不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
ブラックマン(黒田)・デーにもブラックスワンにも・・・
こんばんはです。

狂乱のジュリアナ東証なのかドキドキワクワクの東証ディズニーランドなのか
とにかく色んな意味で楽しい一日ではありました・・・

御存知の通り、本日は黒ダヌキとゆかいな仲間たち会合があり、
昼前後の金タマ政策の発表前にもかかわらず、
ドル円は102円台まで急伸・・・TOPIX先物にはCBが発動・・・
JGBも原因は知りませんが取引が停止されたり・・・

kurochan2.png

さすがに黒ダヌキも明日が土用の丑の日だから株価の鰻登りを願いながら、
と呑気に鰻を食っているどころではない狂乱の動きを繰り広げることに・・


kurokuro1.png

それでも金タマ政策を発表しないわけにもいかないので、
狂乱の市場を横目で見ながら、満を持してモンスターボールならぬ
追加のゴールデンボール(金タマ政策)を市場へ投げ込んだクロモン・・・

金タマが期待されたヘリマネでもなく、マイナス金利の深堀りでもなく、
「ブラックすまん」なETF買入れ枠の倍増だけだっからなのか、
(個人的にはなかなかのETF買いやと呆れてますけどね)
単なる大人たちの悪乗り(振り回し)だったのか、
発表後も乱高下は続いたものの、終値は日経平均は92円高、
TOPIXは15.7ポイント高で引けており、
結果的にはブラックマン(黒田)・デーにもならず、
ブラック・スワンが登場することにもならず、
売買代金も約3.3兆円という大商いとなりましたので、
もしかして日本買い?という見方も出来なくはないですが・・・

個人的には黒い金タマ政策は据え置きとなり、
日本株は売られると見ていたからこそ、そう感じただけなのか・・・

まぁ私の勝手な感覚は置いといて、素直に見れば・・・
本日は月末でもあり日経のリバランスもありましたので、
商いを伴った日本買いとまでは言い切れず、
まずは月末明け&週明けも継続するのか・・・
つまり「継続は力なり」とならないことには安心はできないですし、
何より債券は強烈に売られたままであり(金利はマイナス圏ながら急騰)、
急伸した円も高止まりしております・・・

米英欧債券も釣られて売られてはいるものの(金利が上昇)、
我が国に比べると軽微であり、単純に金利差縮小となっているわけですから、
しかも米国は一昨日のFOMCで利上げ姿勢を強めることもなく、
FOMC以降は米債券高・ドル安の動きとなっており、
英中銀は来週の金融政策委員会にて金融緩和を予告通りに行う可能性が高く
英債券高・ポンド安圧力が続く可能性があり、
金融機関が悲鳴を挙げているECBも追加金融緩和をチラつかせており、
以上のような米英欧日の金融政策スタンスが変わらず、
金利差縮小状態も変わらなければ、円高の継続・進行圧力が続くので、
海の向こうもひっくるめて株高となり、
金融市場がリスクオンになることでの円安に期待するしかないと言えます。

だからこそ本日発表された黒ダヌキの追加金タマ政策としては、
我が国の債券安(金利上昇)によって金利差縮小を招くことになろうとも
ETFの購入枠の倍増(6兆円)によって株価を下支えするとともに、
ドル資金供給の拡大によって、欧州金融機関等の流動性危機を抑えることで
リスクオンへと誘導し、リスク回避で買われていた円が売られる・・・
という動きになることを狙っているのかとも言えますが・・・
黒ダヌキが狙っているのかどうかはともかくとしても、
こういう動きによって円安となる可能性はあるということです。

そして来週2日には金融政策との両輪の一角であり、
肝心の安倍ちゃんの大規模?な財政政策が閣議決定され、
それの実行力と実現性の裏付けとなる内閣改造も3日に行われるので、
本日の黒い金タマ政策とのセットが政治の安定と共に好感され、
日本買いとなれば、結果的にリスクオンによる円安となり、
良好な需給環境も相まっての円売り・先物買いも加速することで、
好調とは言えない足元で発表されている企業決算に対する懸念も和らぎます

以上はあくまで国内目線での都合の良いポジティブシナリオですから、
金利差にも関わる米英欧債券、Brexitの当事国であるポンド、
欧州金融機関、世界のカネの流れと水位を決める米利上げと米債とドル
ドルと共に世界のリスクON/OFFスイッチの一つであり、
マネーの潤滑油でもある原油、安全資産の金など・・・
株以外のこれらの動きはまだリスクオンの動きにはなっておらず、
Brexit騒動以降のリスクオフの基調は継続しており、
中国も迷惑を顧みない人民元安と共に利下げせざるを得ない環境とも言われ、
今さらながら理財商品への鬼の規制を巡る不穏な空気も続いているので、
国内目線だけでのポジティブシナリオになるとも言えないです・・・。

しかも今夜は利上げのさじ加減にも影響する米GDP(堅調そうですが)、
明朝には欧州のストレステスト結果が発表されるので、
まずはこれらを無事に乗り越えてこそ・・・
国内目線でのポジティブシナリオになることも期待できるということです。

 (英中銀が来週に金融緩和を先送りしただけに(ECBも見送った)
  ストレステストで何か出てくるからなの?という気もしなくもないです)

まぁアベノミクス・シーズン1のように、
国内が問答無用のリスクオンとなれば、
海の向こうの多少のリスクにも目を瞑ってもいいのですが、
今日の動きを見る限りでは、
残念ながらアベノミクス・シーズン2の幕開けとまでは言えないので、
今夜を含めて海の向こうから水を差されることなく、
来週の安倍ちゃんマンの政策発表を機に幕が開くことを願うばかりです。
幕が開かなければ、先日も書いた良からぬシナリオも覚悟する必要が・・・

とりあえず本日は週末なので、これにて失礼します。

今夜の海の向こうの動きも見た上で、来週の見通しについては改めて書きます

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが記事が参考になりましたら、
下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングアップが励みになりますのでよろしくお願い致します。




スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 不沈艦日記. all rights reserved.