不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
黒ナガスクジラ・・・
こんばんはです。

注目していたマクドの月次ですが、明日やなくて本日発表されており、
大変失礼ぶっこきました・・・

そんなマクドの7月月次売上高(前年比)ですが、
既存店126.6% 客数109.8%、客単価115.3%
全店122.2%でおます。

ポケモンGOの配信開始が7月22日からということを考えると、
報道等でのポケモンGO効果だと評価するべきなのでしょうか・・・
私としては1-6月に比べると顕著な伸びとも言えず、
客数の伸びを見ても、ポケモンGOでの集客効果ってこれだけ?
とも思ったりするのですが・・・
まぁ売上が伸びているのならば、マクド自体にとっては良いことですし、
前年は1-6月よりも7月が回復していたので、
今回の7月分は発射台が高かったからこそという見方も出来ます。
そしてポケモンGOブームが一過性のものなのかどうかは、
8月分を見ないとわからないですから、
実際にゲームをやっていない私の感覚なんかよりも、
市場は今回の月次を評価するかも知れませんけどね。

何より政策発表と内閣改造を終えたにも関わらず、
アベノミクス・シーズン2が始まったとは言い難い状況なだけに、
せめてポケノミクスには期待・・・というか頑張って頂きたいのでね。

そんな内需の話に対して、外需の親玉でもあるトヨタの決算も本日発表され
想定為替レートを1ドル102円、1ユーロ115円に引き下げ、
通期予想を小幅に下方修正しております。
1Q決算についても5年ぶりの減収減益となり、決して良いとは言い難く、
前回の決算で章男ちゃんが神妙な顔で、「潮目が変わった」
と言っていた通りなのかなとも思うのですが、
市場予想をはじめ、これ以上の業績の下振れは限定的という見方もあり、
これまた評価の難しいところではあります。

だからこそ、日本経済の実態が内需大国であり、
輸出依存度も低かろうとも、株式市場では外需大国という現実があるので、
少なくともこれ以上の円高を避けないことには、
外需(業績)が日本株のバリュー面で足を引っ張ることになるのですが・・

本日はホエールウォッチングでのクジラの潮吹き観測通り、
黒ナガスクジラ(日銀)はETFをこれまでの2倍となる707億円・・・
さらにGPIFクジラの買いまでがあるとなると、
クジラ達が買い続ける限り、長い目では需給が締め上げられるだけでなく、
本日の日本株の動きを見ればわかる通り、一日という単位で見ても、
実際の効果はともかくとしても、市場にクジラへの「思惑」が続く限り、
インパクトはかなり大きくなりますので、
円高も業績もへったくれもなく、日本株を支えることにはなります・・・
(時間と共に思惑効果が薄れてくれば、捕鯨船に捕獲される・・・というか、
 外国のシャチに食い荒らされる可能性もありますが・・・)

だからなのか、黒ナガスクジラは、
円高要因にもなる債券安を招くことになろうとも関係なく、
マイナス金利の撤廃観測が高まるような文言を声明文に残したのか・・・
と穿った見方もしたくなります・・・

とにかく黒ナガスクジラに対する穿った見方通りだったとしても、
本日も債券安は継続していることは事実であり、
現状の金融政策にはそぐわないキナ臭い債券安(金利上昇)であり、
それによって業績への重石となる円高を招いている状況なので、
債券安・円高が収まるか、それに耐え得るだけの業績回復を見せるか、
まさかの安倍ちゃんの政策に対する再評価となるか、
そして海の向こうも落ち着かないことには、
クジラ達による需給の締め上げによって下値が堅くなり続けようとも、
上値を追うほどの展開にはならないと見ております。

ちなみに海の向こうについては、昨夜は米英欧が債券高となり、
日本から始まったキナ臭い債券安が一服したようにも見えますが、
元の水準には程遠く、キナ臭さが消えたとは言えない状況です。

為替についても米利上げ観測のようなドル高にはなっておりますが、
FOMC前の水準には程遠く、
ポンドについてもBrexit以降のポンド安水準は継続しております。

原油についても反発したものの、まだ昨夜だけという程度であり、
金についても反落したものの、これまた昨夜だけという程度であり、
リスクの主役の一つでもある欧州金融株についても、
昨夜は一部で反発も見られましたが、懲りない(危うい)面々は
昨夜も売られており、債券と同様、キナ臭さが漂っております。

そんな中、本日はこれらのリスクを加速させるきっかけとなった英国が、
金融政策委員会を開催し、Brexit直後に予告した通り、
利下げを含む金融緩和に動くのかが注目です。
以上にも書いた通り、金融緩和を見込んだようなポンド安は続いており、
英国債も日本発の債券安祭りでやや売られたものの、
Brexit以降の債券高水準は維持しているので、
今夜に予告通り金融緩和に動こうとも、動くなくとも、
英債券安・ポンド高となる可能性は高そうですが・・・。

もし、さらなる英債券高・ポンド安が加速することになると、
金融緩和真っ只中のユーロ圏と我が国にとっては、
得体の知れないキナ臭い債券安騒動は収まるかもしれませんが、
通貨高という定番の重石を食らう可能性が高いだけに厄介です。

そして明日には本来の主役であり、
金融市場の総本山であるFRBの利上げのサジ加減を占う雇用統計が発表され
米債とドルが大きく動く可能性が高く、結果として総本山ですから、
原油と金だけでなく日欧英、新興国にも影響を及ぼすことになります。
(明日の国内では決算の2発目ピークもあります。ジブリもw)

とにかく今夜の英金融政策委員会と明日の雇用統計のどちらでもいいので、
海の向こうはキナ臭い債券安(特にユーロ圏)、ポンド安、ドル安、
欧州金融機関株安、原油安(金高)、我が国は債券安・円高、
これらの基調が変わる・・とまでは言わなくとも、
落ち着くきっかけとなればいいのですが・・・

それでもダメならば繰り返し書いている通り、
SQ、6月安値の裏、45日前ルールという需給の節目、
国内企業決算の一巡という業績面での節目、これらが重なる来週末(12日)
もしく総本山FRBの女番長イエレンおばさんの檜舞台でもある
25-27日のジャクソンホールまでは厳しいと言わざるを得ないです。

ということで、明日のスタンスとしては、特に変更はないですが、
明日は週末なので改めて書きますと・・・

持ち越し短期勝負の方については、以上のような小難しい背景もありますが
シンプルに債券安・円高が収まらない限り、黒ナガスクジラが潮を吹こうとも
その日限りの勝負に留めておくのが無難です。
ただし海の向こう次第では、債券安・円安・株高となる可能性もありますが
その場合は米債券安と共に商いが伴わない限り、
アテにならないものだと割り切って見ておきましょう。

腰を据えて勝負する方については、
新たに参戦する判断の目安としては短期勝負の方と同様ですが、
数年単位で勝負する方については、銘柄にもよりますが、
仕込み時であることに変わりはないので御自由にどうぞ。
中小型・割安狙いの方も同様です。

すでに腰を据えて参戦済の方については、
これまでの記事で書いたキナ臭いシナリオの可能性もありますが、
単純に商いの伴ったゴリゴリのリスクオフとなれば、
数年単位勝負の方以外は、撤退を視野に入れた方がいいでしょう。

新興市場については、一昨日までは主力大型からの資金シフト、
任天堂軍団からの資金シフトが見られ、徐々に商いも伴いつつありましたが、
昨日は商いを伴っての下落に転じ、(そーせいの商いが半分であろうと)
本日は商いはさほど伴わなかったものの続落となっており、
再び資金抜け抜けモードになった可能性も高いので、
シンプルに商いの伴った上昇が継続するまでは、
動きを把握している監視銘柄以外は、リスキーな勝負を避けた方が無難です。
マクドの月次を評価するポケモン祭が再燃すると、
これまた資金は抜けることになりますからね・・・

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。


スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

どろめ | URL | 2016-08-04-Thu 21:24 [編集]
こんばんは、一点教えて下さい。
イナゴが去ったと言われる任天堂ですが、下げ止ったかのようなヨコヨコの動きの中で、買い残だけが増えて賃借が悪化し続けてます。
一見矛盾してるように見えるのですが、これは通常何が起きていると捉えるべきなんでしょうか?
信用買いが新規で増えてるのと同じぐらい現物を投げてる人が存在するということでしょうか?
どろめさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-04-Thu 23:51 [編集]
> こんばんは、一点教えて下さい。

こんばんは。

> イナゴが去ったと言われる任天堂ですが、下げ止ったかのようなヨコヨコの動きの中で、買い残だけが増えて賃借が悪化し続けてます。
> 一見矛盾してるように見えるのですが、これは通常何が起きていると捉えるべきなんでしょうか?
> 信用買いが新規で増えてるのと同じぐらい現物を投げてる人が存在するということでしょうか?

わたしもかつての任天堂祭ほど見てないので(日々の動きを)、
安易に需給環境のことについては何とも言えませんが、
単純にこれでひと相場終わったと思ってない人が多いのではと・・・
さすがにガンホーやミクシィとは規模が違うので同じ様にはならないでしょうけど
息の長い人気と波及効果があるならば、まだまだ期待はできそうですからね。

どろめ | URL | 2016-08-05-Fri 00:25 [編集]
ありがとうございます。
やはり単純にもう一噴きを期待して参戦してるんでしょうかね。
打診買いするにしても2万超えの現状じゃ高すぎやしないかと感じてますけどね。
どろめさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-05-Fri 00:37 [編集]
> ありがとうございます。
> やはり単純にもう一噴きを期待して参戦してるんでしょうかね。

最近の中では飛び抜けて話題が大きかったですからね。

> 打診買いするにしても2万超えの現状じゃ高すぎやしないかと感じてますけどね。

同じくです。
マクドの月次を見ても、波及効果という意味では
やや疑問も感じますので・・・

どろめ | URL | 2016-08-07-Sun 23:10 [編集]
やはり順当にそう思われますか。
任天堂の場合、雇用統計が下手に良かったことが今の状況だと裏目に出かねないですね。
どろめさんへ
マーケット番長 | URL | 2016-08-07-Sun 23:50 [編集]
> やはり順当にそう思われますか。
> 任天堂の場合、雇用統計が下手に良かったことが今の状況だと裏目に出かねないですね。

任天堂はリスクオフ風味の方が追い風でしょうね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.