不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ジュリアナ東証・・・
こんばんはです。

ついに・・・ついに・・・日経屁均はザラバで19000円をタッチ!

本日の上昇率自体は大したことではないものの、
売買代金は3.92兆円まで膨らみ、MSQで嵩増しされたとはいえ、
昨年12月、今年の3・6・9月のMSQでの売買代金を大きく上回り、
1/29、2/12に次ぐ今年3番目の大商いとなったので、
MSQだけでは説明の付かない大商いを伴っての19000円タッチです。

ゴリってる・・・いや、ラリってる・・・いやいや、ジュリってる・・・

まさにジュリアナ東証のような熱狂でおましたので、
誰かがすだれ前髪のボディコン姿でジュリ扇で仰いでいたのでしょうか。

ジュリアナ
(改めてアホな時代やったなとは思うばかりですw)

昨夜はドラギナイト(ECB理事会)が開催され、
直後の動きを見ていると、ドラギえもんが外したハシゴを小脇に抱えて登場?
と思ったものの、どっかの笑ってはいけない黒光り銀行の親分と同様、
テーパリング風に見えるだけでそうではないでぇ~と強く念押ししたことで
ハシゴ外しやなくてハシゴ伸ばしの展開に・・・

ドラギナイトの結果をザックリと言えば、
イールドカーブがそそり立つことを狙っての一手とも言えますので、
テーパリングではなく、我らが黒光り銀行の猿まねに近いと言えます。

そんなドラギナイトとなったわけですが、
結果的には米債券安(米金利上昇)ドル高(ユーロ安)、米株高、油高、
というトランプラリー&アブラタカブララリーの動きとなり
我が国としては円安・株高(先物高)のままMSQを迎え、
冒頭で書いたようなジュリアナ東証のような動きとなったわけです。

一昨日は以上のラリーが米株高だけという怪しい動きだったので、
ご存知の通り、懲りずに私はドラQ(ドラギナイト→MSQ)をきっかけに
一服入りとなり、来週のFOMCまでは一服モードになると見ておりましたが
見ての通りのジュリアナ東証でしたので、
腰を据えた放置プレー銘柄はともかく、本日は多少の日銭稼ぎをしただけで
かつてのバブル時代によく見られた光景のように、
お立ち台でジュリ扇を振り回すお姉さん達のパンツを下から覗く男の様に
ほぼ口を開けて見ていることに終始しておりました(笑)

現状のトランポノミクス・シーズン1は
アベノミクス・シーズン1の時とほぼ同じ状況であり、
その時の波には我ながらうまく乗れた者としては、
今回の波に乗り切れなかったのは、痛恨の極みではありますが、
懲りずに本日すらも乗り切れなかったということは
もはや御縁が無かったと割り切るしかないのかと言い聞かせております(笑)

そんな私の愚痴はともかく、本日は終値で19000円に届かなかったものの
大発会の年初来高値を超えて引けており、
TOPIXも僅かに届かなかったものの、ほぼ年初来高値ですから、
日本株もやっとこさ年初の水準に到達したと言えます

米大統領選以降の金融市場を牽引してきたのが、
先にも述べた米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高というトランプラリー
マネーの潤滑油となってリスクを和らげてきたのが、
原油高というアブラタカブララリー(原油高)なのですが、
米債券(米金利)、ドルインデックスはすでに年初の水準を超えており
米株は3指数共に年初の水準どころか史上最高値を更新中であり、
原油も年初の水準にはすでに達しているので、
これらに続いて日本株も年初の水準に達したというのは、
(南欧以外の欧州株も年初の水準にはほぼ達している)
水準・節目という目線で見れば、妥当な結果だとも言えます。

しかしながら為替については、同じゴリゴリ金融緩和のユーロはともかく
ドル円は年初の水準(約120円)には程遠いので、
もしかしてドル円がその水準に達するまでは、
年初の水準を達しただけでなく超えている米株、米債、ドルインデと同様、
日本株の上昇も継続する・・・と言えなくもないです(笑)

そうなるとさすがに来週のFOMCまでに120円というのはあり得ないので
年明けのトランプ大統領就任(1月20日)まで・・・
いやいや、そもそもトランポノミクス・シーズン1が始まっているのならば
アベノミクス・シーズン1と同様、翌年末までとは言わないまでも、
セルインメイとなった5月までは、トランプラリーとともに、
1ドル120円を目指しながら・・・さらに超えながら・・・
日本株高が続くことになるのかも・・・

需給環境と国内外のファンダメンタルズを見る限り、
トランプの放言、地政学リスク、日米欧の金融政策が大転換、
欧州の金融危機等でも起きない限り、
暴落は考え難く、一服がある程度でしょうね。

だからこそ、昨夜からのドラQが一服のきっかけになると見ておりましたが
見ての通り、一服どころかジュリアナ東証で終えており、
今夜のOPEC非加盟国会合でも星一徹ばりのチャブ台返しもなさそうなので
ひとまず13-14日のFOMCまでは突っ走ることになるのか・・・
ちなみに14日は満月ポンでもあります。
そして来週の15日には米MSQと共にトランプマンの会見もあります。

そんなことを言ってたら、今夜の産油国会合であったり、
その他の何かをきっかけに一服となり、年初の水準を超えた達成感とか・・
熱狂のジュリアナ状態はバイイングクライマックスだったとか・・・
なんてことを週明けに言われているかも知れませんので、
もはや週末ということもあり、今夜の海の向こうの動きを見極めた上で
改めて来週の展開を考えることにします。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

タイコンデロガ | URL | 2016-12-10-Sat 04:03 [編集]
こんにちは、興味深い記事いつも大変参考にさせて頂いてます。

主力が連日お祭り騒ぎなのに対して、新興や中小型はなかなか反応鈍いですね。
ただ、仰るように先の見通しは明るいと思うので、この辺が買い集めを始めるタイミングなのかなとも考えてます。

そう言いつつまだまだ下げ下げだったらどうしよう・・・(笑)
タイコンデロガさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-12-10-Sat 08:55 [編集]
> こんにちは、興味深い記事いつも大変参考にさせて頂いてます。

おはようございます。ありがとうございます。

> 主力が連日お祭り騒ぎなのに対して、新興や中小型はなかなか反応鈍いですね。
> ただ、仰るように先の見通しは明るいと思うので、この辺が買い集めを始めるタイミングなのかなとも考えてます。
>
> そう言いつつまだまだ下げ下げだったらどうしよう・・・(笑)

私も懲りずに中長期的には新興は明るい見通しなので、
日銭稼ぎ等の短期勝負はともかくですが
腰を据えるならばダメならポイすることだけ徹底すれば、
全然買い集めでいいとは思ってますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.