不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
護摩行イワシのバングラルーレットな節分
こんにちはです。

昨夜は当ブログでお馴染みの日本人のばあさんがオーナー兼レジ係であり
厨房で調理するのはバングラディシュ人、助手のスリランカ人とネパール人、
接客はバングラ野郎の嫁とポーランドから来た美しすぎる空手家姉さん、
自称スリランカのローラでありながらフィフィにしか見えず、
ホイス・グレイシーの様な殺し屋のような目つきであるスリランカくんの彼女
というインチキ日本レストランのような多国籍軍な面々でありながら、
いわゆるおふくろの味の一膳飯屋(和食堂)へ、
いつもの如く飯を食いに行くと・・・

昨日は節分だったので恵方巻とイワシを食いたかったというのもあり、
毎年のことではあるのですが、下手をすれば鬼のお面を被ったバングラ野郎が
ハイテンションで切盛りしているという暑苦しさもあるのですが、
それも覚悟の上で店へカチ込もうとすると・・・

店の横にあるウェイト器具が置いてあるだけのパンクラスジムならぬ、
バングラスジムの方からモクモクと煙が上がっていたので覗いて見ると、
サンマをスリリングなミディアムレアに焼き上げるスリランカくんではなく
フィフィとホイス・グレイシーを足して2で割っているとしか思えないのに
自称ローラだと言い張るスリランカハニーが、
七輪の上でイワシを火炙りの刑に・・・

せっかくスリランカくんはサンマをミディアムレアではなく、
ちょうどいい焼き具合に仕上げる魚焼き職人になりつつあったのに、
スリランカハニーが新たな魚焼き係となると・・・しかもイワシ・・・

そしてイワシの脂で轟々と炎と煙が舞い上がる中にイワシ・・・
全く動じずホイスグレイシーの様な目でイワシを睨むスリランカハニー・・
そんな地獄絵図の様な光景を少し離れた位置から見つめながら、
護摩行みたいになってますけど・・・火が強すぎて中は焼けてるのか・・・
とツッコミたい衝動を抑えるゴリランカ野郎・・・

そりゃあサンマもイワシも鮮度が良ければ生で食えるものですから、
大丈夫だとは思うのですが、かつてミディアムレアなサンマによって、
店内のレンジ前に静かな抗議デモのような行列が出来た事件もあっただけに、
今回もいざとなればレンジ前で静かな抗議デモをすればいいか・・・
と寛大な心と王者の風格で店へカチ込もうとすると、
店の横のホワイトボードに書かれたオススメメニューには、
節分スペシャルメニューとして恵方巻とイワシの塩焼きと書いているのですが
その下になぜかイワシのカルパッチョ・・・

まさか静かな抗議デモを事前に鎮圧するために、
生でも食えるイワシやでと予防線を張っているのか・・・
と穿った見方をしながら店内へカチ込むと、
最近なぜかお気に入りの長友の日本代表ユニフォームを着たばあさんが、
レジの横ではマナーモードのように小刻みに震えながらも、
半生ミイラのような仮死状態で座っており、
「こんばんは」と声を掛けても「いらっしゃい」と言うはずもなく
生体反応すらもないので、気にせず遺体を放置したまま店の奥へ・・・

日に日に身体がゴツくなっており、
いずれはギャビ・ガルシアのようになってしまうのでは・・・
と心配になる美し過ぎるポーランド空手家の「イラッシャイマセー!押忍!」
という声を聞きながら、おかずの陳列棚へ向かうと、
これまた最近はバングラジムでのウェイトでゴツくなっているバングラ野郎が
悪ノリの鬼の面は被っておらず、
「イラサイマセースー・・・オッス」
という変わらない余計な語尾のついた甲高い声で現れ、
天性の間合いの詰め方で鼻毛も丸見えの位置まで顔を近付け、
「コンバンハデスッス、節分ダネ、オニイサン・・・オニだけに」
とドヤ顔をさらに近付けるバングラ野郎・・・
「そうやな、おもんないけどな」
と一刀両断するものの鉄の心のバングラ野郎には通じず、
「バングラジョークネ、ガハハハハハ!ハイ、コレオマケデスッス」
と言って袋に入った豆を渡して忙しく厨房に戻るバングラ野郎・・・

そして陳列されたおかず棚に目を向けると、
節分らしく恵方巻とイワシがズラリと並んでおり、
温度調整できる棚には予防線カルパッチョも・・・

当然ながら予防線カルパッチョには目もくれず、
気になっていたイワシをチェックすると、
黒ナマコのようなイワシとイワシらしいイワシが並んでおり、
明らかに焼き加減の違いが・・・

黒ナマコの方は完全にスリランカハニーの護摩行イワシやな・・・
と思いながら厨房の方を見ても魚焼き職人のスリランカくんの姿は見えず・・
え?どちらもスリランカハニー仕上げのイワシなのかと思い、
果たしてどちらのイワシが完全に火が通っているのかと悩んでいると、
入り口の扉が開き、スリランカくんが・・・

どうやら買い物に行っていたようなので、
迷わず護摩行イワシではない方のイワシを選択し、
恵方巻とサラダと筑前煮を持って席に付き、念の為、スリランカくんに
「イワシを焼く係は彼女になったんや」と確認すると、
「ソウデス、マカセテマス」
「え?そ、そ、そうなんや」
全部なのか?と聞き返すのは我慢して、
レンジ前に静かな抗議デモをしようかとも思いましたが、
箸で焼け具合を確認すると大丈夫そうだったので、
おいしくいただくことにしましたが、
護摩行イワシの方はどうなんだろうと考えていると・・・

首をかしげながら護摩行イワシを持ったおじさんが、
レンジ前で静かな抗議デモを始めたので、
やはり私の選択は間違っていなかったと・・・
ロシアンならぬバングラルーレットに勝利した小さな喜びを噛みしめ、
それなりに満足して席を立つと、
おかず棚の前でバングラルーレットに挑んでいる兄ちゃんが・・・

そんな兄ちゃんに対して心の中で「悩め若者よ・・・」
と横目に見ながらレジに向かうと、
バングラ野郎がその兄ちゃんに相変わらずの接近戦を挑み、
「コンバンハデスッス、節分ダネ、オニイサン・・・オニだけに」
とこれまた相変わらずの1mmも面白くないのに、
鉄板のギャグだと思っているバングラギャグを披露しており
苦笑いされようと自分だけは大笑いする鉄板の心を見せるバングラ野郎・・

そんな光景に呆れながらも落ち着きを感じてしまうゴリラ野郎・・・
そしてレジで生体反応のないバアさんの蘇生を行って会計を済ませ、
護摩行を行っているスリランカハニーの横にあるバングラスジムで、
勝手にゴリゴリと筋トレして帰って来た鬼のような節分の週末・・・

どうやら週末の市場では、節分天井じゃないのか?
とも思える堅調な展開で米国市場が引けておりますが、
主役の鬼でもあるトランプマンは退治されず健在のようでもあります・・

その辺は明日の記事で書きますので、引き続き良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

A | URL | 2017-02-04-Sat 12:22 [編集]
今回は、マナーモードのように小刻み、のところで噴き出しました。そこからはもう完敗です、番長!!
Aさんへ
マーケット番長 | URL | 2017-02-04-Sat 12:30 [編集]
> 今回は、マナーモードのように小刻み、のところで噴き出しました。
> そこからはもう完敗です、番長!!

ありがとうございますw
揺れが止まると共にお迎えが来るのだろうと思うと、
心配にもなりますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.