不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
一・二・三・四・雇用統計とか
こんにちはです。

昨日からグランドスラム東京と言う柔道の国際試合が開催されており、
昨日は東京五輪での金メダル有力候補どころか、
リオ五輪予選でも代表に選ばれた海老沼選手をおもちゃ扱いしながらも
国際試合での獲得ポイントが劣ったことで代表を逃した阿部一二三選手が
これまでのような攻めダルマな強さも残しつつ、
手堅い強さも発揮しての見事な優勝を遂げております。
(何気に見る度に強くなっている16歳の妹の強さも驚くばかりですが・・)
技の破壊力はもちろんですが、ゴリラのような外国人と組み合っても、
ビクともしないフィジカルの強さには驚くばかりです。

日本人だからフィジカルでは太刀打ちできずに技や戦略と言いがちですが、
リオ五輪での男子柔道やラグビーW杯といった、
フルコンタクトな競技での成果を見ればわかる通り、
(重量挙げやパワーリフティング、腕相撲も日本人は強い)
始めからフィジカルでは勝てないなんて思うことはナンセンスということです

しかも技や戦略はセンスと言う要素も大きいですし、
技を磨くのはをそもそも楽しい練習でもある一方、
フィジカルは努力次第で何とでもなるからこそ、
日々の地味な積み重ねという辛い面が大きく、精神的な強さが必要なので、
楽しい技や戦略に走るのもわからなくはないのですが、
心が折れるというもののほとんどは、スタミナ切れであったり、
圧倒的なフィジカルの差を感じる時というのが現実であり、
いくら技を磨いても、ファンタジーな達人が実際にいるならまだしも
そうでない限り圧倒的な力でねじ伏せられるのが現実ですから
フィジカルという土台があってこその技なので(技は力の中にあり)
少なくともフィジカルという大前提をないがしろにして、
技や戦略だけを語ると言うのは、スポーツの世界全体は知りませんが、
武道や格闘技の世界では胡散臭い奴と思った方がいいです(笑)
ただし武器や道具を使える護身の世界だけは言い切れないですけどね。
殺し屋は細くて小さい方がいいとも言いますからね(笑)

従って市場においてもフィジカル(資金力)が第一なのですが、
いかんせん予選もないオープン参加であり、
プロとアマのクラス分けもなく、階級別(資金力別)もない無差別級なので、
資金力が無かろうとも圧倒的なフィジカルと対峙しなければならず、
技や戦略を駆使して戦うのは仕方ないと言うか、大いに結構ではありますが、
フィジカル(資金力)が技はもちろんのこと、
需給(足元の)すらも凌駕することだけは頭に入れて戦うしかないです。

やや話が逸れてしまいましたが、東京五輪に向けて阿部一二三と共に、
同じ「アベ」と「三」でもある安倍晋三ちゃんにも頑張って頂きたいものです
ちなみにどうでもいい情報かもしれませんが、
阿部一二三に続いて、村尾三四郎という強い高校生も居ますけどね(笑)
次は「五」の付く選手・・・あ、五郎丸か・・・
東京五輪の頃にはベテランですし、五輪のラグビーは7人制ですから、
プレ東京五輪とも言われるラグビーW杯の東京大会で、
大いに活躍することを期待しましょう。
(小池おばさんは大丈夫なのか・・・という心配もありますけど)

さて、我が国の安倍晋三首相が打ち出したアベノミクスに対し、
トランポノミクスで賑わっている米国では、
昨夜は13-14日に利上げが行われるであろうFOMCに向けて、
米マクロ面での最後の利上げへの耐久力確認となる雇用統計が発表され、
イエレンおばさん率いるFRBが最も重視する雇用の質面である賃金は、
やや鈍化したものの、失業率は07年8月以来の低水準となる4.6%、
もはや人数は大した問題ではない非農業部門雇用者数は市場予想通りとなり
これで米マクロ面での利上げへの耐久力は確認されたと言えますし、
イエレンおばさんで言うところの完全雇用に近い状況とも言えます。

確かに堅調な雇用環境だと思うからこそ、ふと頭をよぎるのは・・・
トランプマンが国内企業の海外移転には罰則を与えるとか、
中国等に雇用を奪われているとか、しきりに雇用拡大を謳っておりますが
イエレンおばさんが完全雇用に近いといっているだけに、
果たして米国の雇用環境にどれだけの伸びシロがあるのやら・・・
単純に完全雇用はオバマ民主党政権の成果・・・
という素朴な見方も出来なくはないのですが、
面白味ゼロ&頭打ち感の否めないヒラリーおばさんよりは、
トランプマンの方がワクワクしますから、
伸びシロという意味での可能性は期待してますけどね。

そんなことを言っていると、数字的には完全雇用である我が国も、
安倍ちゃんマンが一億総馬車馬(総活躍)だ!と掲げているので、
疑問は米国だけに感じることではないですし、
そもそも雇用指標は・・・と思わされるばかりですけどね(笑)

しかも少子高齢化の我が国と少子高齢化とは無縁の米国では、
どちらに説得力があるのかは明白とも言えますが・・・
そういえば移民を拡大・受け入れようとしている我が国、
移民を排斥しようとしているとも言えるトランプマン・・・
冷静に見ると日米共に色々と矛盾や疑問は感じますけど、
アベノミクス万歳!トランポノミクス万歳!というのが、
お手上げや!に変わらないことを願うばかりですし
とりあえず昨夜の雇用統計は堅調だったということで(笑)

そして肝心の市場の反応としては、
雇用統計が堅調だ!という素直な動きとはなりませんでしたが、
本日は長くなったので、その辺については明日の記事で書きます。

良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.