不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
足踏みやリスクも燻る中、掉尾の一振は・・・
メリークリスマス!

とは言ってみるものの、これといってクリスマスらしいことはせず、
普通に三連休を過ごしているので、今日くらいはササミではなく、
鳥モモ肉でも食べようかなと・・・どうでもいいですね(笑)

さて、我が国は23日から三連休、海の向こうは24日から三連休入りとなり
連休明けも年内の取引は残すところ僅かですから、
国内外共にすっかりお休みモードであり、手仕舞いに動く連中もいるので、
何なりと口実を探して大きく動いてもおかしくはないのですが、
我が国が休場だった週末時点の海の向こうの動きとしては、
テロや地政学リスク、中国や資源国・新興国のリスク等々は燻ったままですが
政府支援が決まったモンテパスキの騒動が一息ついたこともあり、
これといった大きな騒ぎや動きも見当たらないまま週末を迎えております。

さらに掘り下げて週末時点の状況を見ると、
まずはモンテパスキの「目先」の騒動が一息ついた欧州市場は、
そもそもモンテパスキと伊市場だけが低調な動きであり(ポルトガルも)、
それ以外の国では連続したテロにも動じない動きだったので
昨夜も含め落ち着いた動きで週末を迎えております。
当然ながらクリスマス休暇モードでの薄商いですけどね。

米大統領選以降の市場の主役であり牽引してきた米国市場は、
クリスマス休暇モードの薄商いが続いているので、一概には言えないものの
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高というトランプラリーの基調自体は
崩れたと言う程ではないですが、やや頭打ちを感じる足踏みが続いており、
特に肝心の米債券は色濃くなりつつはあります。

米国市場というか米株と共に市場のリスクを和らげる役割を担ってきた原油は
週末も含めて堅調であり、油ギッシュラリーの基調は継続しております。
その他の商品についても、原油以外のエネルギー、錫、アルミニウム、鉛、
ニッケルは堅調であり、穀物と安全資産の金は低調(銀、プラチナも)
という構図に変わりはないのですが、
世界の景気の鏡であり中国景気の鏡でもある銅が、
上海株から一週間遅れで後追いするように崩れつつあるのは、
中国リスクを裏付ける動きなのか・・・ちと気掛かりな動きではあります。

そんな景気のリスク以外にもリスクが中華三昧な中国市場は、
自らのリスクと共にトランプラリーのドル高による資金流出もあり、
トリプル安モードに入りつつありましたが、
債券がやや持ち直しているので、多少は和らいでいるとはも言えます。
ただし誰も気にしていないSHIBORは翌日物が週末に一服したものの
それ以外の急上昇は絶賛継続中であり、資金需要の高まる年末までは、
継続しそうですが、年明けにトリプル安も含めて落ち着かないと、
いよいよ中国リスクが檜舞台に登場することになりそうですが・・・

中国と同様、トランプラリーによるドル高が資金流出を招く新興国・資源国は
ほとんどの国が通貨安に見舞れているものの、株と債券は堅調な国もあるので
トリプル安に見舞われているフィリピン、マレーシア、トルコ、メキシコ、
これらの国がリアルに最も危ういと言えますが、
通貨安・株安のインド、ベネズエラ、通貨安・債券安のタイ、ポーランド、
債券安・株安の香港というダブル安の面々も危ういとは言えます。

そして我が国の週末時点の状況ですが、
現実は米国次第・・・海の向こう次第という状況ですが、
先に述べたトランプラリーの直近の足踏みと共に円安も足踏みしているものの
シカゴ日経平均先物は19400円とほぼ横ばいで帰って来ており、
これといって緊張感は感じられないです。

ちなみに現状の需給面、水準面、業績を含むバリュー面、国内のマクロ環境
時間軸、心理面において、過去のアベノミクス・シーズン1と比較すれば、
為替、株価共にまだまだ伸びる余地があると言えるのですが、
昨年と比較しても8月水準であるならば1ドル124円、日経20946円
昨年12月水準ならば1ドル123円、日経20000円
年初水準ならば日経はすでに超えているものの1ドル120円、
というこれらの水準は、燻っているリスクさえ噴き出さなければ、
十分に可能と言える市場環境ではあります。

ただしシカゴ投機筋の円売りポジは、昨年11月以来の水準まで積み上がり
裁定買い残は直近で約2兆円にまで積み上がっているので、
決して過熱とは言えませんが、足元で急速に積み上がったのも事実ですから
一服程度の巻き戻しは有り得る節目ではあります。
それも海の向こう次第ではありますどね・・・
しかもドルロングは減ってるだけに、海の向こうはまだ続くかも・・(笑)

以上の通りなので、結局のところは今週も・・・
休暇モードでの薄商いや大人の都合でのチグハグな動きもありそうですが、
米大統領選から続く、米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高
というトランプラリー(米利上げラリー)と油ギッシュラリー、
それによって起こる円安・日本株高ラリー、
これらの各ラリーが何をきっかけに止まるのか・・・
それとも継続するのか・・・が焦点であることに変わりはないです。

ちなみに各ラリーを動かすきかっけになる可能性のある今週のイベントは、
詳細は昨日の記事にアップした今週のスケジュールを御参照頂くとして
重要なものをピックアップすると以下の通りでおます。

 26日 黒田日銀総裁講演、小売決算、安倍首相ハワイ訪問(28日まで)
     米英欧始め海外市場はクリスマスで休場

 27日 12月期決算権利付最終売買日
     11月消費支出、11月全国CPI、12月東京都区部CPI
     11月新築住宅販売、2年債入札、百貨店・小売決算
     安倍首相ハワイ訪問&日米首脳会談(日本時間28日)
     中国11月工業利益、米12月ケースシラー住宅価格
     米12月CB消費者信頼感、米12月リッチモンド連銀製造業指数
     米12月ダラス連銀製造業指数、米2年債入札

 28日 11月鉱工業生産、日米首脳会談(日本時間28日)
     米11月中古住宅販売保留指数、米5年債入札

 29日 新月、12月19-20日の金融政策決定会合における主な意見
     米新規失業保険申請件数、米週間原油在庫、米7年債入札

 30日 大納会、日銀が「当面の長期国債買入れの運営について」を発表
     英、独市場が短縮取引、米債券市場も短縮取引
     米12月シカゴ購買部協会景気指数、米石油掘削リグ稼働数

 1日 中国12月製造業&非製造業PMI、中国12月財新製造業PMI
    OPEC加盟国・非加盟国が減産を開始(当面は6カ月間)

見ての通り、今週としてはこれといったヤマ場となるようなイベントはなく、
動かすきっかけになるのは、来週の雇用統計ウィークとなりそうですが・・

強いて挙げれば、世界中が日曜日の新年モードで屁をこいて休んでいる中で、
正月は1月1日じゃなくて旧正月あるよ!という中国が、
空気を読まずに低調なPMIを発表することで、
中国だけでなく新興国・資源国の資金流出リスクまでが意識され、
ついでに合意した減産が1月1日から実行される原油が、
出尽くしだとの口実となって年明けから下がるのではと意識されると
年明け早々からリスクオフ&反転モードになる可能性も無きにしも非ずです。

そんな来週である年明けはともかく今週としては、
国内外共にお休みモードに突入している中で、
米国債入札の三連発がやたらと堅調な結果となり(米債券高・米金利低下)
それを裏付けるように低調な米経済指標が発表されると、
先に述べた足踏みが目立つ米債を始めとするトランプラリーの足踏みまでが
裏付けられることになり、年末のお休みモードでの手仕舞いとも相まって、
米大統領選から続く、米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高
というトランプラリー(米利上げラリー)&油ギッシュラリーが、
全て反転することになり、我が国にはドル安円高、株安となり、
世界的には債券買い・株売りというリスクオフな動きとなり、
定番のリスク回避な円買い圧力も加わることになれば、
我が国の円高・株安がさらに加速することにもなります。
あくまで最悪のシナリオですけどね(笑)

その他のリスクとしては、先に述べた週末状況の繰り返しになりますが、
年末&月末という資金需要の高まる時期であり、
銀行間金利も上昇しがちなので、モンテパスキを始め伊の金融機関だけでなく
トリプル安症状と共にSHIBORの急上昇が続いている中国においても
金融機関の危うさが意識されたり、燻っている理財商品リスク等も意識され
リスクオフのきっかけ(口実)とされる可能性はあります。

予期できないリスクとしては、主に政治のリスクであり、
露とトルコを含むシリア問題、欧州でのテロリスク、
モンテパスキへの伊政府の公的支援は良しとしても、
これをきっかけに銀行監督権のあるECBへの不信が高まり、
ユーロ圏そのものの崩壊懸念や燻っているEU離脱ドミノが再燃するリスク
米中の南シナ海問題の再燃、安倍ちゃんの真珠湾訪問での、
日本の対露政策への米国からの圧力、
そして最も危ういというか予期できないものとしては、
ドル高等を牽制するかもしれないトランプマンの呟きリスク、
といったところですが・・・
これらは予期できないだけに、警戒していてもキリの無いことなので、
起きてから対処するというのが現実ですけどね。

以上の通り、現状としては・・・
海の向こうの金融機関や新興国、政治等のリスクは燻ったままであったり
先進国市場を中心に牽引してきたトランプラリーの足踏みがみられるものの、
基調自体は崩れておらず、油ギッシュラリーも継続しており、
国内においても円安株高ラリーの基調は崩れておらず、
国内環境としても一服程度の巻き戻しの可能性はあるものの、
過去と比較するば過熱とまでは言えない状況だからこそ、
あえて今週の起き得るリスクシナリオを並べてみたということですから、
個人的には国内外・・・先進国は掉尾の一振になると見ておりますが・・・

そして焦点としては先に述べた通りなので、
明日のスタンスとしても結局は変わりませんけど・・・

持ち越し短期勝負の方については、
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高というトランプラリー、
そして油ギッシュラリーという海の向こうの基調が崩れさえしなければ、
海の向こうで燻っているリスクも噴き出す(意識される)ことは無く、
我が国の円安株高ラリーも継続するので、
先に述べたいつ起きるのかもわからないリスクだけは覚悟の上で、
割り切って勝負すればいいでしょう。
一応、明日は米国を始め海の向こうが休場という鬼の居ぬ間でもあります。

そして繰り返し書いている通り、最も重要なのは米債券とドルの動きですが、
リスクオン・オフスイッチの役割を担っているのは米株と原油でおます。

腰を据えて構えている方については、
繰り返し書いている通り、中長期的な明るい見通しにも変わりは無いですし、
もはやここまで上昇すると余力も十分にあるでしょうから、
一服モード入りになろうとも、少々のリスクオフになろうとも、
起点となった大統領選直後の安値を割るまで・・・とは言いませんが、
せめて18500円を割るか、いやいや19000円を割るか、
シンプルに商いを伴う日米株安、米債券高(金利低下)ドル安(円高)原油安
という大統領選後の各ラリーが全て反転するリスクオフとなるか・・・
どれを撤退の目途にするのかは自由ですが、
これらの動きとならない限りは王者の風格で構えておきましょう。

新たに腰を据えて参戦する方については、
同じく中長期的な明るい目通しに変わりはないので、
上記の水準を割るか、全て反転するリスクオフとなった場合は、
潔く撤退するという姿勢だけを忘れなければ、
一服モードになろうとも、個別のタイミングで自由に参戦すればいいです。

新興市場で勝負する方については、
週末時点の状況としては、マザもJQも商いの伴った下げが継続しており、
下げ局面で商いの膨らむ下げゴリモードと言わざるを得ないので、
動きやパターンを把握出来ているウォッチ銘柄はともかく、
新興市場全体としてはシンプルに商いの伴った上昇が継続するまで、
慎重に構えておくのが無難でおます。

2部については、マザーズとJQのような下げゴリモードではないので、
新興市場と同種のイナゴ銘柄やテーマ株はともかく、
商いの伴った下げが継続するまでは勝負姿勢のままでいいでしょう。
それ以外の中小型、バリュー株等の地味銘柄はスタンスに合わせて、
持ち越し短期勝負や腰を据えて勝負する方と同様に動けばいいです。

そして懲りずに繰り返し書いているので詳細は割愛しますが、
マザーズは5月と6月高値の裏も通過し、
年明け以降も政策・テーマに絡む官民イベントは多く(今週は少ないけど)
季節性からの資金循環も含めると
懲りずに新興市場は中長期的に好環境が訪れると見ております。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

A | URL | 2016-12-25-Sun 10:07 [編集]
おはようございます♪
早いですねぇ。鐘の鳴る日はすぐそこ。
チョコをmgmgしながら聖典(四季報)片手に、トランプマンのチョイスした参謀を興味深く眺めてます(*´-`)
番長もキャンドルを灯そう委員会なんですね!!(勝手に入会させました。
キャンドルは防災にも役立ちますからね♡

☆♪☆♪メリークリスマス☆♪☆♪
Aさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-12-25-Sun 10:27 [編集]
> おはようございます♪

おはようございます。

> 早いですねぇ。鐘の鳴る日はすぐそこ。

ほんとに早いですね。

> チョコをmgmgしながら聖典(四季報)片手に、トランプマンのチョイスした参謀を興味深く眺めてます(*´-`)

聖典は大事ですw
チームトランプのジョーカーは誰なのかわからないほどに
個性的な面々ばかりです。

> 番長もキャンドルを灯そう委員会なんですね!!(勝手に入会させました。
> キャンドルは防災にも役立ちますからね♡

アロマキャンドルは香りも良くて
やわらかい灯なので、ハマってしまいますw

> ☆♪☆♪メリークリスマス☆♪☆♪

メリークリスマス!
いつもありがとうございます!
岸辺露伴 | URL | 2016-12-25-Sun 20:59 [編集]
いつもありがとうございます!

毎日読んで相場の参考にさせて貰っています!下手すぎて全然儲かってないですが、へこたれず頑張っていこうと思います。

それにしても日経強いですね。メジャーいく前の楽天のマー君みたいです。

これからも更新楽しみにしてます。
岸辺露伴さんへ
マーケット番長 | URL | 2016-12-25-Sun 22:30 [編集]
> いつもありがとうございます!
>
> 毎日読んで相場の参考にさせて貰っています!下手すぎて全然儲かってないですが、へこたれず頑張っていこうと思います。
>
> それにしても日経強いですね。メジャーいく前の楽天のマー君みたいです。
>
> これからも更新楽しみにしてます。

ありがとうございます。
あまりにも強すぎて、私もすっかり乗り遅れてしまい
大して儲かっておりませんが、
今は御縁が無かったと割り切っているので、
冷静には相場を見れているのかな・・・ということにしておりますw


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.