不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ジャネット・ジャクソン
こんばんはです。

いよいよ今夜はジャネット・イエレンがジャクソンホールで講演・・・
ジャネット・ジャクソンです・・・


yellen jh

軽くスベったのは無視するとして、今夜のイエレンおばちゃまの講演に対して
市場が利上げに前向きだと解釈するのか、後ろ向きだと解釈するのか、
それともどちらにも解釈できない手掛かりゼロな講演となるのか・・・
結果がどうなろうとも、ヤマ場としてはベタ過ぎであろうとも、
動くきっかけになるのかどうかが重要です。

私としては市場が利上げに前向きな動き(米債券安・ドル高)となり、
これまでドル高が重石となっていた米株(米経済)を始め、
原油・商品、資源国・新興国が、長きに渡る利上げへの地均しによって、
ドル高に対しても悲鳴を上げずに踏ん張りを見せることでリスクONとなり
我が国(日本株)は円安と共に足元の良好な国内の需給環境とも相まって、
巻き戻しが主導する株高になると見ておりますが・・・

本日の日本株はほぼ安値引けとなって直近安値も割っており、
旺盛な空売りも継続しており(空売り比率は過去三番目の44.8%)
市場に漂う観測についても、下向きの見方と動きなしと言う見方が多いので、
私の見方はかなり少数派ではありますけどね。

そもそも利上げに前向きな米債券安・ドル高となれば、
ドル高が重石となる面々が悲鳴を上げることでリスクオフとなり、
リスク回避での円高によって日本株も悲鳴を上げるとの見方であったり、
利上げに後ろ向きな米債券高・ドル安となれば、
米経済は利上げも出来ない程に弱いという見方にもなりますし、
そうならずにドル安バンザイとなっても、我が国には単純に円高圧力となり、
依然として続く我が国の債券安によって、金利差による円高圧力も加わります

とにかくリスクオフであったり、欧州銀行にトドメが刺されたり、
ドーピングで症状が見えないリスクが噴き出して突然死する等、
何ちゃらショックにならないに越したことはないのですが、
利上げに前向き・後ろ向き、どちらの結果になろうとも、
本日のイエレンおばちゃま講演をきっかけに、
足元で続いている夏枯れの膠着相場に終止符が打たれなければ、
下手をすれば次回の黒銀会合とFOMCが重なる9月20-21日まで、
夏枯れ膠着相場が続くことになりますので、
今夜は無風で通過することだけはカンベン願いたいものです。
(無風で通過することを望んでいる方もいるでしょうけど・・・)

一応、20-21日までにも米雇用統計、G20首脳会議、
ドラギナイト(ECB理事会)、MSQ、カニカニカーニバル(英中銀会合)
米MSQといったそれなりに大きなイベントもありますが、
黒銀会合とFOMCまでの繋ぎで終わりそうですからね・・・

ちなみに今回のジャクソンホール会合では、
我らがブラックマン(黒田日銀総裁)も日本時間28日午前1時25分から
パネルディスカッションに登壇します。

kro.png


従ってイエレンおばちゃまが無風で終わったとしても、
ブラックマンが動くきっかけになる可能性も・・・あります。
討論内容にはマイナス金利等の金融緩和政策が主要議題ですから、
出席者から非難轟轟・全否定となり、
ブラックマン自らもマイナス金利の撤廃をチラつかせるようだと、
笑うしかない円高(債券安)を招くことにはなりますけど・・・(笑)

まぁ本日は週末であり、もはやジャクソンホールの結果を待つのみですから、
今さらつべこべ言っても仕方ないので、これにて失礼します。

良い週末をお過ごし下さい。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。





スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.