不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
現在の動きと目先のきっかけをみながら
こんばんはです。

昨夜の米国ではダウ、SP500、ナス共に連日で史上最高値を更新・・・
我が国は勤労感謝の日で休場の本日についても、
米株先物は堅調を維持しており、我が国の先物も同様ですから、
「もうはまだなり」ならぬ「モウは牛(ブル)なり」のトランプラリー、
側面を変えた言い方をすれば、アメ公は利上げ出来る程に強いんやでラリー、
さらにOPEC総会での減産合意を期待するアブラタカブララリー(原油高)
つまりこれらのラリーを示す動きである
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高は未だ継続中でおます。

それにしても止まりまへんなぁ・・・
私としては、すっかり乗り遅れた銘柄への執着は何とか断ち切り、
御縁が無かったと割り切れるようにはなりましたが、
呆れる強さだなと感心するばかりです。

とりあえず、先に述べた継続中のラリーの中でベースとなるものは、
世界のマネーの水位と流れを決めることになる米利上げのサジ加減を示す、
米債券安(米金利上昇)ドル高ではありますが、
市場のリスクオン・オフのスイッチの役割を担っているのは、
(リスクを和らげている・・・ごまかしているのは)
原油高と米株高だと言えます。

国内としては、そんな海の向こうの動きと共に、
黒ちゃんのそり立つ壁(イールドカーブ)を目指すねじ伏せ債券高も加わり
さらに良好・・・というか過熱とは言い難い国内の需給環境も下支えに、
円安・日本株高が加速・継続しており、
動きとしては国内外共にリスクオンと言えます。

ただし米債券安(米金利上昇)ドル高はやや足踏み状態であり
米英欧株・日本株は堅調ながらもやや商いが減少傾向ですから、
米大統領選以降の動き自体は継続しているものの、
米感謝祭休暇モード入りによるパワーダウン(商い減)もあって、
やや一服の兆候も現れているといえます。

ということで、一服の兆候があろうとも小難しい背景や要因があろうとも、
市場の動きだけでシンプルに判断するならば・・・

海の向こうは米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高、
国内では円安・株高、黒ちゃんの思惑通りな債券高

これらが今後も継続するのか・・・
それとも一服するのか・・・、
はたまた全て反転してのリスクオフとなるのか・・・

というのが現在の焦点でおますので、
余計なことや背景も考えず、余計な情報も耳に入れず、
これらの動きに変化が現れるまでは、一服の兆候があろうとも、
機械的に波に乗るというのがシンプルな立ち回り方と言えます。
(結果的に海の向こうが変化すれば国内も変化しますので)

つまり繰り返しになりますが、米債券安(米金利上昇)ドル高が、
止まる・反転することがベースとして最も重要なところではありますが、
リスクを和らげている役割の米株高と原油高が止まる・反転すると、
ドル高で資金流出に見舞われている資源国・新興国のリスクであったり
欧州の政治リスクや金融機関リスクなどなどが噴出することになるので
米株と原油の動きは、リスク許容度を測る意味では重要となります。

以上の通りなので、シンプルに動きたい方は、
これらの動きと変化を見ながら立ち回ればいいですが、
変化のきっかけとなる小難しい背景や事象、イベントをピックアップすると
以下の通りとなります。

 ①トランプマン及び周辺の側近、もしくは現政権(オバマ政権)から
  現状のドル高(米債券安、米金利上昇)を牽制する。

 ②トランプマンの経済政策や人事に対して、
  市場やマスコミの見方が手の平返しで厳しくなる。

 ③反トランプデモの激化やまさかの票の再集計等によって、
  トランプマン政権自体が危うくなる。

 ④利上げのサジ加減を決めるFRBが、利上げ姿勢を鈍化させるのか、
  もしくは現状のドル高(米債券安、米金利上昇)を牽制する。

 ⑤利上げどころではない低調な米経済指標や米企業決算等が発表される。

 ⑥米経済指標と米企業業績が利上げへの耐久力を裏付ける堅調ぶりでも
  さらに利上げ観測な米債券安(米金利上昇)ドル高が進むことで、
  さすがに耐え切れなくなった米株が悲鳴をあげる。

 ⑦米株と共にリスクを和らげる役割とマネーの潤滑油となる原油が崩れる。

 ⑧米株と原油と同様、利上げ観測な米債券安(米金利上昇)ドル高が
  資金流出を招く資源国・新興国から悲鳴が上がる。

 ⑨EU離脱ドミノや金融機関リスクの再燃といった欧州リスク再燃。

 ⑩黒ちゃんマンのイールドカープイジクリ倒しオペが、
  市場から効果なしと判断されたようにコントロール不能へと陥るのを含め
  国内発信での円高・株安材料が出る。

 ⑪①-⑩に関わる今週のイベント

  23日 ⑤米耐久財受注、米住宅指標、マークイット製造業PMI
     ④FOMC議事要旨、米7年債入札
     ⑦週間原油在庫

  24日 米国市場が感謝祭で休場
     ⑩参院TPP特別委員会・集中審議、ユニクロ株主総会
     ⑨モンテ・パスキ株主総会、独IFO企業景況感指数
     ⑧トルコ&南アの各中銀が金融政策発表

  25日 米国市場が感謝祭翌日の半ドン取引(為替のみ通常通り)
     ⑩消費者物価、月例経済報告、40年債入札
      衆院TPP特別委員会・中央公聴会、GPIFの7-9月期運用報告
     ⑨英GDP改定値
     ⑤ブラックフライデー、マークイットサービス業PMI
     ⑦OPEC総会前の高官会合(具体的な減産枠協議)、リグ稼働数

  27日 ⑨仏最大野党・共和党の大統領予備選決選投票

といったところですので、リスクが高そうなものとしては原油絡みイベント
不気味なものとしては、モンテパスキ劇場と仏の政治劇場、
良かろうが悪かろうが動くきっかけとなりそうな大きなイベントとしては、
米感謝祭でのお休みモードと米消費の最大イベントであるブラックフライデー
と言えます。

ということで、シンプルに市場の動きを見て判断するのも大いに結構ですが
これらの背景や事象がきっかけとなって動く可能性はあるので、
アンテナを拡げたい方は把握しておいた方がいいですということです。

以上を踏まえて、明日のスタンスとしては・・・

持ち越し短期勝負の方については、
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高
というトランプラリー(米国は利上げ出来る程に強いんやでラリー)
そしてリスクを和らげる役割となっているアブラタカブララリー(原油高)
これらに継続しているならば、大いに勝負すればいいです。
国内目線でシンプルに判断するならば、円安さえ続いているならば
結果的にトランプラリー(年内の利上げへの耐久力があるんやでラリー)が
続いていると判断してもいいです。

当然ながら以上のような動きが全て反転とは言わないまでも、
米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高、原油高のいずれかが
一服の動きとなっているならば、慎重に構えておくのが無難です。
(個人的にはやや兆候が見られると判断してますけどね)
そしてベースとしては米債券安(米金利上昇)ドル高が最も重要ですが、
リスクON・OFFスイッチとなっているのは米株と原油ではあるので、
リスク許容度を測る意味では米株と原油が重要だと言えます。

腰を据えて構えている方については、
今週が一服モードになろうとも、これまでの余力も十分にあるでしょうから、
シンプルに17000円か水準を切り上げて17500円、
起点となった大統領選直後の安値を割るか
それとも商いを伴う米株安、米債券高(金利低下)ドル安(円高)、原油安
という最悪の反転とならない限り、王者の風格で構えておけばいいでしょう
どれを目途にするのかはご自由にどうぞ。

新たに腰を据えて参戦する方については、同じく上記の水準を割るか、
最悪の反転となった場合は、潔く撤退するという姿勢だけを忘れなければ、
一服モードになろうとも、個別のタイミングで自由に参戦すればいいです。
短期的な目先の一服はあっても、年末という目線では、
ポジティブ目線に変わりはないのでね。

新興市場で勝負する方については、上昇局面で商いが膨らみ、
下落局面では薄商いという上げゴリモードが続いている限り、
新興市場への資金流入が続いていると判断して勝負すればいいです。
外国産イナゴの感謝祭モードで、やや商いが減少するかもしれませんが
単純に商いの伴った下落が連続する・・・下げゴリモードへと転じるまでは
勝負姿勢でよいということです。
(昨日は商いを伴った上昇であり、旺盛な循環物色も継続しております)

そして中長期的な新興市場を取り巻く環境についても、
マザーズは5月高値の裏も通過し(6月高値の裏(12月9日もありますが)
そーせいを始め新興主力の決算も一巡したので、
主力大型株が一服すればこそ、更なる資金流入も期待できますし、
このままトランプラリーの継続と共に主力大型株の堅調ぶりが続いたとしても
それはそれでいずれは新興市場への資金流入にも波及するでしょう。
そして今後も政策・テーマに絡む官民イベントは多く、
季節性も含めると、新興市場は好環境が続くと見ております。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.