不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
一変した週末状況
こんにちはです。

いやはや、昨日は個人的な事情も含む鬼門を無事に通過したのかと思いきや、
一夜明けると・・・結局は鬼門だったのかと言わんばかりに一変しており、
何やら要人の発言もあったようですが・・・


musha.png

え?これは要人ではない?(要)注意(人)物?それとも用心?
それにしてもさすがレジェンドと言わざるを得ない我武者羅リサーチ・・・

とは言え、逆指標だと言われながら長年に渡り飯を食っているということは
需要があるということですから、大したもんだなとは思ってますけどね。

そして武者氏や澤上氏のようにギャグの領域に達したレジェンドはともかく
アナリスト等を含むこういう人たちを馬鹿にするのは好きではないですし
他人のやり方にケチを付けたりするのも、結局は自分に自信が無いだけか、
自己顕示欲や勘違いな正義感のどれかでしょうから、
いずれにせよカッコの悪いことだと思うだけに、
いくら武者氏がギャグの領域に達したレジェンドとは言え、
笑い者にしないように気を付けようと改めて思う今日この頃・・・(笑)

そもそも投資の世界では、結果が全てでもあり、
生き残っていることが最低限の重要なことではありますし、
やり方に至っては正解なんてものはなく、
なんやったら不正解すらも無いと言えなくもないですからね。

っつうか、私も目先はともかく、未だに強気目線ではありますので、
昨夜の海の向こうの一変ぶりを見ると、笑ってる場合でもないんですけどね。
たまたま個人的な意味合いも強い鬼門だったということもあり、
短期勝負は控えておりましたが、腰を据えて勝負するものは抱えたままなので
週明け以降の動き次第では、ほんまに笑っていられなくなるかも・・・

さてさて、そんな昨夜の海の向こうですが、久し振りの大荒れとなっており
きっかけ(口実)としては様々なものが飛び交っております。

前日のドラギナイト(ECB理事会)で動かなかったからとか、
ボストン連銀総裁が懲りずに利上げ姿勢を示したとか、
黒光り銀行が中短期金利重視の緩和強化を検討するとの報道も間接的にとか

色々あるようですが、市場の動きを見てみると・・・

米短期債安(短期金利上昇)、米中長期債大幅安(米中長期金利大幅上昇)
となっており、ISM、雇用統計等の低調な足元の米経済指標を無視する様に
年内の利上げだけでなく、9月利上げの可能性すらも高まる動きとなり、
英、欧(独もマイナス金利から脱してプラス圏へ)、資源国・新興国を含め、
世界的な債券安(金利上昇)となっております。
別世界の中国だけは債券高ですけど・・・

そんな債券市場での米利上げ観測の強まる動きもあり、
為替市場ではドル高が進み、ドル>ポンド>ユーロ>円となっており、
新興国通貨も売られております(人民元安も相変わらず)。

商品についてはドル高が重石となったのか概ね下げており、
金融市場のリスクON/OFFスイッチの一つであり、
潤滑油でもある原油は一昨日から一変して大幅安となっております。
ただし安全資産の金は買われるかと思いきや、
リスクオフよりもドル高の重石が勝ったのか続落しております。

そして株式市場は、米株は大商いを伴った大幅安となり、
8月安値も割れるだけでなく、7月から続く持ち合いを下放れており、
VIXも休場しております(17.5)。

英国と欧州(商い増)は株安ながら直近安値は割らずに引けておりますが、
米国が引けに掛けて徐々に心理が悪化しながら下げ幅を拡大しただけに、
各国の現物は取引時間の関係で織り込まれてない部分もありますが、
織り込まれている各国の先物を見る限り、下げ幅はさらに拡大しております

資源国・新興国についても同様であり、
我が国の先物についても、為替市場での円安(円最弱)の下支えもあり、
直近安値であるジャクソンホールのあった8月26日安値を割ってないものの
シカゴ日経平均先物は16650円と大幅安で帰ってきております。

以上の通り、市場の動きから見ると、
米国が低調な足元のマクロ環境(米経済指標)を無視するように、
利上げ姿勢が強まる動きである米債券安(米金利上昇)ドル高が進んだことで
利上げ(ドル高)が重石ともなる米株、原油、商品、資源国・新興国が、
利上げへの耐性はまだ出来ていないとばかりに悲鳴を上げております。

金融緩和真っ只中の日欧英は、ドル高・通貨安自体は追い風ながらも
債券が金融政策の意に沿わない債券安(金利上昇)となっていることに加え
米株を始めとする利上げ重石軍団の悲鳴によりリスクオフ色も強まったことで
日欧英の株価も売られているという動きです。

ちなみに定番のリスク回避な円買い、安全資産の金買いにはなっていないので
まだ完全なリスクオフでは無いとも言えますけど、
明らかに危うい動きで週末を迎えているのは確かでおます。

そういう意味では、リスクの火薬庫である欧州金融機関株は、
昨日も書いた通り、LIBORの上昇は続いているにもかかわらず
昨夜は意外とマチマチな動きではありましたので、
米国市場(米金融機関株は下落)と欧州先物の引け味を受けた週明け以降に
大きく崩れる可能性はありますし、
週明けも米利上げ姿勢の動きがさらに進むことで金利が上昇すると、
LIBORの更なる上昇に繋がるだけに、
欧州金融機関からの悲鳴が大きくなるとともに、
円買いを含む完全なリスクオフに陥るのかも知れませんが・・・
そしてしつこいようですが急上昇中のSHIBORも・・・(笑)

ということで、以上が週末状況でおます。
これを踏まえながら、週明け以降の見通しについては明日の記事で書きます。

引き続き、良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
。・°°・(>_<)・°°・。
A | URL | 2016-09-10-Sat 11:41 [編集]
番長〜こんにちはです!

レンジ相場かと思いプットに引導わたしたらコレですよ。。。笑
ダウさんから行きましたねぇ(´・ω・`;)
いったん調整ですかね、本当に一変しましたね。
よき土日を♪♪♪
Aさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-09-10-Sat 21:56 [編集]
> 番長〜こんにちはです!

こんばんはです。

> レンジ相場かと思いプットに引導わたしたらコレですよ。。。笑
> ダウさんから行きましたねぇ(´・ω・`;)
> いったん調整ですかね、本当に一変しましたね。

いやぁあまりにもベタな動きが続いていたので、
いつかは何か起きるのではという不気味さは常にありましたけど・・・ついにw
とりあえず危うい動きと言わざるを得ないので、まずは明日ですね。

> よき土日を♪♪♪

良い週末を。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.