不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
どうでもいいドラフト話
こんにちはです。

昨夜の海の向こうの状況と来週の見通しは明日の記事で書くとして、
この時期になると・・・というかドラフト会議を見ていると、
契約金も含めてほんとに野球は夢があるなぁと思わされます。

人気スポーツですから、まさに需給が生み出す当然の夢のある環境なのですが
ゴールデンタイムでの中継と共に統一されたプロのリーグが開幕したバスケは
その後の地上波での中継が無いような気もするのですが・・・
いつも思うのはバスケってやる側のスポーツとしては、
部活も含めて野球に匹敵する人気というか競技人口も多いとは思うのですが
なぜか見る側のスポーツとしての人気は、
野球の足元にも及ばないのは不思議な気がしてしまいます。
経験者だけでも見ていれば、人気があってもおかしくないとは思いますが、
結局は実力的に世界のレベルで闘えないのが原因なのでしょうかね。

まぁJリーグを立ち上げた川渕氏がBリーグでもチェアマンのようなので
バスケも夢のあるスポーツへと飛躍するといいですなぁ。

そしてドラフト会議ですが、いつもながら観ていると、
ついつい学生時代の思い出が甦ってきます。

以前にも少し触れたことではありますが、
私は野球部ではなく某競技のゴリラ部だったのですが、
当然の如く華やかな人気競技に対する歪んだ嫉妬が根強いこともあり、
弱いくせにチャラチャラしやがってとか、
とにかく強かろうと注目されない境遇への歯痒さもあり、
体育会の中でも浮いていたのですが、
野球部は強かった上に部室棟が同じだったこともあり、
我が部とは伝統的に仲が良く、他の部は近寄らなかった我が部室にも
野球部の連中だけはたむろしているという状況でした。

そんなたむろしていた野球部の連中の中に、
それなりに大学野球界で活躍していたとある先輩がおり、
いつもの如く当ブログでお馴染みの我が部の6mmパンチ先輩らと
学校近くの豚のエサのような唐揚げ弁当を食いながら、
卒業に向けての追試用のとあるカンニンググッズを作りながらダベっていると
叫びながら野球部の後輩達が我が部の部室に飛び込んでくるや否や・・・

「た、た、大変です!ド、ド、ドラフトに●●さんの名前が・・・」

当人も我が部もあまりのことに固まってしまい、しばらくの静寂のあと、

「ええええええ!!!!!ウソォォォーーー!!!!」

我が部の6mmパンチ先輩だけは嫉妬心がMAXに達し、

「そんなはずはあるかい!シバクぞ!」

というみんなの叫び声と6mmパンチの嫉妬に駆られた暴言が入り混じり、
部室内はパニック状態となり、急いで部室のTVを点けると、
まさかまさかの某球団が目を疑う●位で指名というミラクルが・・・

しばらくすると学生部の職員が駆け込んで来て、

「●●くん!TV観たか?球団から電話が入ってるからすぐ来てくれ」

そして我が部と野球部が部室から怒涛の如く学生部へ向かって走り出し、
シャワーを浴びた直後でバスタオル一枚の6mmパンチがなぜか先頭を走り
「そんなはずはない」と懲りずに叫びながら、
キャンパスを猛然とダッシュするゴリラ部と野球部・・・
バスタオル一枚の6mmパンチ先輩に悲鳴を上げる一般女子学生・・・
後ろから追いかけながら「服を着なさい」と叫ぶ学生部の職員・・・

そんなゴリラ達が学生部へとカチコミ、
ウホウホと鼻息荒く指名された先輩を取り囲み、
固唾を呑んで電話に耳を傾けていると、
「指名ありがとうございます」とでも言うのか思いきや、
あろうことかその先輩は、

「あのー・・・すでに内定を貰ったんですけど・・・」

まさかの回答に戸惑ったゴリラ達の鼻息は止まり、
またしても学生部に一瞬の静寂が・・・

すると関係のないバスタオル一枚の6mmパンチが受話器を奪う勢いで
指名された野球部の先輩の頭をぶん殴りながら、

「いえいえ大丈夫です、内定なんか一切ありませんので、
 謹んでお受けいたします」

と勝手に・・・というか意外と冷静に横やりを入れ、
我に返った野球部の先輩も「はい、内定は大丈夫です」と答え、
その後は使者が来るとか云々の話となり、受話器を置いたのですが、
それと同時に歓声が上がり、みんなでその先輩を担ぎ上げ、
学生部の前で胴上げが始まり、それでも終わらずに担いだまま、
一般学生達からも歓声が上がりながら部室までキャンパスを練り歩いていると
何かに足を取られたので、ふと足元を見てみるとバスタオルが・・・

まさかと思い、ゴリラ達の胴上げの輪から外れて前の方に回り込むと、
バスタオルの外れたただのフルチンゴリラ姿の6mmパンチが、
夢中で胴上げをしており、一般学生からの歓声やなくて、
またしても悲鳴だったことが判明・・・

後ろからはボロボロになったバスタオル拾った学生部の職員が、
6mmパンチに怒声を浴びせながら胴上げの輪から引き離し、
すぐにバスタオルを巻けばいいのになぜか手に持ったまま、
フルチン姿でキャンパスで説教を受ける6mmパンチ・・・

そんな哀しい6mmパンチを置き去りにして、
私も再び胴上げの輪に加わり、無事に部室へと帰還し、
みんなで喜びを爆発させていると、
ボロボロのバスタオルを巻いて帰って来た6mmパンチが号泣しており、
空気の読めない部員の一人が「そんなに怒られたんですか」と言い終わる前に
6mmパンチの蹴りが炸裂し「悔し涙じゃボケ!」と強がりを言い、
なんか妙にハートウォーミングな空気になったことを思い出します。

その後は結局、無事に指名された球団に入ることになり、
経歴は詳しく言えませんが、まさかの大役を務め、それなりに活躍してました
今も球界に残っているようです。

それにしても他のドラフトがどうなのかは知りませんし、
現在のドラフトがどうなのかも知りませんけど、
当時は本人も試合にスカウトが観に来ている程度は知っていたものの
事前交渉等も全くなかったなかったこともあり、
ドラフト会議当日にはテレビすらも見ず、
卒業への単位取得の追試を受けるために、
弁当を食いながらとあるカンニンググッズを夢中で作っていただけに、
まさかの事態に本人も仰天していたという感じです。

そして大学の特別な配慮なのか、けしからんカンニングをする必要もなくなり
単位も無事に全て取得するという謎の出来事が起き、
まさかの留年で入団を断念という事態にもなりませんでした。

以上、どうでもいい学生時代の思い出です。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

らた | URL | 2016-10-22-Sat 14:30 [編集]
>ふと足元を見てみるとバスタオルが・・・

ここから爆笑でしたわw

私は陸上とボクシングでしたが、マイナースポーツのやりきれなさと言ったらないですね。
毎年1回戦負けで陸上部より野球の弱そうな野球部のために応援に駆り出されるとか何かの冗談かと思ったこともありましたw
らたさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-10-22-Sat 21:31 [編集]
> >ふと足元を見てみるとバスタオルが・・・
>
> ここから爆笑でしたわw

ありがとうございますw

> 私は陸上とボクシングでしたが、マイナースポーツのやりきれなさと言ったらないですね。
> 毎年1回戦負けで陸上部より野球の弱そうな野球部のために応援に駆り出されるとか何かの冗談かと思ったこともありましたw

高校時代は野球部の県大会で、
寄付集めやら応援団やらと大騒ぎした挙句、
何を間違ったのか甲子園へあと一歩の決勝にまで進んでしまい
町中がお祭り騒ぎになっていましたw
当然ながら県大会ごときで・・・
という嫉妬にかられた高校時代でもありましたw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.