不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
一夜でラリーが再開・・・な週末
こんばんはです。

今日でプーチン大魔王の温泉旅行・・・失礼、訪日しての首脳会談が終わり、
細かな合意事項は報道等に任せるとして、会談後の共同記者会見では、
安倍ちゃんマンが「ウラジミール」「君」を連発し、
親密さをアピールしておりましたが、
プーチン大魔王の方はハニカミながら「君」と一回言っただけに留まり、
かなり温度差は感じましたが、国民性とキャラの違いもあるでしょうから、
安倍ちゃんの一方的な「ねぇプーチン♪こっち向いて♪」
と言わんばかりのラブコールに見えたとしても、
これまでの日露関係を思えば、大きな前進だったとは言えるでしょう(笑)

もしかしたら昨夜の温泉旅館では、二人でしっぽりと温泉に入り、
プーチンがフルチン・・・失礼、裸の付き合いがあったのかも(笑)
出来ればかつてプーチンが子分のメドベージェフ首相に対して、
ジムでのゴリゴリな筋トレ指導とギャートルズのような肉を焼いて振る舞う
シュールなコントのように、今回も温泉しっぽりコントも・・・
なんやったら安倍ちゃんに柔道指導のコントでも観たかったものです。

まぁとにかく今回の日ロ首脳会談に対してマスコミは、
akitaken.png
まさに写真のようにエサに釣られて安倍ちゃんがおびき寄せられ、
食い逃げされるだけ・・・北方領土も返ってこない等々
粗探しのようにネガティブな報道を繰り返しておりますが、
安倍ちゃんが登場するまでは、ムネオハウス以外は冷え切っていたのですから
どうなるかなんてものは誰にもわからないことであり、
まずは何かを始めることが大事なので、やる前からケチを付けず、
批判をするのは結果を見てからでいいとは思うのですが・・・

安倍ちゃんとしては、議員としての最大目標である憲法改正を実現するための
ミッションの一つに過ぎないのかも知れないですし、
対米関係も考慮すれば慎重になる必要もあるかもしれませんが、
個人的にはロシアという国は、おどろおどろしいイメージはあるものの、
日本の武道がやたらと根付く国ではありますし、
実際にそういった選手と接してみると、非常に武骨で真っ直ぐな人が多いので
イメージよりは十分に仲良く出来そうですけどね。
ちなみに共同記者会見後には、プーチンが講道館へ道場破りを仕掛け、
プーチンが尊敬していると共に日本人の中では最も顔を合わせている山下氏と
随分とにこやかに談笑しながら演武を鑑賞しておりました。

そして国民性の本質を見極めるには、欲望が最も反映される裏社会を見れば
全てがわかるなんてことも言いますので、何やらロシアの裏社会というのは
昔の日本に近く、「義」を重んじて動くことが多いとも聞きますので、
そういう意味でも意外と仲良く出来そうではありますけど(笑)

あ、そういえば、またしてもハゲ社長が抜け毛・・・いや抜け目なく、
安倍ちゃんとプーチンの間に割って入り、スリーショットだけでなく、
プーチンともにこやかに話しているチャッカリぶりには呆れました(笑)
トランプマンに続き、また謎の打ち出の小槌を振りながら、
プーチンもたぶらかしていたのでしょうか・・・
毛根以外はたくましい人だなと改めて思うばかりです。

さて、安倍ちゃんマンとプーチンマンの温泉しっぽりフリチン会談はともかく
市場では主役の一つである米利上げを決定したFOMCから2晩が過ぎ、
昨日までの消化難や疑心暗鬼のようだった動きが、
やや明確になってきたとも言えそうですが・・・

何が驚くって、昨夜発表された米国の経済指標は、
FRBの本業である物価指標、ドル高の影響が心配される製造業関連指標
FRBが金融政策を決める上で重視する雇用指標と住宅指標、
どれもこれもが利上げへの耐久力を示すと共に利上げを正当化するような
堅調な結果となっており、一昨日のFOMCと同日に発表された
米小売売上高と米鉱工業生産のイマイチぶりを払拭・・・
少なくとも相殺したと言えるほどの結果でおました。

それを受けて米国市場は利上げ姿勢な米債券安(金利上昇)ドル高となり
一昨日は利上げ姿勢に悲鳴を上げていた米株は商いを伴った反発、
同じく悲鳴を上げていたとも言える原油は反発し、安全資産の金は売られ
欧州市場は伊政府の金融機関への支援報道もあったことで、
債券安、株価は大商いでの反発となっております。

相変わらず資源国・新興国の資金流出症状は続いているものの、
都合の良いデカップリング目線というか先進国目線では、
債券売りの株買いというリスクオンモードとなり、
結果的にはトランプラリーと油ギッシュラリーが再開する動きに・・・

繰り返し書いて通り、米債券(米金利)とドルの動きが最も重要ですが、
リスクON・OFFのスイッチを担っているのは米株と原油なので、
これらが揃い踏みで崩れない限り、リスクオフにならないのはもちろんのこと
ラリーも止まらないですからね・・・

そしてわが国では、以上のような海の向こうの動きを受けて、
これまでほどに円安を好感する動きではないものの、
円安が悪材料ではないですから、本日の日本株は上昇となり、
週末にもかかわらず商いも伴っており(売買代金2.9兆円)
上げゴリパワーの衰えを感じないです・・・

今夜の米国では大人の都合イベントのMSQを控えているので、
以上のような利上げに即した素直な動きにはならない可能性もありますし、
週明けはMSQ明けとクリスマス休暇モードにもなりますので
今夜と週明けはやや分りづらい動きになるかも知れませんが、
ひとまず本日の引け時点では、トランプラリーと油ギッシュラリーとともに
我が国の円安・株高基調も継続したまま引けております。

しつこいようですが、個人的に来週くらいは一服してもいいのでは?
とも思う(願う)ばかりですが、週初の記事にも書いた通り、
足元の需給環境、過去との水準目線や時間軸、ファンダメンタルズ面、
バリュー面等を考えると、まだまだ突っ走ってもおかしくはないだけに、
個人的な願望は実現しないくらいの覚悟では構えておりますけどね(笑)
とりあえず本日は週末なので、来週については改めて週末の記事で書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.