不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
黒光り銀行会合を通過し、大一番のFOMCへ・・・
こんばんはです。

ついに本日、黒銀の金タマ政策決定会合、FOMCと続く大一番へと突入し
まずは黒銀の金タマ政策決定会合の結果が判明したわけですが、
私が勝手に想定していた思わせぶりな反省文(総括検証)だけではなく、
長短金利操作付き量的・質的金融緩和なるものの導入が決定されました。


kuroda14.png

結果的に市場の動きとしては、今のところ株高にはなっているので、
まぁヨシとして、肝心?の決定された金融政策の中身についても、
不健全且つもはや効果なしとも言われつつあるドーピングの増量ではなく
長短金利をイジくり倒すことに加え、
ETFの買入対象をイジくること(TOPIX型の買入枠拡大)
となったので、個人的には量をそのままに、
手法を変えるというのは健全だと思うのですが・・・

そして市場では、長期債の買い入れを減らして長期金利を上昇させ、
短期債を買うことで短期金利を低下させる金利のイジくりによって、
イールドカーブを立たせることは、実質的なテーパリングなのでは?
と受け止められるとの見方もありますが、米国のテーパリングを見る限り、
単純に量は増えなくとも、減らさないのであれば、
テーパリングにならないのでは?と思うのですが・・・
むしろ量をそのままにやり方を変えることで、
結果的にテーパリングのような動きに操作できるのであれば、
むしろ賢いやり方だと思ってしまうのですが・・・
間違っているのでしょうかね(笑)

如何せん長期金利のコントロールは無理・・・
というのが専門家を含む賢い人達の「定説」ですから、
経済学部に作文一枚のスポーツで入っただけでなく、
金融業界にいたこともなく身体を張った仕事をしてきた脳味噌筋肉ゴリラが
賢いやり方だと評価したところで、何の意味も無いでしょうけどね(笑)

従って、実際に日銀が金利を操作できるのかどうかはわかりまへんけど、
相変わらずフロントランナーという名の社会実験大国の我が国が、
かつてない金融政策の手法を試みるというのも事実であり、
どれほどの効果を生み出すのかは、誰しもわからない部分はありますので、
市場が消化するのにも時間は掛かるのかもしれませんし、
何より世界の主役は、黒銀の変態(変則)的な金タマ政策よりも、
イエレンおばさん率いるFRBによる利上げのパンチラですから、
パンチラ加減が決まる今夜のFOMCがどうなるのか次第でもあります。

もし黒ちゃんの金玉(金利)イジくり変態緩和が、
テーパリングだとまで解釈されなかったとしても、
動きとして我が国の長期金利が上昇するだけでなく、
肝心の米利上げのサジ加減が決まる今夜のFOMCにて、結果はともあれ、
市場の動きとして米債券高(米金利低下)ドル安
という利上げ観測が後退する動きとなれば(重要なのは短期債ですけど)
日米金利差縮小が円高を招く大きな要因の一つとなってしまいます。

だけに・・・FOMCが今夜に控えるこのタイミングで、
長期金利を上昇させる(イールドカーブを立てる)金利イジくりを決めたのは
イエレンおばさんから黒ちゃんへ「今日は利上げに踏み切るからヨロピク」
と電話でもあったのでしょうか・・・

昨日も書いた通り、さすがに利上げを強行するのはドS過ぎるので、
今夜はやらないでしょうけど
おそらく年内の利上げは可能なくらいに米経済は堅調やと示唆しながら、
今回は足元の低調だった米経済指標だけでなく、
リスクの燻りもある世界経済を配慮して、今回の利上げは見送ります・・・
という程良い湯加減な一手を打つことで、
市場の動きとしても米債券高(米金利低下)・ドル安が加速しなければ、
日米金利差縮小による円高圧力は和らぐことにはなります。

しつこいようですが主役は米追加利上げがいつ行われるかであり、
年内に行われるのかどうかが焦点ですから、
肝心な日米短期債(短期金利)の動き次第では、
米債券高・ドル安になったとしても、あわよくば円最弱というのも有り得ます
かなりムシのいい話ですけどね(笑)

まぁとにかく、変態的な金利イジクリ策が決まった黒銀会合を経て、
今のところは世界の大一番であるFOMCを終えてないこともあり、
為替はすっかりブレーンバスターな動きとなっておりますが、
先物はなんとか踏ん張りを見せているので、動きとしては・・・
Brexit以降から続くベタなイベントをきっかけとする動きとなっており
黒銀会合を失望する動きにまではなってまへんので、
大一番のFOMCの結果を受けて、黒銀会合に対する評価も消化され、
明日以降もベタな動きが続くといいのですが・・・
個人的には足元の需給環境からも、懲りずにベタな動きが続くと見ております

もしそうならなければ、休場明けの明後日は潔く撤退となりますし、
まさか米国が今夜にも利上げを強行することになり、
リーマンショック級の良からぬことが起きれば・・・止めておきます(笑)

ということで、明日の我が国は休場でもありますので、
もはや今夜のFOMCを待つばかりであり、
黒銀会合も含む大一番に対して市場がどう動くのかを見極めるのみです。
そしてそれを踏まえた上で、改めて明日の記事で書きます。

良い祝日をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.