不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
アホになるのもひとまず・・・
こんばんはです。

水泳の萩野に続き、昨夜は男子体操の団体と柔道の大野が見事な金メダル!

それにしても大野は圧巻でした・・・
ロシア・東欧系のゴリラを相手にも姿勢が崩れることなく、
まさに王者の風格で涼しい顔で真っ向から組み合い、
逆に力でねじ伏せる凄さには驚くばかり・・・
そもそも抜群に切れる技と思い切りの良さという強心臓を兼ね備えていたので
そこにフィジカルとパワーという土台までが完成すると、もはや敵なし・・
そしてフィジカルで負けないからこそ技も生きるということです。

そういう意味では水泳も体操も日本ならではの研究心からの技術もありますが
身体一つで勝負する究極的なフィジカルありきの競技ですから、
(重量挙げやレスリング、究極は陸上ですけどね)
柔道以上に凄いなとは思わされることが多いです。
まぁ柔道やレスリングは組技というフルコンタクト競技なので、
比べるのには少々無理もありますけど、フィジカルという点では同じです。

日本人は骨格と言う点ではハンデがあるのは事実ですが、
筋力を含むフィジカルで勝てないというのは、
ありきたりの言い訳に過ぎないということです。

そして競技をそれなりにやったことのある人間ならばわかることですが
フィジカルなくして技や戦術は通用しないことがほとんどだということです。
球技であろうが道具を使う競技であろうともね。

さて、そんな相変わらずのフィジカル原理主義な偏った考えはともかく、
我らが黒ダヌキ銀行(日銀)は、先々週末に金タマ政策決定会合を開催し、
年間のETF買入額を6兆円に倍増という追加ドーピングを決め、
一日に707億円を爆買いするという荒業を4日に披露したことで、
まさにパワーが凌駕する状態ではあるのですが、
日々の鍛錬で鍛え上げられたパワーではなく、ドーピングによるものなので
難しいことは考えず、アホになれと言わんばかりの相場と化しております。

海の向こうではサマーバケーションとリオオリンピック、
我が国では盆休みという夏枯れ相場に近い状態であり
ついでに猛暑にも見舞われて身体だけでなく、脳みそも溶けそうですから、
あれこれと講釈を垂れずに、ハシゴを外されたらさっさとトンズラする・・
という姿勢と覚悟さえ持っていれば、アホになればいいとは思いますが・・

一応、不健全なドーピングに汚染された市場はともかく、
国内のマクロ環境としても、7月の小売の月次は堅調であり、
8月も猛暑が続いている上に今年は残暑も続くそうであり、
昨日発表された景気ウォッチャー調査についても、
相変わらずの50割れながら、前月から大きく改善しており、
先週末に発表された毎月勤労統計も改善していたので、
少なくとも夏が終わるまでは消費の堅調ぶりは続きそうであります。
(ポケモンGO効果も続くかも知れないですしね)

国内のミクロ面である企業業績についても決して褒められませんが、
EPSが大して低下しているわけでもないので、
数値的にはバリュー面での旨味が剥げ落ちてはいません。

国内の需給面についても、裁定買い残、信用買い残、空売り比率、
シカゴ投機筋の為替ポジ等から見ても良好と言わざるを得ないです。

そして海の向こうについても、米経済が堅調だと言う観測によって、
利上げ観測も高まっていることで、米債券安・ドル高が主導する形で、
市場の動きとしてはリスクオンとなっております。
イマイチ反応の鈍かった欧州金融機関株と原油についても、
昨夜は反発の動きとなっております。
(9月にOPECの緊急会合を開催するとの報道も・・・ほんまかいなw)

あくまで足元の動きに過ぎないので、
水準そのものはリスクオフ水準から脱したとは言えず、
先週に金融緩和を発表したばかりの英国の債券とポンドはともかくとして、
欧州金融機関株、ユーロ圏債券、金、原油は、まだ危うい水準ですから、
今後もリスクオフの「動き」が継続して、危うい水準から脱するというか、
まずはBrexit前の水準まで戻ればいいのですが・・・
(銀行間金利も不気味に上昇中です。利上げ観測の影響もありますけどね)

我が国については、違和感アリアリなのが株価だと言ってしまえば、
それまでなのですが、先にも述べた通り、黒いドーピング効果があるので、
株価の違和感はひとまずアホになって置いとくとして、
リアルに違和感があるのは、黒銀がゴリゴリに買っているにもかかわらず、
先々週の黒銀会合以降、世界で最も売られた債券でおます。

黒銀会合の声明文のせいで、次回の会合でマイナス金利が撤廃される?
との観測を招いているので、仕方のない債券安ではあるのですが、
かと言って、黒銀の債券&ETF買い等を止めるわけでもないので、
我が国としては健全な債券安・株買いという動きを望んでいるのではなく、
債券高によって通貨安を招き、株高も招くことが、
デフレ脱却を目指す為の必須の構えですから、
現状の債券安というのは、黒銀の金融政策の意に反するので、
さすがにBrexit騒動後の水準にまで戻せとは言いませんが、
Brexit騒動前の水準までには戻さないと違和感どころか、
円高も招くことになりますからね・・・
米債券安・ドル高という利上げ観測の動きが今後も進行し、
金利差だけでも戻してくれるならばいのですが・・・

てな感じで、我が国の債券には違和感アリアリ状態でしたが、
ついに本日は、水準としてはBrexit騒動前の水準すらも及びませんが
やっとこさ反発する動きにはなっていたので、
昨日よりもアホになるには好環境だったと言えます。

以上の通り、現状としては脳みそも溶かしながら、
耳から頭にセミでも入れて雑音も聞かず、アホになるべきなのでしょうけど
NT倍率や未だ続く円高水準による為替と乖離した株価の動きであったりと
黒いドーピングによる異常な症状も現れていたりもする上に、
何より昨日も含め繰り返し書いている通り、週末の12日は・・・、
国内の需給面での節目としてはSQと2月安値期日が重なっており、
国内外共には12-15日に45日前ルールの該当日でもあり、
ミクロ面では国内企業決算一巡という節目、
マクロ面では海の向こうで中国経済統計、ユーロ圏各国GDP、米小売売上高
という重要イベントがあり、15日には国内で4-6月期GDPを控えており
12-15日は需給面、マクロ面、ミクロ面での節目が重なっております。

しかもその前の明後日11日が山の日で休場というのもありますので、
アホになるのは今日までに留め、明日は冷静になるのが無難でおます。

いやいや12日までアホになってもいいのでは?というのもありですが、
OPECの緊急会合観測もある中で明晩はOPEC月報、米週間原油在庫
明後日11日の晩にはIEA石油市場月報と原油イベントが続き、
米10年債入札(明晩)、米30年債入札(明後日)と米債イベントもあり
どれもポジティブな結果にはなりそうではありますが、
我が国が休場中のイベントとしては、要注意ではありますから、
明日でアホになるのは一旦終了とするのが無難ではないかと・・・

ということで、明日のスタンスとしては、
12日のヤマ場を前に明後日が休場ということもあり、改めて書きますと・・

持ち越し短期勝負の方については、以上の休場中のリスクを覚悟するならば
12日まではアホになって勝負するのもアリですが、
先にも述べた通りなので、明日はアホになるのを止めて、
その日限りの勝負に留めるのが無難でおます

腰を据えて新たに参戦する方については、
今週のヤマ場である12日以降もしくは25-27日のジャクソンホール以降
もしリスクオフとなった場合は、潔く撤退するという覚悟だけは持って、
アホになれとは言いませんが、好きなタイミングで参戦すればいいでしょう。
数年単位で勝負する方も、中小型割安狙いの方も同様です。

くれぐれも欧州金融株、ユーロ圏債券、原油、金、
といった海の向こうの不穏な面々、我が国の債券、円、
これらがリスクオンの動きなのかどうかを横睨みしながら動いて下さい。
(できれば不気味に上昇している銀行間金利も見ておきましょう)

新興市場については、黒いドーピングによって主力大型株へ目が向いており、
ポケモン祭が一服しようとも、残念ながら現状では資金流入は見られず、
再び資金がトンズラしており、本日は反発したものの激薄商いですから、
まずはシンプルに商いの伴った上昇が継続するまでは、
自身で動きを把握している銘柄以外は、リスキーな勝負は避けた方がいいです
12日は主力大型株にとってのヤマ場を控える中で、
明日はそーせいを始め新興の主力どころの決算もありますので、
それをきっかけに資金が戻ってくればいいのですが・・・という感じです。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

どろめ | URL | 2016-08-09-Tue 21:54 [編集]
度々失礼致します。
下げ渋ってた任天堂が遂に噴き上がりましたね。
チャートを見た感じ、割高も無視してひょっとしてもう一相場ありそうでしょうか?
どろめさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-09-Tue 23:54 [編集]
> 度々失礼致します。
> 下げ渋ってた任天堂が遂に噴き上がりましたね。
> チャートを見た感じ、割高も無視してひょっとしてもう一相場ありそうでしょうか?

あまり個別についてはお答えしかねるのですが
今日は商いも伴いながらなので、明日も続くようであれば、
12日のヤマ場で主力も調整するようだと追い風になるかもしれないですね。

やまねこかい | URL | 2016-08-10-Wed 00:04 [編集]
お久しぶりです。

日銀ETF倍増決定から、非常にやり難くなった感じがしています。
妙に買い意欲が強すぎるというか、流動性がドンドン枯れて行く中、
先物、オプションを使って兎に角吊り上げようと言う動きが酷く感じます。

個別の銘柄を見ても、とにかく指数で買い上げる動きが強いので、
業績が更に悪化していくリスクがあろうと、保有するファンドや個人が少なく、
空売り比率が高い銘柄のショートスクイーズの動きが強く感じます(例えば地銀とか)。
しかもそこに人造イナゴ(アルゴリズム)が加わるので、更に極端な動きが多いですよね。

円高、債券が急落、ファンダメンタルズも大して良くはない中、
株だけが異常に強すぎる感じがします。

2012年~2014年末のように腰を据えた海外勢が入ってこないと、
日銀を出しに単に遊ばれて、金を根こそぎ持っていかれ、
誰もプレイヤーがいなくなりそうな恐ろしい感じがします。
歪みが溜まり過ぎているので、どこかでドカンと調整して、
また変に買い支えが入るので、行って来いを繰り返し、流動性が低下、
またドカンの繰り返しになると困りますね。

個人的には、アベクロコンビにはいい加減、一度敗戦を認めて、
腰の据えた戦略に立て直して欲しいです。
(株価が堅調な間は、ライフワークの憲法改正に注力しちゃうんでしょうが。。。)。

長文の愚痴になってすみません^^;;

やまねこかい | URL | 2016-08-10-Wed 00:08 [編集]
度々すみません。
番長さん独自のオリンピック有力銘柄リスト、良いですね!

スポーツ好きではないと有力選手は分からないので、
ほぉーとリストと照らし合わせながら、オリンピックを観戦してます。
やまねこかいさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-10-Wed 00:42 [編集]
> お久しぶりです。

お久しぶりです。

> 日銀ETF倍増決定から、非常にやり難くなった感じがしています。
> 妙に買い意欲が強すぎるというか、流動性がドンドン枯れて行く中、
> 先物、オプションを使って兎に角吊り上げようと言う動きが酷く感じます。

ほんとにやりにくくなりましたね。

> 個別の銘柄を見ても、とにかく指数で買い上げる動きが強いので、
> 業績が更に悪化していくリスクがあろうと、保有するファンドや個人が少なく、
> 空売り比率が高い銘柄のショートスクイーズの動きが強く感じます(例えば地銀とか)。
> しかもそこに人造イナゴ(アルゴリズム)が加わるので、更に極端な動きが多いですよね。
>
> 円高、債券が急落、ファンダメンタルズも大して良くはない中、
> 株だけが異常に強すぎる感じがします。

> 2012年~2014年末のように腰を据えた海外勢が入ってこないと、
> 日銀を出しに単に遊ばれて、金を根こそぎ持っていかれ、
> 誰もプレイヤーがいなくなりそうな恐ろしい感じがします。
> 歪みが溜まり過ぎているので、どこかでドカンと調整して、
> また変に買い支えが入るので、行って来いを繰り返し、流動性が低下、
> またドカンの繰り返しになると困りますね。

そもそもの金融緩和ですらしっぺ返しはあったでしょうけど、
今回の追加策でしっぺ返しが来る時期が早まったのは間違いないでしょうね。
まぁでもその辺を覚悟・理解した上で割り切るしかないのでしょうね

> 個人的には、アベクロコンビにはいい加減、一度敗戦を認めて、
> 腰の据えた戦略に立て直して欲しいです。

これでダメだとデフレ脱却ってどうやったらできるんでしょうかねw
理論上は他にも策はあるのでしょうけど、
政治を含めた実行できるのかどうかという現実を考えると、
デフレって不治の病なのかと思ってしまいます・・・
何かあるならばぜひとも立て直して欲しいものです。

> (株価が堅調な間は、ライフワークの憲法改正に注力しちゃうんでしょうが。。。)。

いっそのこと、それもよしかもしれないですねw

> 長文の愚痴になってすみません^^;;

いえいえ。
やまねこかいさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-10-Wed 00:43 [編集]
> 度々すみません。
> 番長さん独自のオリンピック有力銘柄リスト、良いですね!

ありがとうございますw

> スポーツ好きではないと有力選手は分からないので、
> ほぉーとリストと照らし合わせながら、オリンピックを観戦してます。

これで銘柄も連動してくれるといいのですがw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.