不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
二度あることは三度ある?三度目の正直?まさか?
こんばんはです。

本日も債券が買われて長期金利も低下しており、
海の向こうでも米国を始め債券買い(金利低下)が続いているので、
トランプマンの演説を控えての警戒モードな債券買い・株売りとも言えますが
利上げ路線のはずの米国は、米債券買い(米金利低下)ドル安に対しても
米経済&米企業にとっては追い風だ!という御都合解釈となり、
債券買い・株買いというユルフン(金融緩和)国の様な動きとなっており、
米株は際立つ堅調ぶりを発揮しております。

米国市場は需給面とバリュー面においては危うい水準ではありますが、
米マクロ&ミクロの両環境においては堅調ですから、
主役のトランプマンが下手をこきさえしなければ、
際立つ米株の強さも頷けるのですが、
いかんせん商いがイマイチ伴わない足腰の弱さですから、
米株は際立つ堅調ぶりとは言ってもスリリングではあります。

一方、我が国は米国・・・いや米株を除く世界的な警戒モードによって、
定番のリスク回避な円買いという重石も加わり、
日本株の弱さが際立っているとも言えますが、
先進国の中では最も政治が安定しており、足元の国内の需給環境も良好であり
今期の企業業績も堅調で数値的には割高感もなく(肝心なのは来期ですけど)、
マクロ環境も悪いわけでもないので、
日本株こそ際立つ強さになってもおかしくはないのですが・・・
残念ながらそうとはなっておらず、商いも盛り上がらないままであり、
主役はトランプマン率いる米国であることに変わりは無いということです。
(東芝の過保護も原因じゃないのかとは言いたくもなりますけどね・・・)

そんな主役の米国ではトランプマンの議会演説が
明後日の1日11時から行われ、またしても男前に日出る国として、
我が国は場中に迎え撃つことになりますので、
本日を含め主体性がない動きなのも仕方ないのでしょうけど・・・

とりあえず明後日のトランプマンの議会演説を受けての我が国としては、
ブレグジットや米大統領選のように一時的に荒れても戻すんじゃね?
という二度あることは3度あるとなるのか・・・
それとも三度目の正直とばかりに今度こそ大荒れとなるのか・・・

当事国の米国市場としては、
足元の警戒モードな米債券高(米金利低下)ドル安が正しいのか・・・
それとも際立つ強さの米株高が正しいのか・・・

という日米両国目線での市場の反応がどうなるのかが焦点でおます。

但し、政策の具体的な中身の見える予算教書が13日頃の発表となり
具体的なミラクル減税策の発表は8月とも言われていたりするので、
議会演説でこれらの具体的な内容を言及をしなければ、
予算教書と共にFOMC等の日程とも被る3月中旬までは大きく崩れず、
前者の二度あることは三度ある展開となりそうですが・・・

それどころか堅調すぎる米株はともかくとしても、先に述べた通り、
国内環境は良好ではあるので、足踏み状態のまま演説へ突入すると、
演説当日はまさかまさかの一時的にすらも崩れず、お祭り騒ぎとなり、
そのまま3月中旬まで突っ走る可能性も無きにしもあらず・・・
(夜の米国時間に入ってから大崩れしたら笑いますけど)

結局どないやねん!ということですが、
主役であり日本株の親分でもある米株は、
足元で米債とドルの動きがどうなろうとも、
御都合解釈をするスリリングな強さを見せている一方で(原油も)
需給面での過熱や割高感も指摘されているので、
せめて現状のイマイチな商いではなくゴリ商いを伴った米株高とならなければ
いつ崩れてもおかしくはない状況であるのも事実なのですが
三度目の正直が起きるのであれば、3月中旬のヤマ場と見ており、
今回の演説は二度あることは三度あるパターンと見ております。

ちなみに本日の空売り比率は41%と2月3日以来の40%台となり、
米大統領選以降、空売り比率が40%を超える日が2-3日続くと、
買戻しと言えばそれまでですが、底打つパターンが続いているので
日本時間で明後日のトランプマン演説を控え、
明日だけでなく明後日も40%を超えるようだと
騒ぎになったとしてもブレグジット、米大統領選のように一日だけで終わる
という二度あることは三度あるという展開、
まさかの騒ぎすら起きずに3月中旬まで突っ走る
という展開になるための燃料にはなりますけどね。
だからこそいっそのこと明日も空売り比率が40%を超える軟調な展開の方が
明後日の演説へのリスクは軽減されるとも言えますけどね。

以上の通り、最大のヤマ場は3月中旬だとは思いますが、
明後日のトランプマンの演説も十分に動くきっかけにはなりますので、
それまでの動きについては、短期的なものと見ておけばいいでしょう。

ということで明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので
トランプマン演説までの動きは短期的なものと捉え
演説開始の明後日の11時までは、割り切って勝負するのもアリですが、
それまでは方向感なくどう動いてもおかしくはないのも事実なので、
その日限りの勝負に留めるのが無難ではあります。
繰り返し書いている通り、足元で堅調な米株と原油までが崩れることなると、
一気にリスクオフムードが高まることになり、
結果的にトランプラリーが全て反転する動きでもありますので、
場中は米株先物と原油の動きには特に注意しておきましょう(商いも)。

腰を据えて構えている方についても、ヤマ場としては同様ですが、
シンプルに米株と原油の崩れまでが加わり、商いも伴うようであれば、
ヤマ場を前に撤退するのもアリですが、
銘柄にもよるとは言え、そもそもここまで上げると余裕もありますし
現時点では大きなヤマ場は3月中旬と見ており、
年内等の長期的な見通しも明るいことに変わりはないので、
ヤマ場通過後の市場の動きを見極めてから判断しても遅くはないでしょう。

腰を据えて新たに参戦する方についても同様に、
現時点では年内等の長期的な明るい見通しにも変わりは無いので、
決算を終えたもので、今期が少々悪かろうとも、
来期が増収増益見通しであり(できれば来期割安)、
取り組み妙味のある銘柄は物色していけばいいのですが、
以上の通り、明後日が目先のヤマ場ではありますので、
あえて明日に参戦するのではなく、
ヤマ場通過後の市場の動きを見極めてから参戦するのが無難です。
もしヤマ場をきっかけにリスクオフとなってしまうようであれば、
当然ながら仕込むにはチャンス到来ですからね。
中小型割安銘柄についても同様です。

新興市場については、本日のマザーズは今年一番の商いでの続伸となり、
上昇局面では商いが増加、下落局面では商いが減少、
という上げゴリモードが継続していると言えますので、
シンプルに商いの伴った下落が連続するまでは、勝負姿勢でいいのですが
明後日のヤマ場を経て世界的に商いを伴ったリスクオフとなれば
新興市場も無視は出来ず、急変する可能性も十分にありますので、
一応、明後日のヤマ場前後の海の向こうの動きと共に
特に米株、米債、ドル、原油の動きと商いくらいは横目で見ておきましょう。

ただし長い目での新興市場を取り巻く環境については、
今週も来週も政策やテーマに関わる官民イベントは多く、
国会も真っ只中ですから、政策関連への追い風は続いており、
海の向こうと共に主力大型株がヤマ場をきっかけに、
商いを伴うゴリゴリのリスクオフではなく、
商いも伴わない動きだけのガス抜きのような巻き戻しであるならば、
足元の様に新興市場への資金流入が続く可能性は高いので、
今のところ季節性も含め新興市場は中長期的に明るいと見ております
(特にマザーズ)

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.