った上昇とならない限り、アテにはならないので
現状は下落局面で商いが膨らみ、上昇局面では商いが減少、
という下げゴリモードが継続中と見て、
値きを把握している個別銘柄以外は、警戒モードで構えておくのが無難です

テーマや政策関連の環境としては好環境が続いているのですが、
現状は地政学リスク等のテンコ盛リスクは何ら解決されておらず
新興市場も無視は出来ない状況なので、今は慎重に動きましょう。
一応、来週から決算シーズンも始まるのでね。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.