不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
忘却の彼方へ去った?メイイベントからメインイベントへ
こんばんはです。

昨夜のメイイベント(メイ英首相演説)は、
ハードメイだったのかソフトメイだったのかの判断は専門家に任せるとして、
市場の動きとしては、当事国である昨夜の英国を見てみると、
足元で売られていたポンドが買われ(債券は買われる動き)、
12月から爆進していた英国株が大きく売られる素直な動きであり、
英国にとってはハードメイな動きと言えなくもないです・・・
(本日は英株高・ポンド安・英債券安で始まておりますが)

海の向こうのメインイベントであるトランプマン大統領就任に向けて、
市場の動きの主役であるトランプマンラリー&油高ラリーについては、
(米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高)
米債券安、ドル高は12月から一服しているものの、
米株を始め世界的には株価が踏ん張りを見せていたので(原油も)、
昨夜の英国株安をきっかけに米株を始め世界的な株安となれば、
トランプマンラリーが全て反転することになり、
リスクオフモードへ突入する可能性もあったのですが・・・

昨夜は米債券高(欧州も)、ドル安(ポンド安)、米欧株安(商い増)となり
12月から上昇している安全資産の金も続伸となり、
動きとしてはリスクオフ風味でトランプマンラリーが全て反転となりましたが
原油は小幅反発と踏ん張りを見せておりますので、欧州市場も含め、
イマイチ緊張感の薄いトランプマンラリーの反転で終えております・・・

そんな海の向こうの動きを受けた本日の我が国ですが、
朝方は流れを受け継ぐように円高株安の動きとなりましたが、
10時過ぎから徐々切り返し始め、終わって見れば日経平均は80円高
TOPIXは0.32%高で引けており、
すでにメイちゃんの演説は忘却の彼方へと言わんばかりでおます(笑)

まぁ6月のブレグジットの際にも、一日にして取り戻したので、
今回も同じやないか!と言えばそれまでですが、
市場の織り込み具合としては、6月よりも警戒感が薄かった上に、
週末にはトランプマンの大統領就任を含むメインイベントが控えているだけに
せめて週末まではラリーの反転モードが続くのではとも思ったのですが、
見ての通り、メイイベント(メイ首相演説)は忘却の彼方へ・・・

週末には仏野党の大統領予備選であったり、
今月中にも英最高裁でのブレグジットに関する判決を控えており、
今年はEU圏内の各国で選挙が控えているだけに、
果たしてほんまに忘却の彼方へ消えたと言っていいのか怪しいところですが、
市場のメインイベントであるトランプマンの大統領就任を含む週末のヤマ場は
明後日に控えており、実質的には明晩のドラギナイト(ECB理事会)が、
ヤマ場への開幕となりますので、現状としてはメイイベントよりも、
メインイベントの週末に目が向けられているという感じです。

いっそのことラリーの反転モードのままでメインイベントを迎えた方が、
リスクも軽減されると共に、多少は読みやすくもなるのですが、
このまま忘却の彼方モードでメインイベントへ突入するとなると、
慎重に構えたくもなります・・・

一応、日本株については、日経平均は年初の高値から約1000円下げており
裁定買い残は年初の2兆円から1.6兆円まで減っており、
シカゴ投機筋の円売りポジもやや過熱水準から減少しているでしょうから、
信用買い残も含めた国内の需給環境としては、過熱しているとは言い難いので
世界的に安定ぶりが際立つ政治、来週から始まる国内企業決算ラッシュを控え
為替レートから見た業績への安心感とも相まって、
今日までがわずかな押し目やでー!ということになり、
週末のメインイベントをきっかけに日本株は更なる飛躍へと向かうのか・・

と言いたくもなりますが、市場の主役はトランプラリー&油高ラリーであり
日本株は海の向こう次第というのが現実ですから、
足元で過熱している米債券売り・米株買いのポジからも(ドル買いはさほど)
崩れずに踏ん張っている米株の需給イベントである米SQ(20日)、
米金融政策(米債券動向)に関わるイエレンおばさんの講演(20日朝)、
(19日にはユーロ圏の金融政策を決めるドラギナイト(ECB理事会)も)
米株と共に踏ん張っている原油の需給イベントでもある減産順守監視会合、
足元の人民元を含めキナ臭い中国のGDPを始めとする経済統計の発表、
(昨日から人民元買いが続いており、SHIBORも急騰中です)
来週から本格化する日米の企業決算、他にも19日には原油在庫、
20日は通常国会開幕、ジブリナイト、GE決算
22日は仏社会党の大統領予備選もあり
そしてトランプラリーと言う名の通り、
20日は米国の政策を決めるトランプマンの大統領就任式
といった、これら海の向こうの重要イベントが重なる週末のヤマ場次第で、
我が国の円安株高ラリーの行方も決まります。
ちなみに日経、トピ共にイチモツチンコ表(一目均衡表)の遅行線が、
下抜け間近となっており、ナス以外の米株、原油も同様です。
ドル円、ユーロ円、米10年債利回りはすでに下抜けております。

以上の通りなので、メインイベントはトランプマンの大統領就任式ですが、
ここに来てトランプサイドからドル高を牽制する発言が出てきております。

御存知の通り、米グローバル企業への国内回帰の脅しを続けているので、
ほんまにドル高を嫌っているのか怪しい限りではありますが、
ダボス会議に出席していた側近がドル高牽制発言をしており、
昨日はトランプマン自らがインタビューにて、
対人民元ではありますがドル高を牽制する発言をしているので、
市場ではドル安の空気も強くなりつつあります・・・

だからこそ就任式の演説で直接的に言及するのはもちろんのこと、
間接的にドル高を嫌うような政策に言及することになると、
市場が拡大解釈して、昨年から続いているドル安が更に加速し、
我が国にとっては円高圧力が掛かることになりますが・・・

そんなイマイチ意図のわからないドル高牽制も含め、
政策についても何を言い出すのかわからないトランプマンであり、
足元では海の向こうの需給面が過熱していると共に、
先に述べたような需給イベントや他の重要イベントも重なり、
債券と為替に比べて株と原油が踏ん張っているという状況なので
日本株としては、いくら需給面では過熱とは言い難く、
年初の高値からそれなりに調整していようとも、
足元で悪材料が無かろうとも、週末の海の向こうのヤマ場次第でおます。

ということで、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、
シンプルに米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、油高
という市場の主役であるトランプラリー&油高ラリーとなっていれば、
我が国の円安・株高ラリーにも繋がると判断して勝負するのは自由ですが、
明晩のドラギナイト(ECB理事会)から実質的に週末のヤマ場入りなので
明日はその日限りの勝負に留めるのが無難でおます。

腰を据えて勝負する方については、基本的に変更はなく、
ここまで上昇すると余裕もあるので、自分で決めた下値の目途を割るまでは
各ラリーの反転・巻き戻しの一服になろうとも、
少々のリスクオフになろうとも、王者の風格で構えておけばいいですが、
シンプルにトランプラリー&油高ラリー&円安・株高ラリーが、
商いを伴って全て反転するようであれば、撤退も視野に入れましょう。
特に週末のヤマ場以降はね。

新たに腰を据えて参戦する方についても、基本的に変更はないのですが、
以上の様な事態となれば即座に撤退する姿勢さえ徹底するのであれば
目先のヤマ場はともかく、中長期的な明るい見通しに変わりは無いので、
個別の動きに合わせて好きなタイミングで参戦するのは自由ですが・・・
明晩のドラギナイト(ECB理事会)から実質的に週末のヤマ場入りなので
いっそのこと来週からの決算ラッシュを見てからでもいいとは思います。
中小型・割安銘柄で腰を据えて勝負する方も同様です。

新興市場で勝負する方については、昨日は商いを伴った続落となり、
本日は反発したものの薄商いですから(JQは商い増、2部は続落)、
先週までの上昇局面で商いが膨らみ、下落局面では薄商い、
という上げゴリモードが再開とは言い難いので、
シンプルに商いの伴った上昇が継続するまでは、
慎重姿勢で構えておいた方がいいでしょう。
そして最大のヤマ場である今週末をきっかけに、
もし世界的なリスクオフへと陥れば、新興市場も無視はできないのでね。

と言いながらも、今週を含め今後は政策やテーマに関わる官民イベントは多く
今週末から通常国会も始まるので、
新興市場の中長期的な明るい見通しに変わりは無いのですが(特にマザ) 
ひとまず今週末のヤマ場までは、慎重に構えておくに越したことはないです。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
初めまして!
投資(でもしよう)家 | URL | 2017-01-18-Wed 21:48 [編集]
資産運用や投資の経験も浅く、マネー・リテラシーや知識の低い私にとって、資産運用は難しく、まだまだ分からないことだらけなのですが・・・

マーケット番長様の綴るBLOGの文章が、とても面白く、興味深く、いつも楽しく拝読させて頂いております。

まず、毎日、BLOGを更新されている継続力がすごいと思います。また、情報収集力や知識の高さ、文章力やユーモアたっぷりの言い回しや表現力、センスの良さなど、いつも感心させられます。

日々、BLOGの更新を楽しみにししている一読者です。

楽しみと言えば、20日に行われるトランプ新大統領の就任式ですね。

それと、今後の政策や政治的手腕、それに伴うマーケットの値動きです。

私は、トランプ大統領就任後の明るい展望をひそかに期待している人間なのですが・・・

また、ちょくちょく、そちらへ訪問して、勉強させていただきますので、今後ともよろしくお願いします。

投資(でもしよう)家さんへ
マーケット番長 | URL | 2017-01-18-Wed 23:45 [編集]
> 資産運用や投資の経験も浅く、マネー・リテラシーや知識の低い私にとって、
> 資産運用は難しく、まだまだ分からないことだらけなのですが・・・
>
> マーケット番長様の綴るBLOGの文章が、とても面白く、興味深く、いつも楽しく拝読させて頂いております。

そう言って頂けることが嬉しくもあり、励みにもなるので
ありがとうございます。

> まず、毎日、BLOGを更新されている継続力がすごいと思います。
> また、情報収集力や知識の高さ、文章力やユーモアたっぷりの言い回しや表現力、センスの良さなど、
> いつも感心させられます。
>
> 日々、BLOGの更新を楽しみにししている一読者です。

何よりも継続は力なりを信じている脳みそ筋肉なので、
決めたことはやろうかと続けている感じです。
文章とか文才については、自分ではわからないことなので、
お褒め頂きありがとうございます。

> 楽しみと言えば、20日に行われるトランプ新大統領の就任式ですね。
>
> それと、今後の政策や政治的手腕、それに伴うマーケットの値動きです。
>
> 私は、トランプ大統領就任後の明るい展望をひそかに期待している人間なのですが・・・
>
> また、ちょくちょく、そちらへ訪問して、勉強させていただきますので、今後ともよろしくお願いします。

私も過去の大統領や世界の政治家との比較と言う物差しで見れば、
確かに品も無く、未知数な点も多いでしょうけど、
そういう逸脱した所が多いからこそ期待できるのかな・・・
と私も思っておりますw

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.