不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
動きとしては巻き戻しながら、目線は・・・
こんばんはです。

先週末に開催されたトランプマン大統領就任式が終わり、
海の向こうは先週末の市場だけでは織り込み切れてなかったので、
我が国が日出る国として世界の先頭で迎え撃つ週明けとなり、
日経平均は246円安(1.3%安)、トピは1.2%安で引けましたが、
いかんせん本日の商いは2.2兆円と薄商い・・・
最後っ屁(日経採用銘柄入れ替え)があったものの、
それを差し引くと大統領就任式前だった先週末とほぼ同水準の薄商いであり
新興市場の商いはイマイチながらも続伸して引けておりますので、
就任式をきっかけに流れが変わったとも言い切れない一日でおました

しかしながら商いはともかくとしても、市場の動きとしては、
海の向こうは米債券高(米金利低下)ドル安、米株先物安となっており、
先週末の就任式でのトランプマン演説以降の動きがほぼ継続中であり、
いわゆるトランプラリー(米債券安、ドル高、米株高)が反転する動きなので
現状はそれ次第である我が国の円安株高ラリーも反転しております。
日経、TOPIX共にイチモツ均衡表の遅行線も下抜けており、
ダウとSP500は下抜け間近(ナスはまだ余裕あり)、
ドル円、ユーロ円はすでに下抜けております。

トランプラリーと共に世界の市場を牽引してきただけでなく、
米株と共に市場のリスクオン・オフスイッチの役割を担ってきた原油は、
21-22日の産油国の減産順守監視会合にて、抜け駆けの増産も見られず、
一致団結の減産順守が確認されたからなのか、踏ん張りを見せており、
動きとしては油高ラリーが再開するとまでは言えないものの、
リスクオフモードの歯止めにはなっております。

以上の通りなので、原油以外の動きとしては、
大統領就任式をきっかけにラリーが巻き戻す動きになっておりますが、
就任式への注目度が市場だけでなく世界的にかつて無い大きさだっただけに、
どっちに動くにせよ、もう少し商いを伴うと思っていたのですが・・・

いやはや・・・どうしたもんかね・・・(笑)

息の長い相場となるためには、商いは伴わずとも、
このまま巻き戻しが続いてガス抜きをしてもっらた方が健全なのですが、
今週からの日米企業決算ラッシュ入りを前に、
もしかして可能性として最も低いと見ていた、
薄商いでの小動きという見極めモードになるのか・・・

なにやらトランプマンの一般教書演説は、
米雇用統計とも重なる来週末(2月3日)に決まったそうですからね・・・

さらに日米共に今週と来週が企業決算のピークを迎えるだけでなく、
国内では黒光り銀行の金融政策決定会合が来週30-31日
FOMCが31日ー1日、英中銀会合が1-2日、中国の春節明けが3日
EU首脳会合が3日、国内では代表質問を始め国会が始まり、
安倍ちゃんの訪米を含むトランプの外交ラッシュも来週までギッシリ・・・

以上の様な日程を考えると、ミクロ面である企業業績の見極めだけでなく
マクロ面での米雇用統計の見極め、日米英の金融政策面の見極め、
日米英欧の政治的な動きの見極め、
そしてトランプマンが就任式での演説のような抽象的なものではなく
具体的な政策を発表するであろう・・・
というトランプ政策の見極め・・・見極め・・・見極め・・・見極め・・・

まだ続くんかい!というあれもこれもな見極めモードが、
本日から来週末まで続くのでしょうか・・・(笑)

いくら本日は週明けとは言え、大統領就任式明けでもあったわけですから
さすがに本日のような薄商いを見せられると、
来週末まで方向感の見えない見極めモードが続くのかとすら思わされます

しつこいようですが、このような日程が控えているわけですから、
いっそのことガス抜きをして、トランプマンの一般教書演説をきっかけに、
トランプラリー再点火の方が、需給的にもスッキリしてわかりやすく、
心理的にも前向きムードに・・・
あくまで個人的な願望も含む都合の良いシナリオに過ぎないですけどね

一応、大統領就任から4月末まではハネムーン期間とやらですから、
以前にも書いた通り、その時期には何かと節目が重なり
暴落も含む本気のガス抜きとしては、ベタにセルインメイの可能性は高いので
来週末までのプチガス抜きという都合の良いシナリオすらも、
与えてくれないのかもしれませんけど、
ハネムーン期間と言うのはマスコミが主導する面も大きいだけに、
マスコミを敵に回したトランプには果たしてハネムーン期間と言うのは、
存在するのだろうか・・・と言わんばかりの批判報道の多さです。
(トランプマンも呟かざるを得ないという感じです(笑))

たしかにトランプマンは好悪入り混じる面があり、
政策としてもほんまにやれるのかという疑念もありますが、
何事もやってみなければわからないので、
やる前から出来ないとケチを付けでも仕方ないですからね・・・
ということもあり、私自身はハネムーン期間は見守りたいとは思いますが、
勝手ながら息の長いトランプ大相場となるためには、
来週末までの(目先の)ガス抜きだけはした方がいいのではと思うばかりです

そして私自身としては、目先のガス抜きになるとは思ってますけど、
以上の様な背景等を考慮して、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

ちなみに本日発表された安川電機の決算ですが、
通期予想は市場予想を上回る上方修正となっておりますが、
4Qの想定為替レートを1ドル115円、1ユーロ120に変更しているので
さすがに現状の為替水準と比べてもお気楽過ぎと言えますし、
その割には上方修正幅が・・・とも言えます。

好意的に解釈すれば、安川電機はともかく今後発表される外需企業決算は
さすがに現状の為替水準と3Qまでの企業想定為替レートとの乖離からも、
上方修正ラッシュとなる可能性は高いと言えます。
ただしあまりにもお気楽な想定為替レートに修正すると、
上方修正の説得力は薄れるということです(笑)
そして現状としては、もはや肝心なのは来期業績ですから、
今期が上方修正されるのは数字上の割安感が増すだけということです。

ということで、明日のスタンスについては・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の通りなので、
今夜の米国を始めとする海の向こうの動きを経て、
私の見方である米債券高(米金利低下)ドル安、米株安、
というトランプラリーが全て反転する動きが継続していれば、
その日限りの勝負に留めておきましょう。
特に油安(油高ラリーの反転)まで加わることになると、
リスクオフムードは高まります。
私の見方に反して米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、油高
というトランプラリー&油高ラリーが再開する動きとなっていれば、
大いに勝負すればいいですが、明確にどちらの動きともならず、
商いも膨らまず、来週末までの見極めモードになっていたとしても、
市場のリスクオン・オフ・スイッチを担う米株と原油が、
足並みを揃えて崩れていなければ、リスク覚悟で勝負するのはアリです。

腰を据えて勝負する方については、まだ余裕もありますので、、
各ラリーの反転・巻き戻しの一服になろうと、少々のリスクオフになろうとも
自分で決めた下値の目途を割るまでは王者の風格で構えておけばいいですし、
今夜以降の海の向こう経て、
シンプルにトランプラリー&油高ラリー&円安・株高ラリーが、
商いを伴って全て反転するようであれば、潔く一旦は撤退するのもアリです。

新たに腰を据えて参戦する方についても、
以上の様な事態となれば即座に撤退する姿勢さえ徹底するのであれば
中長期的な明るい見通しに変わりは無いので、目先のリスクは覚悟して、
個別の動きに合わせて好きなタイミングで参戦するのは自由ですが・・・
今週から企業決算が本格化するので、決算を見極めてからでもいいですし、
せめて今夜の海の向こうの動きを見極めてからでもいいとは思います。
中小型・割安銘柄で腰を据えて勝負する方も同様です。

新興市場で勝負する方については、
本日は続伸となったものの薄商いですから、
せめて明日が商いを伴った上昇とならないことには、
上昇局面で商いが膨らみ、下落局面では薄商い、
という上げゴリモードに転換したとは言えないので、
先に述べたような小難しい国内外の背景はともかく、
シンプルに商いの伴った上昇が継続するまでは、
慎重姿勢で構えておいた方がいいです。

もし今夜以降の海の向こうが世界的なリスクオフへと陥れば、
さすがに新興市場も無視はできないのでね。
ただし海の向こうがリスクオフまでとはならず、
先に述べたような来週末までの見極めモードへと突入するならば、
新興市場へ資金が流入する可能性は高くなります。

そして今後も政策やテーマに関わる官民イベントは多く
通常国会も本格化するので、政策・テーマ関連を始め、
懲りずに新興市場の中長期的な見通しは明るいと見ております(特にマザ) 

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

黒谷 | URL | 2017-01-23-Mon 21:37 [編集]
こんばんは。
今の状況からは遠いかも知れませんが、また日経平均が8000円台になるようなことがあるとしたらどんなシナリオでしょうか?
そもそも、そんなこと有り得るかな・・・
黒谷さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-01-23-Mon 22:02 [編集]
> こんばんは。

こんばんは。

> 今の状況からは遠いかも知れませんが、また日経平均が8000円台になるようなことがあるとしたらどんなシナリオでしょうか?
> そもそも、そんなこと有り得るかな・・・

トランプ退陣、中国バブル崩壊、ユーロ圏崩壊(もしくはEU)、
米のハイペースな引き締めでの新興国崩壊ドミノ
国内では安倍自民党敗退、日銀の出口転換、・・・
といったところでしょうかw
どれかがコンボすれば、より強力ですがw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.