不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ワンダーとターナーとバングラ食堂
おはようございます。

昨夜はプレミアムフライデーだったので、シャレオツなレストランへ・・・
というはずもなく、ブレないフライデーとばかりに
ゴリゴリ筋トレも兼ねていつもながらのバングラ食堂へ・・・

そうです、当ブログでお馴染みの日本人のばあさんがオーナー兼レジ係であり
厨房で調理するのはバングラディシュ人、助手のスリランカ人とネパール人、
接客はバングラ野郎の嫁とポーランドから来た美しすぎる空手家姉さん、
自称スリランカのローラでありながらフィフィにしか見えず、
ホイス・グレイシーの様な殺し屋のような目つきであるスリランカくんの彼女
というインチキ日本レストランのような多国籍軍な面々でありながら、
いわゆるおふくろの味の一膳飯屋(和食堂)へ・・・

まずは筋トレをしようと、店の横にある倉庫内のバングラスジムへ入り、
勝手にベンチやらスクワットをこなしてから店内へ入ると、
いつもはレジで半生ミイラ化してお迎えを待っているバアさんが立っており、
バアさんを囲むようにバングラ野郎と美しすぎるポーランド空手家姉さん、
殺し屋フィフィ(スリランカハニー)が話しており、
まさか金正男のように毒殺でもされるんじゃないのかと身構えましたが、
どうやら店の奥で客が言い争っているとのことで、
止めようかどうしようか話し込んでいたようです。

とは言え、ややこしい輩同士の言い争いではなく、
おばちゃん同志の言い争いだそうなので、放っておこうということになり、
私も気にせずにおかず棚に向かい、バングラ野郎おススメ・・・
というかゴリ押しの馬糞のようなプレミアムハンバーグには目もくれず
塩サバと玉子焼き、サラダを二つチョイスし、ごはん小と味噌汁を注文し
揉め事の起きている店の奥にあるいつもの席へ向かうと・・・

揉めていたのは以前からちょくちょく見掛けている常連客のおばさん・・・
というか女優サングラスのようなデカイサングラスをかけているのですが
手にはいわゆる目の不自由な方が持っている棒を持っているので、
デカイ女優サングラスはそう言う事情なのだろう・・・

と思いつつも、棒は手に持っているだけという感じもあり、
サングラスの奥の目の動きや顔の動きや反応を見ていると、
敢えて言いたくはないのですが・・・

スティービー・ワンダー的な疑惑のあるおばさんなのか?
(S・ワンダーがそうだとは言っておらず、あくまで一部の噂です)
視覚版佐村河内なのか?と見る度にいつも怪しさを感じてはいたのですが、
不自由さの度合いにも色々あるでしょうから、
私の中ではスティービーワンダーおばさんと心の中で命名しながらも、
いつしか日常の光景となっておりました。

そんなことよりもスティービー・ワンダーと対峙して揉めているのが、
友人なのか知り合いなのか知りませんが驚くべきことに
「ティナ・ターナーやないか!」
と声をあげてツッコミたくなるほどのクリソツな風貌のおばさん・・・
(服は単に派手なだけでしたけど)
思わぬ大物シンガー同士の言い争いに遭遇することに・・・

ただし声を荒げて罵り合っているわけでもなく、
スティービー・ワンダーの方がひたすら「もうわかったから」と・・・
ティナ・ターナーの方は「わかってないわ」と・・・
という無間地獄のような応酬が続いており、
店内の他の客も静かに二人の会話に耳を傾けているような空気に・・・

恐らくスティービー・ワンダーおばさんに対しては、
私だけではなく他の客も佐村河内ってる?
という疑問が少なからずあるはずなので(推測に過ぎないですが)、
もしかしてついに真相が判明する?
というドキドキな空気に店内が包まれる中、
なんと!スティービー・ワンダーおばさんが女優グラサンを外す事態に!

やっぱり佐村河内ってたのか!?

私を含めた店内に居る客は箸を止め、耳をダンボにしながら顔はそのまま、
視線だけはスティービー・ワンダーおばさんに集中し、
密かに固唾を呑んで見守る店内・・・

ついに自白するのかと思いきや、
スティービー・ワンダーおばさんはハンカチを出してシクシクと泣き始め、
それに対してティナ・ターナーおばさんが、
「また泣くんかいな・・・泣いて済む話か!」と一刀両断・・・

私を含め固唾を呑んでいた店内の客には多少のガッカリ感が漂うと共に、
止まっていた箸も動き出し、店内の緊張も緩むことになったのですが、
その後も私は飯を食いながら聞き耳を立てていると、
ティナ・ターナーおばさんが
「お姉ちゃんズルいわ!また私かいな・・・」と泣き始め、
二人とも泣き始めたことにもビックリはしたものの、
お前ら姉妹かいっ!スティービー・ワンダーとティナ・ターナーって・・・
どえらい姉妹やな・・・という事実に対して、
思わず米粒と味噌汁が鼻から噴射しそうになりながらも何とか堪えたのですが
ちょうど姉妹を挟むように私の向いに座っていた常連客の一人と目が合い、
お互いに懸命に笑いを堪えている顔に耐え切れず、
「プッ・・・フゴッ・・・」と思わず噴き出してしまうことに・・・

どうやらグラミー姉妹は遺産?お金?の話で揉めているようであり、
姉のスティービー・ワンダーの方が目が不自由なので
取り分を多くしてくれみたいなことを言っているようで、
それに対してティナ・ターナーが応じないという構図のようでした。

その後もお互いに泣きながら話し合いが続いていたものの、
私を含め店内の客も興味を失ってしまい、店内の空気も元に戻ったのですが
突然スティービー・ワンダーおばさんが、
「もうええ!帰る!」と言って席を立ち、女優グラサンを掛け、
棒は地面を確認することもなく握ったまま、
軽快な足取りで店を飛び出すスティービー・ワンダーおばさん・・・
会計を済ませて後を追いかけるライオン・・・ではなく、
ティナ・ターナーおばさん・・・

そんな二人を箸を止めて見送りながらも・・・やっぱり見えてる?
という空気が再び店内を包んだものの、疑問を口に出す者はおらず
再び店内の客の箸は動き始めることに・・・

すると東南アジアでは五本の指に入るくらい空気の読めないバングラ野郎が
真剣な顔で私に近付くなりデカイ声で・・・

「アノ人、見エテマスヨネ」

一瞬にして緊張が走る店内・・・私に視線が集中する店内・・・

「まぁ多少は見えとるんかもしれんな」

と思わず言ってしまうゴリラ男・・・

「チガイマスヨ、全部見エテマスッス」

としつこく食い下がる空気の読めないバングラ野郎・・・
「そんなもんわかっとるがな!」と言ってしまいそうになるのを抑え、

「全部見えとるかも知れんけどボンヤリなんやろな、大変やなぁ」

と良からぬ巻き添えを食らわぬようにシャッターを下ろそうとしたものの
バングラ野郎は許してくれず、バールでシャッターをこじ開けるように

「ハッキリ見エテマスッス、コノ前ハネ・・・」

と答え難い余計な疑惑エピソードを聞かされそうになったので

「御馳走さん、筋トレして帰るわ」

と無理矢理にシャッターを下ろし、
バングラ野郎との激戦・・・いや凡戦に終止符を打って席を立ち、
お迎えを待っているバアさんのいるレジに向かい会計を済ませ店を出ると・・
店の前にスティービー・ワンダーとティナ・ターナーが・・・

お互い暗い中でも視線をバッチリ合わせながら、
言い争いをしておりましたが、
それに対して「見えとるがな!」とツッコミも入れず、
私の方が見て見ぬふり・・・見えないふりをすることに・・・

そして筋トレをして帰ると言った手前、やらずに帰るわけにもいかないので、
食前に続いて食後の筋トレもして帰りました。

何ともまぁ・・・プレミアムなシンガーには遭遇することになりましたので、
歌は聞けなかったものの私なりのプレミアムフライデーではありました。

引き続き、良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

みずほ | URL | 2017-02-26-Sun 18:28 [編集]
バングラ劇団にまたしても芸達者なニューカマーが!?
佐村河内女版(疑惑)とは‥ご苦労なことです(・_・)

この姉妹の本当の所はアレですが、相続の兄弟不仲は本当~~によく聞きます。
さらにその前段階の終末医療ケアと言うのか、最期の呼吸器の使用について、自発呼吸に切り替えるタイミングとか、後で家族の意見の違いがあった…で揉める事もよくあるそうです。
やり直しできないですし。

皆々様、仲良くしていただきたいです。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-02-26-Sun 21:21 [編集]
> バングラ劇団にまたしても芸達者なニューカマーが!?
> 佐村河内女版(疑惑)とは‥ご苦労なことです(・_・)

ニューカマーでもなく、以前から居た人ではあるんですけどねw
> この姉妹の本当の所はアレですが、相続の兄弟不仲は本当~~によく聞きます。

聞く限りでは単なる臨時収入ではなく遺産っぽかったです。

> さらにその前段階の終末医療ケアと言うのか、最期の呼吸器の使用について、
> 自発呼吸に切り替えるタイミングとか、後で家族の意見の違いがあった…で揉める事もよくあるそうです。
> やり直しできないですし。
>
> 皆々様、仲良くしていただきたいです。

おっせかいな地域社会も無くなってきたり、
核家族化も進んでいるからこそ、
身内だけは仲良くしたいものです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.