不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ウダウダ考えつつも変わりない週明け
こんばんはです。

市場のアノマリーである節分天井と言われる節分が先週末に過ぎ、
現地時間では5日ながら日本時間では本日、スーパーボウルが開催され、
市場のアノマリーである「スーパーボウル理論」で言えば、
AFL側のニューイングランド・ペイトリオッツが大逆転勝利したので、
今年のダウも下がることになります・・・(笑)
まさにペイトリオッツの大逆転劇のように、
トランプマンへの期待だけでなくトランプラリーも大逆転に・・・(笑)

まぁ・・・最近は節分天井もすっかり効果が無くなりつつありますが、
スーパーボウル理論も過去20年間では50%の確率でしか当たっておらず、
AFL側が勝った場合(ダウが下がる)に至っては約27%の確率です。
そもそもダウのチャートを見ればわかる通り、
そりゃあNFL側が勝った場合のアノマリーの方が当たり(75%)
AFL側のアノマリーが外れるのも仕方ないですけどね(笑)

ましてや現時点におけるトランプマンは、
過去の大統領とは比較できない色んな意味でのモンスターであり
アノマリーもへったくれもない可能性を秘めているので、
そうなるためにも現状の普通な水準の商いでは無く、
商いが爆発的に膨らむか、逆にかつてない程に減少するか、
どちらかにならないと・・・

とにかく上がろうが下がろうが、
日本の民主党時代に繰り広げられた限界集落のような激薄商いではなく
活気のある爆発的な商いを期待したいものですが、
主役はトランプマンですから、日本としては週末の日米首脳会談、
世界的にはトランプマンの予算教書と一般教書演説までは、
商いが膨まない可能性もありますが・・・

しかし肝心の予算教書は「通常」ならば本日が期限とも言われておりますが、
中旬以降になるとも言われており、一般教書演説は月末以降とも・・・

中旬には恒例のイエレンおばさんの議会証言(14-15日)、
大人の都合な45日前ルール(15日)、米SQ(17日)とも重なるので、
思惑だけでも先走ることを期待したいところですが、
トランプマンは週末にも相変わらずの言いたい放題であったり、
米国内でも入国制限を巡るドタバタコントが繰り広げられているものの、
市場は飽きているのか、以上の様な日程まで様子見しているのか、
動きとしては過敏に反応することも無く落ち着いております。

とりあえず我が国としては、まさか今日にでも予算教書が飛び出さない限り
今週末の日米首脳会談がヤマ場となりそうですが(11日は満月でもある)、
本日はマクロ面では12月と16年の毎月勤労統計が発表され、
12月の実質賃金は1年ぶりの減少となりましたが、
16年の通年としては5年ぶりのプラスとなりました。
ミクロ面では週末に安倍ちゃんマンと密会した章男ちゃんマン率いるトヨタが
3Q決算と通期予想の上方修正を発表しております。

いつものように日本の盟主としての責任と言わんばかりに、
想定為替レートを甘い設定にしてまで業績を引き上げるのではなく、
1ドル107円、1ユーロ118円と厳しく修正しており、
現状の為替レートから見れば業績の上振れ余地があるとは思うのですが、
業績の数値自体が市場予想には届かなったようなので、
日米首脳会談も控えており、明日の反応は難しいところではあります。
株価自体は足元で低迷していたので、期待したい所ですが・・・

先日も触れた通り、トランプマンの攻撃対象である自動車を含む通商問題が、
日米首脳会談における市場の関心事ではあるだけに、
いっそのこと下方修正でもした方が、先日の米新車販売での落ち込みも含め、
「日本の自動車はそんなに儲かってまへんで」
とのアピールになったのでは・・・とも思うのですが、
わざわざ安倍ちゃんマンと会合をした上での決算発表ですから、
私の様なただの筋肉ゴリラが心配せずとも、
それなりに日米首脳会談への対策は出来ているとは思いたいところです。

ただ・・・先に来日していた狂犬マティス国防長官が強行ではなく、
やたらと日本側に歩み寄りな姿勢を示していただけに、
それと引き替えに為替も含めた通商問題では強行姿勢で来るのでは?
というこれまた大きなお世話な筋肉ゴリラの心配も募りますが・・・

ほんまにエアフォースワンに同乗して別荘に招かれて飯を食い、
さらにゴルフまでプレーして、小泉パパのプレスりー熱唱以来となる、
トランプマンの孫がお気に入りのPPAPを大統領の前で熱唱し、
蜜月ぶりを世界に見せつけるのであれば、心配無用なのでしょうけど・・・
くれぐれも蜜月ぶりを見せる引き替えに、
トランプマンの言いなりのような忠犬ぶりを見せないことを願うばかりです。
それこそエアフォース「ワン」なんて揶揄されかねないですからね。

最悪はゴルクラブでのシバキ合い・・・失礼、ドタキャンされたりですが、
散々に報じられたお食事会とかゴルフが無くなるようだと、
市場にはガッカリ感も台頭しそうではありますので、
出来る限り対等に近い蜜月ぶりをアピールして頂きたいものです。

あ、そういえば、チャッカリとハゲ社長が同行していたら笑えますけど・・
エアフォースワンからハゲ社長が出来たら、
コーヒーを鼻から吹き出しそうですが、さすがにそれは無いか(笑)

ちと話が逸れてしまいましたが、現在の海の向こうは、
米債券安、ドル高、米株高が揃踏みとなるトランプラリーではなく、
足元では米債券高(米金利低下)、ドル安基調からも脱しておらず、
米株高だけという御都合解釈モードではあります。

ただし繰り返し書いている通り、
市場のリスクオン・オフの空気を決めるのは米株と原油であり、
現状は米株が堅調な上に原油も追随しているので、
肝心の米債が足踏みしていようとドルが未だドル安基調のままであろうと、
米国を始め海の向こうはリスクオフになることもなく、
我が国も円高に目を瞑っての株高が継続しているという状況です。

一応、我が国は本日決算を発表したトヨタの想定為替レートが、
今後の業績への影響の基準というか裏付けにはなりますし、
先週末に黒銀が辻斬りオッペケペー(緊急の国債買入オペ)に動いたことで
10年債利回りが0.1%を超えるようだと、
また動きまっせーという市場への睨み効果も続いておりますので、
黒銀の睨み以上の猛烈な米債券高(米金利低下)ドル安にでもならない限り
多少の円高にも目を瞑る状況も頷けるとは言えます。

ちなみに19時現在、黒いおじさんを挑発するように0.1%超えてますので
このまま明日を迎えると、またしても怒りの黒い巨砲が火を噴くかも(笑)

以上の通りなので、商いが伴わないことには危うい動きではありますけど、
来週以降のトランプマンイベントまで・・・
国内では週末の日米首脳会談まで続く可能性は十分にあり得るということです

一応、超目先である明後日の寄り前までの重要イベントしては、
今夜はギリシャに絡むIMF理事会、ドラギECB総裁議会証言、
米1月LMCI、フィラデルフィア連銀総裁講演(投票権有)
明日の国内では10時と14時の日銀オペの反応と思惑、約180社の決算
海の向こうでは中国1月財新サービス業PMI、中国1月外貨準備高
豪準備銀行金融政策会合、独12月鉱工業生産
米12月貿易収支、米12月労働調査、米3年債入札、GMとディズニー決算
明後日の寄り前は、12月国際収支、金融政策決定会合における主な意見
といったところです。

ということで明日のスタンスとしては、持ち越し短期勝負の方、
腰を据えて構えている方、腰を据えて新たに参戦する方については、
昨日書いたものと全く同じなので割愛させて頂きます。
新興市場で勝負する方についてもほぼ同じなのですが、
本日は続伸したとは言え、商いはイマイチだったので、
昨日書いた通りのままのスタンスで明日も構えておきましょうということです

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

みずほ | URL | 2017-02-07-Tue 11:54 [編集]
エアフォース「ワン」www…うまいw!

さて、今朝もトランプウォッチングしましたらfoxTVかな?のインタビューでプーチン大統領を尊敬すると答えたのを受け、メディアが「なんですと!?尊敬とな!?」な反応をしておりました。

トランプマンは続けて「一国の大統領として敬意をはらう」「国をちゃんと統率している」…旨の事を言っていました。

インタビュアーが彼は人ごろしですぞ!と言うと、アメリカにもそういう事(人)はある、きれいな事だけしてきた訳ではない、…旨(大意)の答えでした。

まともですよね…。

他の局では、道徳的にロシアがアメリカと同等だなどと言うのか?以ての外だ、みたいに言っていました。
激おこプーチン間違いなし(>_<)と思うんですけど。大丈夫ですかね。

なんだか誰が差別的で誰が保守的で誰がリベラルなんだかわからない感じです。

単発の反応ばかりじゃなく、ちょっともう少し方針を整理してまとめて欲しいところです。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-02-07-Tue 12:48 [編集]
> エアフォース「ワン」www…うまいw!

ありがとうございますw

> さて、今朝もトランプウォッチングしましたらfoxTVかな?

すっかりトランプウォッチャーですねw

> のインタビューでプーチン大統領を尊敬すると答えたのを受け、
> メディアが「なんですと!?尊敬とな!?」な反応をしておりました。
>
> トランプマンは続けて「一国の大統領として敬意をはらう」「国をちゃんと統率している」…旨の事を言っていました。
>
> インタビュアーが彼は人ごろしですぞ!と言うと、アメリカにもそういう事(人)はある、きれいな事だけしてきた訳ではない、…旨(大意)の答えでした。
>
> まともですよね…。
>
> 他の局では、道徳的にロシアがアメリカと同等だなどと言うのか?以ての外だ、みたいに言っていました。
> 激おこプーチン間違いなし(>_<)と思うんですけど。大丈夫ですかね。
>
> なんだか誰が差別的で誰が保守的で誰がリベラルなんだかわからない感じです。

トランプマンへのアレルギーは感情論に近いですもんね。
大きな変化を起こす人を嫌うのは常でもありますけど・・・
日本のマスコミもトランプマンが中国とロシアと日本のリーダーと話すにはゴルフがいいと、
言っていたことに対して、同列に扱われて憤慨とばかりのことを言ってましたからねw

> 単発の反応ばかりじゃなく、ちょっともう少し方針を整理してまとめて欲しいところです。

ひとまず予算教書と議会運営を見たいところです。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.