不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
トランプバンジー
こんばんはです。

いやはや・・・大一番期間中の大トリとなった米大統領選が行われ、
恒例の日出る国として世界で一番乗りかの如く迎え撃った日本株は、
壮絶な一日に見舞われることになりました。

9月下旬以降から大一番期間までの動きについては昨日書いた通りですが
直近の昨日まではヒラリーへのFBIの捜査打ち切りによって、
商いを伴わずにヒラリヒラリと株価はリバウンドしておりましたが、
本日は見ての通りです(笑)

日中の下げ幅自体はブレグジットには及びませんでしたが、
日経平均は朝方に250円高になったかと思えば、
その後はトランプマンの怒涛の巻き返しと共に一時は1000円安となり、
マザ先はサーキットブレーカーが発動される事態となり、
結果的に日経平均は919.84円安(5.36%安)、
TOPIXは4.57%安、コア30は4.80%安、マザは5.32%安
という大暴落で引けております。

商いも東証一部の売買代金は今年3番目の大商いとなる3.92兆円と膨らみ
(1月29日4.4兆円、2月12日4.2兆円、6月24日3.3兆円)
果たしてセリリングクライマックスとなるのか・・・
商いを伴ったゴリ下げへの幕が開いたに過ぎないのか・・・
6月24日のブレグジットの際には、たった一日だけの大嵐で終わり、
当事国の英国はちゃっかりと独歩高と言ってもいいくらいの強さとなり、
一体、何だったんだという展開になっただけに、
今回の大統領選も本日がセリクラとなり、英国と同様の展開となるのか・・

何だかんだ言っても、世界は米英のサジ加減で動いているのが現実なので、
引け後の先物のチョベリバ(超リバウンド)っぷりを見ていると、
有り得そうな気もしますけど、トランプの政治手法が未知数なだけに、
現段階では何とも言えないですし、もしブレグジットの様な展開なっても、
それはそれで良かったと割り切って見るしかないでしょう。

ちなみにヒラリーとトランプによるババ抜き米大統領選は、
トランプだけにまさかのジョーカー・・・いやいや、大富豪・・・
もうええって?とにかくトランプの勝利が確実となりました。
ヒラリーおばさんもトランプへ電話をして敗北を認めたようですから
選挙前にトランプが言っていた様な選挙結果へのケチは付けていないようです

それにしても米大統領選の特殊なシステム(選挙人獲得競争)があるので
トランプと騒いだところで現実はヒラリーの勝利が確定してるんやで!
なんてことを賢い人達がしきりに言ってましたけど、
結局は特殊なシステムでもヒラリーが負けたというのは、
よほど嫌われていたのか?それとも隠れトランプ支持者の力なのか?
原因はわかりまへんけど、絶対は無いということですね(笑)

さて、いよいよトランプマン大統領が現実のものとなったわけですが
選挙期間中に公言していた数々の過激な公約をホンマに実現するとなったら、
身内である共和党内からの反発だけでなく、
それこそ差別発言の対象者たちから暗殺されないのかとも思ったり・・・

結局はトランプが倒れた場合に大統領の後任となる副大統領候補であったり
ライアン下院議長あたりが大統領になっているなんて展開になったりしてね

まぁとにかくトランプが大統領に就任することで、
経済や金融市場への影響はもちろんのこと、
我が国を含む世界的な安全保障への影響はどれほどのものになるのか・・・

否が応でも我が国の防衛政策にも影響は出て来るでしょうし
憲法改正についても現実的な議論が高まることになるでしょうから、
(改憲反対派の人達にとっては現実を見せられることになるでしょうね)
安倍ちゃんにとっては念願の流れになるという都合の良い面もあるでしょう。
なんでしょう・・安倍ちゃんがしきりとプーチンと仲良くしていたのは、
トランプ大統領が実現することを見込んで動いていたのであれば、
大したもんではありますけどね(笑)

そんな我が国の安全保障上の問題は置いとくとして、
トランプが現実路線へと軌道修正するのならばまだしも、
強硬路線のままで突っ走ることになると、
ブレグジットとは桁違いに影響が大きくなりそうなだけに、
ホンマにこのままブレグジットのような一時的な暴落で終わるのか・・
という疑問は残ります。

しかも米大統領選がヒラリー勝利で終わっていれば、
金融市場では年内の米利上げ動向へと焦点が移る予定だった上に、
足元では米国のマクロ・ミクロ両面での利上げへの耐久力が
せっかく確認できたばかりだっただけに、
イエレンのクビを切るとまで言っているトランプマン大統領の登場によって
米国の年内の利上げ路線というのはリセットされた可能性もあります。

一応トランプマンは、任期満了となる2018年2月までは、
途中でイエレンおばさんのクビを切らないとも言ってますけど、
トランプマンはドル安路線を望んでいるとも言えるだけに、
果たしてイエレンおばさんは利上げを強行出来るのだろうか・・・
という疑問は拭えないですからね。

そうなると米利上げ路線な米債券安(米金利上昇)ドル高、米株高ではなく
米債券高(米金利低下)ドル安バンザーイな米株高に期待するしかなく、
できれば原油、商品、資源国、新興国もドル安バンザーイとなってくれれば
金融緩和真っ只中の我が国としても、過度なリスクオフでの円高とはならず
企業の想定為替レートで耐えうる程度の円高で済むかも・・・
というベターなシナリオに期待するしかないです。

現状としては、引け後にチョベリバな展開にはなっているものの、
今朝から一気に加速した米債券高・ドル安・米株安(油安も多少)
という最悪のリスクオフな動きが、
全て打ち消されるようなチョベリバとなったわけではないですから、
今夜の米国を含め、しばらくは市場の動きを見極めるしかなく、
今後は以下のどのシナリオになるのかというのが焦点です・・・

米債券高・ドル安(円高)・米株安・油安という最悪シナリオが続くのか
米債券高・ドル安(円高)・米株高・油高というベターシナリオとなるのか
米債券安・ドル高(円安)・米株高という健全な利上げシナリオとなるのか
米債券安・ドル高(円安)・米株高・油高という理想的なシナリオとなるのか

しつこいようですが現状は、引け後にリバウンドの動きは見せているものの
バンジージャンプと一緒なので、揺れが収まるには時間がかかるものであり
飛び降りてしばらくは大きい揺れが続くということですから、
揺れ自体が収まるのを待つか、もしくは揺れも無視するかの如く、
誰かが上から引っ張り上げてくれるように商いの伴ったリバが継続するまでは
セリクラだとかブレグジットのようにすぐに戻ると楽観しない方がいいです。
くれぐれも揺れが大きい状態が続いている間に、
バンジーのロープが切れないことを願うばかりです(笑)

本日は日経、TOPIX、為替共に、
起点となった9月下旬の水準・・・いや水面には触れたものの、
明確に割らずに踏ん張っており(コア30は割れてますけど)、
ロープは切れたとまでは言えないので、
とにかく揺れが収まるまでは、慎重に構えておきましょう。
何だかんだ言っても国内の需給環境だけは良好ですからね。
(今日の様なゴリ商いでねじ伏せられると、薄商いで織りなされたに過ぎない
 足元の良好な需給環境なんてものは通用しませんけどね)

以上の通り、海の向こうは上記に書いたどのシナリオの動きとなるか、
我が国としてはそのシナリオの動きと共に揺れが収まるのかどうか、
それに伴う商いを見ながら判断するしかないです。

ということで、明日のスタンスとしては、改めて書きますと・・・

持ち越し短期勝負の方については、
上記に書いた最悪のシナリオ以外の展開へと明確にならない限り、
揺れが収まるまでその日限りの波乗りに留めることが無難ですが、
承知の上で割り切ってリバウンドの波を乗りこなすのは御自由にどうぞ。
荒波ですから波乗りの達者な方にとっては稼ぎ時ではありますのでね。

腰を据えて構えている方については、
昨日も書いた通り、トランプショックとなりましたので、
有無を言わさず一旦は外したとは思いますが、
9月下旬の水準を明確に割らずに踏ん張ったこともあり、
これまでの余力も十分にあるでしょうから、
王者の風格で構えたままの人もいるでしょうけど、
明日以降、9月下旬の水準を明確に割り込んだ場合は撤退した方がいいです。

新たに腰を据えて参戦する方については、
シンプルに9月下旬の水準を明確に割り込んだ場合、
潔く撤退する姿勢だけを徹底するならば、自由に参戦するのはありですが、
(特に中小型の割安銘柄)
持ち越し短期勝負の方と同様の判断基準で動くのが好ましいです。

新興市場で勝負する方については、
残念ながらトランプショックに見舞われてしまったので、
マザ、JQ、2部共に巻き込まれ、資金流出の動きが加速しましたので、
揺れが収まると言うよりは、シンプルに商いを伴った反発が継続しない限り、
警戒モードで構えておいた方が無難でしょう。
一応、本日の急落による追証売りリスクについても、
少なくとも5月高値の裏と同日の11日までは続きます。
(マネックスは急落から3営業日、SBIは4営業日ですけどね)
新興企業の決算はこれからも佳境を迎えるというのもあります。

いつも書いている新興市場を取り巻く環境については、
残念ながらトランプショックに巻き込まれてしまったので、
まずは収まることが先決ではありますが、
収まりさえすれば、今後も政策・テーマに絡む官民イベントは多く
先に述べた通り、マザーズは2つ目の高値の裏(11日)も近く、
季節性も含めると懲りずに好環境を迎えると見ております。
そういえばZMPは年内上場だと・・・

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.